【2020年】Shinobiライティングの評判って実際どうなの?手数料や口コミを徹底調査

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

⏳読み終える目安: 14 分

後輩くん
後輩くん

Shinobiライティングと言うからにはライティングの案件を扱っている会社ですよね?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

その通り。在宅ワークといえばライティングを思い浮かべる人も多いわけだし、そこに焦点を絞ってサービスを提供するというのもひとつの選択肢だよね

後輩くん
後輩くん

で、どうなんですか?稼げるんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

ジャンルを絞っていることで案件を見つけやすいのは間違いないね、稼げるかどうかはその人次第ってことだね。

後輩くん
後輩くん

それじゃ答になっていないじゃないですか。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

ははは。

要するにこの会社のサービスをどれだけうまく利用できるかってわけで、ライティングそのものの作業内容はどの案件でもそれほど変わらないでしょ?

だからライティング案件を集めるだけではアピールできない、そこでShinobiライティングではいろいろと工夫してるんだ。

それをうまく利用できるかどうかだね。

後輩くん
後輩くん

へえ、どんな工夫があるんですか?

この記事で分かること

・Shinobiライティングの特徴・サービス内容

・Shinobiライティングのメリット・デメリット

・Shinobiライティングに向いている人・いない人

Shinobiライティングの基本情報

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

Shinobiライティングはライティング関連の案件を専門に扱っているクラウドソーシングサービスです。

案件を外注したい発注者と、仕事を受けたい受注者の間を橋渡しすることでビジネスを成立させるためのさまざまな仕組みが用意されています。

このライティング案件を専門に扱っているというのが最大の特徴です。

ほとんどのクラウドソーシングサービスは具体的なサービス内容に関してはいろいろな形があるものの、幅広いジャンルの案件を扱っているのが一般的です。

副業・クラウドソーシングの多様化が進んでいくにつれてさまざまな業種において外注が積極的に行われるようになっており、クラウドソーシングのサービスを提供する側としては、いかに幅広く案件を用意できるかどうかが重要なポイントになっている面があるからです。

そうした風潮に対してShinobiライティングはあえてジャンルを絞ることで特定のターゲットを対象にしたサービスを提供しています。

たくさんのジャンルを扱っていればよいというわけではない、というスタンスなのです。

このShinobiライティングの運営元は2015年に設立されたCROCO株式会社、まだ歴史が新しい会社ですが、コンテンツマーケティングやライター・編集者を支援するツールの開発・提供を手掛けています。

こうした事業を通して得たノウハウをうまく取り入れつつ、ライターと収入を得ることを目指している人を支えるサービスをShinobiライティングにおいて提供しているのです。

クラウドソーシングという働き方について

このようなShinobiライティングのようなスタンスのサービスが登場した背景には、クラウドソーシングという働き方、事業形態の情勢の変化が理由として挙げられます。

クラウドソーシングのクラウドは「群れ、群衆(crowd)」といった意味ですが、その名前の通り不特定多数から外注先を探すアプローチのことを言います。

かつて外注と言えば企業が企業に対して行うアウトソーシングが一般的でしたが、ビジネスの多様化、グローバル化がクラウドソーシングを促すような風潮をもたらしているのです。

ひとつのプロジェクトにさまざまな職種が関与し、しかも毎回プロジェクトごとに必要とするスキルが異なる場合、一般的な会社同士のアウトソーシングよりも広く不特定多数から人材を求めるクラウドソーシングの方が、継続的な関係を結んでスムーズにビジネスを行っていきやすい面があるのです。

このクラウドソーシングがさまざまな業種で採用されるようになったことで需要も増え、その橋渡しの機会を提供するためのクラウドソーシングサービスが登場するようになりました。

そのため、こうしたサービスではさまざまな業種の案件を幅広く揃えていることをアピールポイントとしているわけです。

しかし、サービスを利用して仕事を探す立場からすると、あまりに幅広いジャンルの案件が揃えられている環境だとかえって探しにくい面もあります。

掲載されている案件のほとんどが自分に関係ないもの、そんな環境の中でごく限られた自分向けの案件を探していく…これでは時間と手間がかかってしまいます。

またビジネスのグローバル化はさまざまな業種でクラウドソーシングを必要とするようになった一方で、ひとつの職種のクラウドソーシングがさまざまな業種で必要とされるようになっています。

その代表例がWEB制作やライティングでしょう。

例えばライティングの場合、かつてはアフィリエイトをはじめとした物販・通販系の分野での案件がほとんどでしたが、現在ではさまざまなジャンル・業種で求められるようになっています。

このようにあまりにもクラウドソーシングが広がり職種が多様化しすぎて、仕事をする人が案件を探しにくくなっている環境と、ひとつの職種が幅広い業種で求められるようになっている環境が結びつくことで、Shinobiのような特定の職種の案件を幅広い業種から探すことができるサービスが成立するようになったと言えるでしょう。

ですからShinobiライティングは、ある意味クラウドソーシングという働き方において時代の最先端のニーズに応えるサービスとも言えるかもしれません。

Shinobiライティングにはどんな仕事や案件があるの?

用意されている仕事・案件はライティング関連です。

ですから文章を書く仕事がメインとなっており、どんな仕事・案件があるかではなく、どんなジャンルのライティングがあるかがポイントになってきます。

この点は時期によって異なる部分も多いため、実際にチェックしたうえで確認することになりますが、さまざまな案件を見つけることができるでしょう。

すでにライティング案件の経験がある人ならほとんどの案件に対応可能でしょうし、未経験の人でもはじめやすい案件も多数見つけることができます。

具体的には美容・健康のほかファッション・アパレル、生活・暮らし、旅行関連、資格・習い事、趣味・娯楽などの分野で案件を見つけることができます。

また後述しますが、ライターとしての実績・スキルを認められた場合には、取材や翻訳などのより難易度が高く、高単価の仕事・案件を見つけることができるようになる制度も導入されています。

Shinobiライティングの手数料について

クラウドソーシングサービスを選ぶ上での重要なポイントとなるのが手数料。

サービスによっては報酬から20%近く差し引かれるケースも少なくありません。

その点、Shinobiライティングは登録とシステム手数料が無料、かかるのは換金する時に発生する振込手数料や換金手数料のみ。

具体的な手数料の金額は振込先の銀行によって異なります。なお一部の銀行では手数料無料で振り込むことも可能です。

この手数料は案件探しにおいてとてもむずかしい部分となっており、案件の報酬額を見た段階ではよい条件に思えたものの、いざ契約の段階で手数料を差し引いた状態で確認するとそれほどよい案件ではなかった…というケースも少なくありません。

クラウドソーシングサービスではこの点に注意し、あらかじめ手数料が差し引かれた額を想定しながら案件探しを行っていく必要があります。

Shinobiライティングはそんな面倒がなく、スムーズに案件を探しやすいメリットがあるといえるでしょう。

なお、Shinobiライティングではポイントシステムが導入されており、報酬金額はポイントで発生します。1ポイント=0.5円。

ポイントは先述した銀行振込のほか、PEXへの交換、BIZ SAMURAIポイントへの交換も可能です。

現金にこだわらない場合には、Amazonギフト券への交換ができるこれらの選択肢も考慮してみるとよいかもしれません。

なおBIZ SAMURAIポイントには有効期限が設定されており、最後のポイントの獲得・交換が行われてから一年間何も行われなかった場合には失効してしまうので要注意です。

Sponsored Search

Shinobiライティングの評判

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

このようにサービスの範囲をあえて限定しているShinobiライティング、口コミなどでは実際にどのような評判を得ているのでしょうか?

ライティングの案件を探しているという特定の目的の人たちが集まり利用するサービスだけに、口コミ評価を参考にしやすい面もあるのでチェックしてみたいところです。

Shinobiライティングの良い評判

よい評判でまず見かけるのがスピーディーに利用できる点です。

例えば後述する登録方法。

一般的なクラウドソーシングサービスでは登録のさいにプロフィールを細かく入力する、自己アピールをしっかりする、場合によっては顔写真などで本人確認をした方がよいケースも出てきます。

それに対してShinobiライティングの登録は非常にシンプルで、簡単に登録してすぐに案件探しをはじめることができます。

これはライティングだけに絞っているこのサービスの特徴でもあります。

デザインやプログラミングなどさまざまな業種の案件を扱っているサービスの場合、どうしてもその人のスキルや経験、さらに信頼できる人物かどうかを確認するための手段が求められるようになります。

そのためプロフィールの充実や情報の掲示なども必要になるわけですが、ライティング案件ならそこまで細かい設定は必要とされないことも多く、このようにシンプル&スピーディーな登録方法となっているのです。

承認が早いのもよい口コミ評価で聞かれます。

「すぐに承認してもらえるからどんどん稼げる」など、仕事をしてからポイントを獲得できる段階までのスパンが短いのです。

ライティング案件の場合、作成された文章の内容を細かくチェックする必要があります。

テーマに沿った内容か、誤字・脱字がないか、コピペなどの問題がないか・・・。

そのため他のジャンルの案件に比べて承認までに時間がかかる傾向が見られます。

Shinobiライティングではこの問題を解消するため、初期段階では機械でチェックし、問題ないと判断されたものを人間がチェックする仕組みを導入しているのでスムーズに承認ができるのです。

そしてこれはメリットとしても重要な部分ですが、誤時・脱字など記事の内容をあらかじめチェックできる機能がついている点が高く評価されています。

納品する前にこうした機能を使って自分でチェックすることで問題ないかどうかを確認できるわけです。

Shinobiライティングの悪い評判

悪い評判として口コミでよく見かけるのが「報酬は現金にしてほしい」という声です。

先程触れたようにこのサービスの報酬はポイント制を導入しており、それを換金する形で現金化します。

最初から現金ならどれぐらい稼いでいるか確認しやすいですし、スムーズに収入にすることができるわけですが、ポイント制の場合には実際に自分がどの程度稼いでいるのかわかりにくい、換金の作業が面倒くさく感じてしまうこともしばしばです。

ほとんどの人は現金収入を得たくてライティング案件を探しているはずですから、ギフトカードなどと交換できるシステムはデメリットに感じることはあってもメリットに感じることは少ないのではないでしょうか。

もうひとつ、これはライティング系のクラウドソーシングサービスに共通している点ですが、ライティング作業をしてもその記事が承認されなければ報酬が得られない点です。

あくまで作業をして承認を受けてはじめてポイントが加算され、それを収入にすることができるのです。

例えば、1時間かけて1500円分に該当する案件を行ったとします。

それが無事承認されれば時給1500円換算となり、なかなかよい案件となるでしょう。

しかし、もし承認を得られなければ収入はゼロ、作業に費やした一時間はまったくのムダ、ということになってしまいます。

時間と手間をかけて一生懸命作業をしたときほど、不採用になってしまったときの精神的なダメージも大きくなります。

「時間をかけて書いた記事が不採用になって一気にやる気がなくなった」といった口コミも少なくありません。

これは他のライティング系のクラウドソーシングサービスにも見られるもので、共通した悪い評判と言えるでしょう。

Sponsored Search

Shinobiライティングのメリット・デメリット

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

良い評判・悪い評判とも密接に関わってくる部分ですが、サービス内容にどんなメリット・デメリットがあるのかも知っておく必要があります。

Shinobiライティングのメリット

メリットとしては経験を積んでいくとより高単価の案件を紹介してもらえるようになる「CROCO認定ライター制度」が挙げられます。

このライターに認定されると「プレミアム」「専門家(スペシャリスト)」に分類される高単価の案件が紹介されるほか、ライティングのスキルを活かしたより幅広い仕事・案件と出会う機会を得られるようになります。

例えば、本人が直接取材して記事を書く案件、外国語を翻訳する案件など。

この認定ライター制度を利用することでより高収入を得る機会に恵まれるだけでなく、ライターとしてのスキルアップやキャリアアップの機会を得ることもできるわけです。

それから定期的にキャンペーンが実施されており、報酬額をアップする機会にも恵まれます。

これは実際の報酬額がアップするのではなく、ポイントの現金への換算率がアップする形で行われることが多く、通常1ポイント=0.5円よりも高い率で現金化することができるようになります。

また、キャンペーン中限定で高単価の案件の募集が行われることもあります。

こうしたキャンペーンには適用するために一定の条件が課せられていることが多く、特定の期間に一定の記事数以上を納品するとポイントにボーナスがつくなどの形がよく見かけられます。

ですから、うまくこのキャンペーンを活用すれば同じ時間をかけた案件でもより多くの収入を得ることができるわけです。

案件を探しやすい点もメリットに挙げられるでしょう。

もともとライティングに絞っているサービスを提供しているので探しやすい面があるのですが、加えて案件をジャンル別にわけて掲載している他、仕事の量の多さに応じて案件のキーワードを検索できる「ワードクラウト」という機能も用意されています。

ですから、最初から美容やITなど得意なジャンルを絞った上で探す、あるいは仕事が多そうなキーワード、ジャンルの中から仕事を探していくといったやり方ができるわけです。

幅広い業種の案件を扱っているクラウドソーシングサービスの場合、掲載されている膨大な情報のほとんどが自分とは関係のないもの、そんな「ムダな情報」から必要な情報を選り分けるのに膨大な時間と手間をかけなければならないというデメリットがあります。

そんなムダがないShinobiライティングは、ターゲットを絞っているサービスならではの強みを持っているわけです。

Shinobiライティングのデメリット

デメリットはやはりライティング案件を専門にしているサービスの宿命、単価が低い案件が多い点が筆頭に挙げられます。

初心者・未経験でも気軽にはじめられる案件が多い一方、どうしても単価が低く抑えられており、バリバリ案件をこなして収入を得たいという人には適していない面もあります。

ただ、この点は先述したように認定ライター制度を活用することでカバーすることも可能です。

まずは低めの単価でもコツコツと実績を重ねてCROCO認定ライターになることで高収入の案件をゲットとして高収入を目指していく、というルートも考えられるでしょう。

ただ、そこに至るまでは思ったように稼げないという面があります。

プロジェクト形式の案件がないのもデメリットとして挙げられます。

一般的なクラウドソーシングサービスではある程度まとまった規模の仕事を受注する形の案件が用意されておらず、ひとつひとつの案件をこなしていきながら収入を得ていく形になります。

ですから細かい案件をたくさんこなしていくのには向いていても、大規模なプロジェクトの中で長期的に案件に取り組んでいくのには適していないのです。

この点はキャリアアップに役立てるのが難しいデメリットにも結びつくでしょう。

先述したようにCROCO認定ライター制度を利用することで経験を積んでいくこともできますが、特定のクライアントとブロジェクト案件を通して信頼関係を構築し、継続的な関係を結ぶといった環境を作ることがほとんどできません。

もうひとつ、時期によっては案件がなかなか見つからない面もあります。

プロジェクト案件がなく、早いもの勝ちのタスク案件で占められていますから、他の人にとられて案件がなかなか見つからない、というケースも出てくるわけです。

また、良い条件の案件ほど早くなくなってしまうので低単価の案件ばかりになってしまう、といった傾向も見られます。

Sponsored Search

Shinobiライティングにはこんな人がおすすめ

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

こうしたメリット・デメリットから見てShinobiライターはとにかくライティングの仕事をこなしたい、少々低単価でもいいからライティングで収入を得たい人に向いています。

本格的にライターとして生計を立てていくのではなく、副業・お小遣い稼ぎの一環としてクラウドソーシングをやってみたい人にも適しているでしょう。

タスク形式の案件は早いもの勝ちの面もあるため、日頃からこまめに案件をチェックしていつでも仕事ができる環境の人のほうが有利な面もあります。

一方、本格的にライターとして身を立てたい、フリーランスのライターとしてやっていきたい人にとっては思ったように稼げない、スキルを活かせる仕事に就けないといったデメリットが気になります。

Shinobiライティングが向いていないとは言いませんが、他のサービスと併用しながらの利用が必要になるかも知れません。

Sponsored Search

Shinobiライティングの登録方法

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

先述したように登録はとても簡単、メールアドレスさえ用意しておけばすぐに登録することができます。

なおメールアドレスはフリーメールでも問題ないので、仕事用のものを用意しておくのもよいかもしれません。

登録方法

登録の手順はまず公式サイトから会員登録をするページにいき、そこで基本情報を入力していきます。

といっても入力する情報はメールアドレスと名前、パスワードだけ。

なお名前はニックネームでも可能なので、あらかじめ考えておくと良いかもしれません。

入力が完了した「利用規約に同意して登録」のボタンをクリック。

すると記入したメールアドレスに仮登録のメールが届きますから、そこに記載されている本登録用のURLにアクセスします。

ここで本登録が行われて終了。

とくに戸惑うこともなく、5分もあれば済ませることができるでしょう。

受注しやすくするための施策

受注しやすくするための施策としては、繰り返しになりますがCROCO認定ライターを目指すためにコツコツと仕事を続けていくことです。

認定を受けると一気に収入をアップさせることも可能ですので、それまでは地道に仕事を続けていくようにしましょう。

その過程で自分なりの文章スタイルを作り上げていくのも重要です。

高単価の案件を受けるためには当然それなりの文章力が求められますし、いろいろなジャンルの案件を受ける場合でも自分の文章スタイルを作っておけば対応しやすくなります。

逆に自分の文章の形を持っていないとどうしても他の人の記事や描き方を模倣したような内容になってしまい、コピペを疑われてしまうなどの問題を抱えやすくなってしまいます。

最初のうちは自分の得意なジャンル、好きなジャンルの案件に絞って作業を行うのもおすすめです。

せっかくライティング専門のサービスで案件を絞りやすいのですから、自分が問題なくこなせる案件を集中的に行ってみましょう。

先ほども触れたように作業をしても記事が承認されないと報酬が発生しませんから、無理に得意ではないジャンルに手を出して失敗するよりも、少々単価が低くても確実に承認を受けられそうなジャンルで作業をした方が確実に稼げる面もあります。

まずは狭い範囲で案件をこなし、慣れてきたら少しずつ範囲を広げつつ高単価の案件を狙っていく。

そして最終的に認定ライターを目指す。こ

れがShinobiライターで成功するための最短ルートと言えるかも知れません。

そして、キャンペーンを積極的に利用すること。

一定の記事数をこなすとボーナスが適用される形が多いため、キャンペーンが実施されている期間中に集中的に作業に取り組める環境を用意できるかどうかも、受注しやすく収入を増やしていく上での重要な施策になりそうです。

Sponsored Search

まとめ:Shinobiライティングの評判とメリット/デメリット

Shinobi ライティング 評判 手数料 口コミ

このようにShinobiライティングでは、ライティングの特化したうえでさまざまなサービスを提供しています。

必要な情報だけを絞り込んで案件を探していけるメリットをうまく活用しつつ、低単価の案件が多いというデメリットをいかに回避しつつコンスタントに収入を確保していくことができるか、高単価の案件を増やして収入を増やしていくことができるかが、このサービスの評価を分ける最大のポイントとなるでしょう。

確実に承認を受けられるレベルの記事をかけるかどうかも重要な鍵となりそうです。

どちらかというと初心者がライターとしてのスキルと経験を積んでいく場として適したサービスと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA