【2020年】Shufti(シュフティ)の評判って実際どうなの?手数料や口コミを徹底調査

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

⏳読み終える目安: 14 分

後輩くん
後輩くん

シェフティってあまり名前を聞かないサービスですけど、どんなサービスなんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

クラウドソーシング、在宅ワーク系の案件を提供しているサービスだよ。いわゆるマッチングサービスだよね。

後輩くん
後輩くん

有名どころに比べて知名度が低いような気がするんですけど、大丈夫なんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

この手のサービスを知名度で判断するのは少々危険な面があるんだ。確かに有名どころに比べるとこのシェフティは地味な印象があるけど、それはこのサービスの路線が少々地味な面があるからなんだな。でも決して不安になるようなサービスじゃないよ。

後輩くん
後輩くん

地味な面というと、どんな感じなんです?

この記事でわかること

・Shufti(シュフティ)について

・Shufti(シュフティ)に向いている人

・Shufti(シュフティ)のメリット・デメリット

Shufti(シュフティ)の基本情報

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

Shufti(シュフティ)はネット上において仕事をしたい人と人材を求めている人(企業)とを結びつけるサービスです。

簡単に言えば案件が掲載され、それに応募した人との間で合意が成立すると業務が行われる仕組みです。

ですからシステムそのものは決して珍しいものではなく、よくあるマッチングサービス、クラウドソーシングサービスのひとつとなります。

特徴として手軽にできる仕事をメインに扱っている点で、クラウドソーシングというよりも「在宅ワーク」という言葉が似合う案件が多く掲載されています。

この「Shufti」というサービス名も「主婦の副業として適した仕事を掲載している」といった意味が込められていると思われます。

また、サービスを運営している株式会社うるるという会社は2017年に東証マズーズに上場しており、世間的な信頼感や信用も高く、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

しかもShuftiのサービスが開始されたのが2007年、すでに10年以上の実績を持つこの分野ではかなり老舗の部類に入ります。

クラウドソーシングという働き方について

このShufti(シュフティ)のようなクラウドソーシングサービスが続々と登場している理由にはクラウドソーシングの普及・発展という時代背景があります。

ビジネスの専門家・多様化が進むことによってひとつの仕事・プロジェクトをひとつの企業がまるごと担うことが困難になり、複数の企業・人材が集まり、それぞれが専門的な分野を担当することで全体を進めていくことが求められています。

さらにこうした環境がビジネスの広い・深い範囲にまで進んでいるのが現状です。

かつては大企業におる大規模なプロジェクトにおいてこうした複数の企業・人材が協力しあう環境が求められ、アウトソーシング(外注)が進んでいたのですが、今や中小規模、さらには個人事業主でさえこうした環境が求められるようになっているのです。

例えば中小企業にもWEBマーケティングが求められるようになっていますが、それができる人材を企業が確保するのは困難です。

そうした時にクラウドソーシングが活躍します。

大企業が企業に外注するのではなく、事業の規模を問わず個人に外注する場合、いかにしてスムーズに必要なスキル・知識を備えた人材を調達できるかが鍵になってきます。

そんな環境を提供するべく事業者と人材の橋渡しをするのがクラウドソーシングなのです。

ですからクラウドソーシングの場合、個人レベルで仕事を獲得し、さまざまな取引先と仕事をする環境を手に入れることができます。

フリーランスとして手広く仕事をして実績と評判を積み重ねていくもよし、アルバイト・副業の手段として自分の都合に合わせて仕事を獲得していくもよし、いろいろな目的・環境で働ける、そんな可能性を秘めているのです。

Shuftiではとくに在宅でできるアルバイト・副業の面に焦点を当てたサービスを提供しています。

子育てや家事に忙しい主婦の人でも空いている時間、都合の良い時に仕事ができるような案件を数多く用意しているのです。

Shufti(シュフティ)にはどんな仕事や案件があるの?

Shufti(シュフティ)の特徴としては未経験でもやりやすい、とくに専門的なスキル・知識がなくてもできるような仕事・案件が多く用意されている点が挙げられます。

これまで専業主婦でやってきた人、ビジネス関連の資格やスキルを持っていない人でもすぐに仕事をして収入を得られるような案件です。

具体的には在宅ワークでおなじみの事務関連の案件。

データ入力を筆頭にアンケート・モニターの仕事、ウェブサイトのチェック、商品登録など。

手間は少々かかりますが誰でもできる簡単な仕事がたくさんあります。

それからこれも在宅ワークに多いライティング関連の案件。

これがもっとも魅力的かもしれません。

特定のテーマやキーワードに基づく記事作成からブロク記事の執筆、体験談やレポート、さらにキャッチコピーやネーミングなどの案件もあります。

コツコツと続けられて、しかもそれなりの収入も得ることができます。

もちろん簡単にできる仕事だけでなく、専門的なスキルや知識が必要な案件も多数あります。

とくに近年在宅ワークの案件として増えているのが翻訳関連です。

英語はもちろん、韓国語、中国語など外国語の翻訳の案件もShuftiで見つけることができます。

語学に自信がある方ならとくに高単価でコンスタントに稼げる仕事になるでしょう。

クラウドソーシング系のサービスなら必ず取り扱われているWEB・IT関連の案件ももちろんあります。

WEBのシステム開発、マーケティング、デザイン、コーディング、さらにアプリ開発まで。

当然専門的なスキルが必要になりますが、仕事の量も多く、在宅でできる仕事も多いので経験者が家庭と両立する手段として魅力的な選択肢となるでしょう。

さらに在宅ワーク以外の案件、人気の高い覆面調査や座談会、インタビューの案件などもあります。

この手の案件はとくに女性、主婦層をメインにしたものが多く、収入の手段としてはもちろん、一度はやってみたい、という人にもよいかもしれません。

ただ人気のある案件は応募が殺到するので少々狭き門になってしまうのは避けられないでしょう。

このようにShuftiで扱われている仕事や案件は、家庭の事情で仕事を辞めざるを得なかった人がキャリアを継続させる意味でも、重要な意味を持ってきます。

せっかく学校や職場で専門的なスキルを身に着けて、資格を取得してキャリアを積んできたにも関わらず、家庭と仕事の両立が難しく眠ったままにしてしまっている人も多いはず。

そんな人もShuftiを利用することで自分の都合のいい形でそのスキル・キャリアを活かせる仕事を続けることで錆びつかせることなく現役としてキャリアを継続させる機会を得られるのです。

これは収入を得るのと同じくらい大きな意味を持っていると言えますし、Shuftiが単なる「簡単な仕事を見つけられるサービス」だけに留まらない魅力を備えている証拠とも言えます。

なお、案件に関しては「タスク形式」と「プロジェクト形式」の2種類が用意されています。

タスク形式とは一般的な在宅ワーク系の案件、つまりあらかじめの仕事の内容・分量・報酬額が決められたうえでそれを担当する仕事です。

それに対してプロジェクト形式とは仕事の募集案件に対して応募者の側が見積もりを提出し、双方の希望が一致した段階で契約が成立する仕組みです。

ですから自分が希望する条件で受注できるチャンスがある一方、他の応募者よりも高い見積もりの場合は採用されない、またはあまり高い見積もりを出すと求められるスキル・知識のレベルも高くなる面もあります。

そのため専門的なスキル・知識や豊富なキャリアを持っている人向けの形式と言えるでしょう。

案件を探す前にはジャンルはもちろん、この2種類の形式のうちどちらを選ぶかも考慮したうえでチェックしていくことになるわけです。

Shufti(シュフティ)の手数料について

クラウドソーシングサービスにおいてもっとも気になるのが手数料。

せっかく仕事をして報酬を得たのに手数料をたくさん持っていかれてしまうのではやる気も失われてしまうもの。

また仕事を探すときにも手数料を引かれた後に実際に受け取れる金額を意識した報酬額をチェックする必要があります。

その点Shufti(シュフティ)は手数料の負担が少ない点が大きな特徴であり、メリットにもなっています。

報酬額を問わず一律10パーセントに設定されており、5万円の仕事なら5000円、5000円の仕事なら500円が差し引かれる形になります。

他のクラウドソーシングサービス、とくに有名どころでは20パーセント程度が手数料の相場となっていますから、このShufti(シュフティ)の設定は利用する立場からすればかなり良心的と言えるでしょう。

同じ案件と他のサービスとシュフティで比較した場合、実際に受け取れる金額に差が出てくるわけです。

Sponsored Search

Shufti(シュフティ)の評判

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

この手のサービスは実際に使ってみないとわからない面もありますが、ネット上で見つけられる口コミなどの評判である程度チェックすることができます。

もちろん口コミには賛否両論がありますから、あまり踊らされないよう心がけつつ、サービス内容を詳しく知ることができる評判を重視して見ていきたいところです。

Shufti(シュフティ)の良い評判

口コミなどで見られる評判でやはり多いのが「すぐにはじめられる仕事が多い」点です。他のクラウドソーシングサービス、とくに自分のスキルを出品するタイプのサービスの場合、専門的なスキルや知識を持っていないとなかなか仕事を獲得できないことが多く、「持っている人」と「持っていない人」との格差が生じやすい面があります。

それに対してShuftiの場合はそうしたことがなく、未経験可、特別なスキルがなくてもすぐにできる仕事をたくさん見つけることができると口コミでも評価されているのです。

結局のところこうしたクラウドソーシング系のサービスは「いかに仕事を獲得できるか」「実際に稼ぐことができるか」で評価が決まります。

いくら良い案件を抱えていても、サービスが充実していても稼げないのでは良い選択肢とは言えないでしょう。

その点スキルがなくてもできる仕事が多く、コンスタントに稼げる環境が用意されているShuftiが確かな評判を獲得するのも当然といえば当然かもしれません。

また、案件も家事・育児と両立しやすい、またはちょっとした副収入を得るための手段としてできるものが多いのが特徴です。

単価は高いけど納期が厳しい、クライアントと頻繁にコミュニケーションを取る必要があるといった制約が多い仕事は主婦には向いていない面もあります。

その点このサービスではいい意味で「のんびり続けられる」案件が多いと言えるでしょう。

口コミでも「無理せずに自分のペースで仕事ができる」といった声が聞かれます。

Shufti(シュフティ)の悪い評判

悪い評判としては極端に単価が低い案件がある点が挙げられます。

報酬は時給ではなくあくまで単価ですから、最低賃金は適用されません。

そのため明らかに最低賃金のレベルを遥かに下回る低単価の仕事も見られるのです。

例えば1つの記事を作成するのに15分程度かかる案件に対して単価が150円だった場合、時給換算にすると600円、そこに手数料が差し引かれる形となります。

これではとてもやってられないと思う方も多いはずですが、実際に低い単価の案件も多いのです。

口コミでも

「足下を見られて低い単価が設定されているような気がする」

といった意見もありますし、

「空いている暇な時間にやるくらいだから」

とそうした低単価の案件でも受ける人がいるため、なくらない面もあるようです。

もうひとつ、悪い評判として聞かれるのが案件に応募してから契約が成立するまでに時間がかかる点が挙げられます。

これはShuftiのサービスの問題ではなく依頼する側の対応の問題ですが、申し込んでから取引が成立して仕事を始めるまでの間はいわば空白時間、それがあまり長くなると当然コンスタントな収入が得られにくくなります。

また、交渉の途中で相手が音信不通になるといった口コミも見られます。

いかにうまく継続して仕事を続けられる環境を築けるかがひとつのポイントになりそうです。

Sponsored Search

Shufti(シュフティ)のメリット・デメリット

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

メリット・デメリットは良い評判・悪い評判とも直接関わってくる部分ですが、サービスそのものの良し悪しとも関わってくることが多いので重要です。

Shufti(シュフティ)のメリット

サービス面のメリットとしてまず挙げられるのがサポート環境が充実している点です。

少額の案件の場合、なにかトラブルが生じた場合でも対処するのに手間がかかりすぎて結局泣き寝入りをするパターンが多くなりがちですが、Shuftiでは万一トラブルが発生した場合には問い合わせをすれば迅速に対応してもらうことができます。

在宅ワークの初心者にとっては心強い味方と言えるでしょう。

「パートナー申請」というユニークな制度も見逃せません。

これは例えば過去に取引をしたことがあるクライアントから今後も継続して仕事を依頼してほしいときにオファーが来る制度です。

つまりビジネス上のパートナー関係を結ぶための橋渡しをしてくれる機能です。

単発の仕事を立派にこなしてクライアントが好印象を持ってくれた場合にこのように継続した関係を続けないかとオファーが来ることもあります。

この制度をうまく利用してパートナーを獲得できれば交渉や連絡待ちなどに時間を喰うこともなくコンスタントに仕事を得ることができますし、成果次第では単価アップも期待できます。

これまで何度か取り上げてきましたが簡単にできる仕事が多いのもやはりメリットとして挙げておくべきでしょう。

しかもデータ入力やライティングといった自宅のパソコンでメインに行う仕事だけでなく、アンケートなどスマホさえあればいつでもどこでもできる案件もあります。

こうした案件は単価が低めですが、散歩中などにちょっとベンチに腰を下ろしてお小遣い稼ぎ、なんてことも可能です。

Shufti(シュフティ)のデメリット

デメリットとしては注意しておきたい部分ですが、報酬が支払われる時に振込手数料がかかってしまう点が挙げられます。

Shufti(シュフティ)が差し引く手数料は他の類似サービスに比べて低く、それがメリットにもなっているわけですが、その手数料に上乗せされる形で振込手数料が発生するのです。

しかもこの手数料は500円+消費税。

少額の案件ならサービスの手数料以上に差し引かれてしまう恐れもあります。

これを防ぐポイントとしては出金する際にはできるだけまとめて行うことです。

毎回報酬を得るたびに銀行口座に振り込んでもらっていては振込手数料の負担がものすごい額になってしまいます。

とくに少額の案件をメインに行う方はある程度まとめて出金するよう心がけた方がよいでしょう。

そして簡単にできる仕事が多いメリットと背中合わせ、そして悪い評判で触れた部分とも関連してくるのが「高額案件が少ない」点です。

低単価の案件なら簡単に見つけることができますが、どうしても簡単な仕事が多いことも合って高単価の案件の数は限られています。

そうなるとそうした案件には多くの応募が殺到することになるためなかなかゲットできず、結局低単価の仕事をせざるを得ない形になってしまいがちなのです。

また簡単な仕事が多い分、スキルアップ・キャリアアップにあまり役立たない点もデメリットでしょう。月収数万円程度の収入を得るために行うにはよいですが、フリーランスとしてやっていきたい、単発の仕事を重ねながらスキルに磨きをかけていきたいという方にはあまり向いていない面もあるのです。

もうひとつ、ごく稀ではありますが、違法ギリギリの案件が見られるとの評判も見られます。

例えば転売目的で特定の商品を買わせてクライアントに送らせるなど、法律的には問題はないものの、常識から考えて明らかに問題がある案件が掲載されることもあり、注意が必要です。

また、案件に記載されていた仕事の内容と実際に依頼された仕事がまったく別で報酬に見合わないものだった、といったケースも報告されているので気をつけましょう。

Sponsored Search

Shufti(シュフティ)にはこんな人がおすすめ

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

これまで挙げてきたメリット&良い評判・デメリット&悪い評判からある程度どんな人におすすめなのかが見えてきます。

専門的なスキルや知識を持っていない方、家庭生活を優先したうえで働きたい主婦、空いている時間にちょっとしたお小遣い稼ぎをしたい人がもっとも適しているでしょう。

もちろん、先述したようにWEB・IT関連など専門的な知識が求められ、高単価の案件も見つけやすいジャンルもありますから、そうした案件が対応可能な方は手数料の負担を低く抑えながら収入を得ていくことができます。

こうした環境が当てはまる方にも向いているでしょう。

Sponsored Search

Shufti(シュフティ)の登録方法

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

登録方法は基本的にはメールアドレスを使って行うことになりますが、グーグル、Yahoo!、Facebookのアカウントでも登録可能です。

 登録方法

まずShuftiの公式サイトにアクセスし、会員登録のページに移動します。

そこではメールアドレス、ユーザー名、パスワード、利用方法(仕事を依頼したい/仕事に参加したい)の選択、個人と法人のいずれかでの登録可の選択を記入していくことになります。

ユーザー名は4文字以上30文字以外、半角の場合は@のみ利用不可です。

すでに別の人が同じユーザー名を使っていた場合には登録できませんから、他の名前を考える必要があります。

ユーザー名は仕事を獲得する上で重要な意味を持ちますから、もし考えていたユーザー名を使えなかった時のことも考えておくとよさそうです。

この記入を済ませると登録したメールアドレスにメールが送られてきます。

件名は「ご登録ありがとうございます!」なのでわかりやすく、迷惑メールだと間違えてしまうこともありません。

このメールに記載されているurlをクリックし、アクセスした先のページで最終的な登録を行うと完了です。

受注しやすくするための施策

受注しやすくなるための施策はおもに2つ。

とにかく仕事を繰り返して実績と評判を重ね、先述したパートナーを増やして継続して仕事を獲得できる環境を作ることです。

最初のうちは少々単価が低くても我慢して仕事をすることで少しずつよい案件を獲得しやすくなり、また継続して依頼をくれるクライアントからは単価アップの機会を得ることができるでしょう。

もうひとつのポイントは自己アピールが上手くできるかです。

誰でも簡単にできる仕事が多い分、採用の可否はスキルやキャリアではなく自己アピールの内容で決まる部分が多くなります。

まずは応募するときの挨拶をしっかりしたものにすること。例えばデータ入力の案件に応募するのに誤字脱字が多かったら、ライティングの案件に応募するのに文章力に問題があったら、採用はおぼつかないでしょう。

また社会人、ビジネスにたずさわる者としての最低限のマナーも忘れないようにしたいものです。

自己アピールの部分ではやはりできるだけ多くの作業を短い間でできる人のほうがチャンスが大きくなります。

できる限り時間を確保できる環境を整えた上でアピールしましょう。

あとは仕事に対する意気込みや過去の類似の分野に関する経験などを短くもとめてアピールすると効果的です。

自己アピールではもうひとつ、プロフィールの充実も受注を獲得するうえで大きな意味を持ってきます。

プロフィールを見てどんな人間なのかをわかりやすくアピールできるか。

仕事を依頼する側からすれはプロフィールを見ただけではどんな人がわからない人よりも、イメージしやすい人の方に依頼したくなるものです。

またプロフィールのところで自分にスキルや過去の経験などを記載しておくとスムーズに自己アピールができます。

ですからプロフィールにはアピールに結びつくような内容を盛り込むよう意識する、そして経験を積んでいくにつれて積極的に更新し、リアルタイムの自分をアピールできる内容を心がけるとよいでしょう。

Sponsored Search

まとめ:Shufti(シュフティ)の評判とメリット/デメリット

Shufti シュフティ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

このようにShufti(シュフティ)は、簡単にできる仕事が多いけれども低単価なものが多いというのが大きな特徴です。

言い換えれば仕事を得やすいメリットと、稼ぎにくいデメリットが共存しているわけです。

そのため口コミなどの評判もこのサービス、またはクラウドソーシングサービスそのものに何を求めているかによって賛否が分かれる傾向も見られます。

フリーランスとして活動したい、毎月それなりの金額を稼ぎたい人にはあまり高い評判を得ていない一方、気軽に仕事ができる環境、空いている時間を有効に活用できる仕事がほしいと思っている人には高い評判を得ている、そんな傾向が見られるサービスなのです。

そうなるとまず自分がクラウドソーシングサービスに何を求めているのか、どんな環境でテレワークや在宅の仕事をしたいのかをはっきりしたうえでShuftiのサービス内容をチェックし、自分に向いているかどうかを判断することが求められます。

自分の判断で適切な評価を下すことができるかが問われるサービスといっても良いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA