【2020年】副業初心者におすすめのクラウドソーシングサイト9選

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

⏳読み終える目安: 19 分

後輩くん
後輩くん

うちの会社も副業解禁になったので、なにか副業をしようかと考えているんですが、自宅でできる副業でなにかいい仕事無いですかね?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

働き方改革で副業許可を出す企業が増えているみたいだよね。自宅でできる仕事と言っても色々あるけど、君は何をしてみたいと思っているの?

後輩くん
後輩くん

そうですね…、クラウドソーシングをよく聞きますが、あれって自分でもできますかね?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

なかなかいいところに目をつけたね。クラウドソーシングは経験者が有利だとはいえ、未経験者でもできる仕事があるから副業に向いているよ。ポイントはクラウドソーシングを慎重に選ぶことと、自分に合った仕事の探し方を知っておくことだね。

この記事で分かること

・副業解禁で人気のクラウドソーシングって何?

・今人気のクラウドソーシングサイトを徹底解説

・副業初心者におすすめのお仕事

・クラウドソーシングで副業をするメリットとデメリット

クラウドソーシングとは?

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

クラウドソーシングというのは、業務を個人または業者など特定せずに不特定多数に発注し、仕事を依頼する形態を指します。

クラウドという言葉を聞くと、Google Driveなどのクラウドをイメージしますが、クラウドソーシングのクラウドは言葉が異なります。

前者はcloud(雲)で後者はcrowd(群衆)という意味です。

ソーシングというのは業務委託を指す言葉ですから、直訳すると、群衆に対して業務を委託するという意味になります。

インターネットが社会で一般に用いられるようになって久しいですが、インターネットは仕事にも大きな変化をもたらしています。

近年働き方改革が注目されていますが、各企業もこれまでの仕事のスタイルから、新たな仕事のあり方を模索する動きが広がっています。

より柔軟に仕事を行えるようにするため、副業を認める企業が増加しています。

副業解禁と同時に注目されるようになったのが、クラウドソーシングです。

いわゆる終身雇用という概念が薄まりつつある社会において、独立して仕事を行う個人事業主が増加しています。

それと同時に、仕事をしながら副業をするサラリーマンも増えていて、自分のスキルを生かして仕事を行えるクラウドソーシングは、都合の良い業務形態となっています。

クラウドソーシングが注目される理由は他にもあります。

それは自分のペース、経験、ライフスタイルに合わせて仕事ができるということです。

拘束時間に左右されない仕事のあり方は、欧米では一般的になっていて、日本は後発ながらようやくその価値を認める風潮になりつつあります。

ところでクラウドソーシングでは、いったいどのような仕事が紹介されているのでしょうか。

クラウドソーシングで紹介される仕事は基本的に業務委託方式が中心です。

時間給ではなく、与えられる業務内容に従って、それ相当の報酬が支払われる方法です。これはフリーランスの仕事と同じ形態です。

スキルが認められれば、それに応じて報酬が増えるため、自分の仕事を認めてもらえるという点で、雇用による業務とは大きく異なります。

基本的にネットを通じて発注と受注が行われるため、パソコンとネット環境さえあれば、仕事が成立するケースが多いです。

喫茶店でパソコンを開いて仕事をしている人を見かけることがありますが、まさにあのような仕事のスタイルがクラウドソーシングといえるかもしれません。

クラウドソーシングはスキルに応じて仕事が増えることもあり、SEやデザイナーといった経験を持っている人であれば、仕事内容によっては、本業よりも稼げるようになったという人も少なくありません。

本業と副業が逆転し、やがては独立という道を歩む人もいます。

スキルがあれば、クラウドソーシングはまさにおすすめの仕事と言えるでしょう。

クラウドソーシングはスキルや仕事量に応じて報酬が増える成果主義が中心なので、一見魅力的な仕事に思えますが、必ずしもそうとは言えない場合があります。

例えば、請け負った仕事がスキル不足で果たせなかったり、発注者の希望を満たせなかったりした場合、報酬は減額されたり、最悪の場合、支払われなかったりすることもあります。

クラウドワークスでは、上記のような仕事上のトラブルが発生するケースもあるため、業務委託の仕事をしたことが無い人にとっては、ハードルが高いと感じてしまうこともありえます。

報酬は仕事を納品し、確認が終わって初めて支払われるので、固定給で働いている人の中には、報酬の受け取りが遅いと感じてしまう場合もあります。

自分の仕事環境を分析し、果たしてクラウドソーシングに向いているのかどうかをよく分析してから始めるというのもいいかもしれません。

そのような場合も、この記事を参考にして、最適な仕事の方向性を決めるといいでしょう。

クラウドソーシングは場所を選ばずに仕事ができるため、人によってはより多くの仕事を受注できる仕事の一形態です。

スキルを活用するためにも、クラウドワークスはおすすめです。

Sponsored Search

おすすめの大手クラウドソーシングサイトラキング

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

これから副業でクラウドソーシングをしてみたいという人のために、大手クラウドソーシングサイトのなかから特におすすめのサイトをピックアップします。

第1位:クラウドワークス

クラウドソーシングを始めるならクラウドワークスに登録する、というのは副業をしている人たちの合言葉になっているほど、有名なサイトです。

クラウドワークスの強みは、登録会員数と紹介する仕事の豊富さです。

会員登録数は300万人を超え、日本最大級のクラウドソーシングサイトとしての地位を築いています。

クラウドワークスがおすすめの理由は、カバーしている委託業務のジャンルが豊富なことです。

業種は200を超え、自分のスキルにあった仕事を探しやすくなっています。

ただスキルがないと、仕事ができないのでは?

と思ってしまうかもしれませんが、ご心配なく。

未経験でもスタートできるWEBライターの案件など、これからスキルアップできる業務も紹介されています。

中でも初心者に人気なのがライター関係の仕事です。

最近ではアフィリエイト関連の案件が増加し、外部委託でブログの記事作成を依頼するアフィリエイターが増えています。

スキルがない段階での条件は決して良いとは言えませんが、スキルを積むことで単価の高い仕事へ応募することもできるようになります。

具体的にどのような仕事があるのか気になるものです。副業におすすめの以下のような仕事があります。

・WEBライター
・記事のリライトや校正
・ホームページの作成代行
・ブログなどのロゴデザイン制作
・アンケートや名簿などのデータ入力業務
・録音データの記事起こし
・広告デザイン作成
・チラシ作成
・企業などのロゴ作成
・営業リスト作成代行
・翻訳業務
・企業のホームページ制作代行
・営業資料の作成代行

クラウドワークスが人気の理由として、登録されている人材に関連した認定ワーカー機能があります。

発注する側も経験者へ仕事を発注できるため、安心して仕事が依頼できるというのが大きなアドバンテージになっています。

第2位:ランサーズ

クラウドソーシングの草分け的企業と言っても過言ではないのがランサーズです。

クラウドワークスよりも先にクラウドソーシング事業を手掛けたため、ランサーズで在宅副業を始めたという人も多いかもしれません。

ランサーズの強みは取引企業の多さです。

累計100万を超える業務がランサーズを介して紹介されてきました。

独立開業したフリーランスもランサーズを利用しているケースが多く、副業からスタートして、スキルが認められた結果、個人事業主としてスタートできたという人も少なくありません。

ランサーズが副業としておすすめできる強力な理由は、WEBライター募集案件がとにかく豊富なことです。

WEBライターは新規記事を作成することに加えて、リライトも手掛けますが、初心者でも仕事を始めやすいことから、手始めにWEBライターで副業を始めたいという人に向いています。

WEBライター以外にも、WEBサイトの開発やロゴのデザインなどの案件も多く、既にこれらの分野でのスキルがある人にも向いています。

具体的な案件には次のようなものがあります。

・WEBライター
・イラストやロゴ制作
・WEBサイトの開発
・データ入力業務
・システム開発
・企業インフラの管理
・サーバー構築業務
・パワーポイントを利用したプレゼン資料作成代行

クラウドワークスと並びランサーズは人気の高いクラウドソーシング提供企業です。

ランサーズとクラウドワークスの両方に会員登録をして、仕事を受注するという人も多いです。

どちらか一方だけに会員登録をすると、仕事が突然切れてしまったときなどに、困ることになりますが、両方に登録しておくことで、いざというときの保険的副業探しができます。

第3位:ココナラ

ココナラは新しいクラウドソーシングの形を提供するサービスです。

クラウドワークスやランサーズは自分のやりたい仕事に応募したり、企業からのオファーを待ったりして仕事を請け負う仕組みですが、ココナラの視点はちょっと変わっていて、自分のスキルや経験、資格をアピールして、それをだれかに買ってもらうというスタイルを採用しています。

例えば英会話のスキルがある場合、そのスキルを買ってくれる顧客が現れるのを待ちます。

ビジネス会話を個人レッスンで受けたい、そのような人がココナラを介して依頼します。

一回(一コマ)あたりの費用を設定して、仕事を請け負うというのが主な仕組みです。

エンジニアのようにスキルを生かして、企業の業務を請け負うというよりは、教えてもらいたいという人が先生を探すサービスと言ってもいいかもしれません。

エンジニア系でも例えばPhotoshopなどのソフトを使いこなすためのレクチャーを実施するなどして収益を得ることができます。

具体的な「仕事」には次のようなものがあります。

・アフィリエイトのレクチャー
・外国語(中国語や英語)のレクチャー
・外国語翻訳
・Android、iOSアプリ開発
・パワーポイントによる資料作成代行
・ビジネスコンサル
・食品サンプル作成代行
・結婚、恋愛相談

カウンセラー資格を生かしてココナラでフリーランスカウンセラーデビューという道が開ける可能性もあります。

第4位:スキルクラウド

スキルクラウドはココナラと同じで自分のスキルを売るサポートをするクラウドソーシングです。

資格やスキルは多岐に及びますから、自分の資格やスキルももしかしたら買ってくれる人がいるかもしれません。

自分の可能性を広げて、仕事に結びつけるお手伝いをしてくれます。

後発のクラウドソーシングになるため、他のクラウドソーシングサービスと比較すると、案件数が少ないですが、他には無いジャンルをサポートしているなど、スキルクラウドならではの強みもあります。

具体的な分野は次のとおりです。

・英会話
・ギターの引き方講座
・家事代行やお手伝い代行サービス
・育児や子育てのサポート
・美容に関する悩みや相談
・恋愛や結婚相談およびカウンセリング
・占い
・WEBサイト制作講座
・ハンドメイド講座

スキルクラウドは単独で登録するよりも、他のクラウドソーシングサービスと合わせて登録するほうが受注しやすいのでおすすめです。

第5位:Shufti「シュフティ」

シュフティは主婦向けの副業を紹介するクラウドソーシングサービスです。

パソコンを使った在宅ワークはもちろん、自宅で気軽にできる内職などのお仕事も紹介しています。

例えば結婚前の仕事でデータ入力をしていたので、それを生かした仕事がしてみたい、そのような場合、シュフティで紹介されている仕事がピッタリです。

具体的にはデータ入力案件、文字起こし等、余った時間を活用してできるお仕事を紹介しています。

パソコンは苦手でも、宛名を書く仕事があればやってみたい、そのような場合も宛名書きや封入作業などのお仕事があります。

シュフティも紹介されている仕事量はそれほど多くありません。

クラウドワークスやランサーズ等の登録と合わせて、登録しておくことをおすすめします。

第6位:CROWD「クラウド」

クラウドの特徴は、ライターなど初心者向けの案件を多く紹介していることです。

WEBライター案件は初心者でも受注がしやすく、パソコンとネット環境さえあればできる仕事なので、スキルがない人の副業登竜門的な位置づけになっています。

やはり後発クラウドソーシングサービスなので、クラウドワークスやランサーズと比較してしまうと、圧倒的に案件の量が少ないのですが、会員登録数がまだ少ないこともあり、比較的仕事のオファーを受けやすいと言えるかもしれません。

気になるのは単価で、クラウドワークスやランサーズと比較してしまうと、低い単価の案件が多く、時間の割に稼げない仕事が多いのも難点。

総合的に考えると、経験は無いけど副業をしてみたいという人に、向いているクラウドソーシングです。

第7位:SHINOBIライティング

SHINOBIライティングはWEBライターに特化したクラウドソーシングサービスです。

ライターとしてこれからスキルを積みたいという人に向いています。

WEBライターの強みは、場所や時間を選ばずに仕事ができることです。

いつでも好きなときにパソコンとネット環境があればできるお仕事なので、副業にピッタリの仕事です。

SHINOBIライティングの会員数は30万人を超え、ライター業で稼いでいる人が多い状況がよくわかります。

一文字あたりの単価はクラウドワークスやランサーズと比較すると割安な案件が多いので、SHINOBIライティングでライターとしてスタートを切ってから、別のサービスで更にスキルアップを目指すと良いかもしれません。

第8位:サグーワークス

サグーワークスはSHINOBIライティング同様、記事作成案件が中心のクラウドソーシングサービスです。

WEBライター需要は近年大幅に増えていて、アフィリエイターによる外注だけでなく、企業などからの商品紹介や企業紹介といった記事作成案件も増加しています。

在宅ライターは在宅ワークのなかでも特に人気のある職種で、副業でもしやすいことから、サラリーマンにも人気の仕事です。

仕事探しで大変なのはクライアント選びですが、サグーワークスはライティング案件に特化した仕事を紹介しているので、比較的仕事を見つけやすいというメリットがあります。

ライター数は約27万人、発注企業数は3500社を超え、文書作成案件も増加しています。

これから副業を始めたい人に向いているおすすめのクラウドソーシングサービスです。

ただし報酬が若干低めなので、スキルをある程度磨いたなら、クラウドワークスやランサーズへ乗り換えるのもいいかもしれません。

第9位:CRAUDIA「クラウディア」

クラウディアはWEBライターやロゴデザインなど、クリエイター向けの仕事を提供するクラウドソーシングサービスです。会員数は100万人以上と確実に数を伸ばし、案件も増加しています。

ライター案件は初心者の副業に向いているお仕事です。企業などからの記事発注に従って仕事を受注し、ペースに合わせた仕事ができるようになっています。

ライター以外にも文字入力や文字起こし、データ入力作業などのお仕事も紹介されていますので、事務系のお仕事をしていた人なら、スキルを生かしたお仕事が見つかるかもしれません。

副業に向いているおすすめのクラウドソーシングサービスを9つ紹介してきましたが、ポイントは複数のクラウドソーシングサービスに登録をして、仕事を見つけることです。

スキルに応じて、サービスを使い分けることも必要です。未経験からでもスタートできる仕事も豊富にあるので、まずは会員登録からスタートしてみましょう。

Sponsored Search

初心者におすすめの仕事5選

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

初心者がクラウドソーシングでお仕事を始める場合、どのお仕事を選ぶと良いのでしょうか。

特に人気のある仕事を5つピックアップします。

1.WEBライター

WEBライターとはブログやホームページに掲載する記事をライティングするお仕事のことです。

発注者からテーマが与えられ、テーマに沿った記事を作成するのが仕事です。

パソコンとライティングできるソフト(ワードなど)、インターネット環境があれば大丈夫です。

WEBライターの単価はまちまちで、発注者によって異なりますが、初心者の場合は1000文字ベースで200円〜300円程度が相場です。

安いと思われがちですが、実際に探してみると単価がもっと安い場合もあるので、これくらいの金額を目安に探してみるようにしてください。

2.データ入力

データ入力は企業が発注するケースが中心で、与えられたデータファイルを特定の形式にまとめるのが仕事です。

例えば調査会社の集計情報をまとめて一つにデータ化をするといった仕事があります。

案件によりボリュームの大小が決まります。

データ入力は比較的発注数が多いため受託しやすい業務ですが、やはり単調な作業が中心なので、単調な仕事でもコツコツとこなせる人が向いています。

初心者の場合は、大きなプロジェクトではなく単発の比較的量の小さめなデータ入力業務を選ぶとよいでしょう。

3.アンケート調査

アンケートや商品モニターといったお仕事は、比較的簡単でお小遣い稼ぎに向いています。

アンケート内容によって、報酬が変わるので、もしアンケート対象の中から、特に情報を必要としている分野でのアンケートがあたった場合、高報酬になることもあります。

ただし基本的にアンケート報酬は安いので、高額報酬を狙うには不向きな仕事です。

ケースバイケースですが、座談会への招待があり、この場合は報酬が更にアップするので大変魅力的です。

開催場所によっては交通費や宿泊費も支払われることがあります。

商品モニターは新製品などを利用してみて、使い心地や改善点などを報告する仕事です。

モニターに選ばれた場合、商品モニター期間終了後に商品をもらえたり、報酬が受け取れたりすることもあります。パソコンなどの高価な商品モニターに当選することもあります。

4.文字起こし

文字起こしはデータ入力に似ていますが、異なるのは、会議などの録音された情報を文字に起こす作業だということです。

かつてはカセットテープを使用して録音していたため、テープ起こしと言われることもありますが、基本的にどれも同じ意味のお仕事です。

文字起こしに求められるのは正確なタイピング作業です。

内容を間違ってタイピングしてしまうと、誤解を生じさせる原因になるため、正確さが求められます。

データ入力作業をしたことがある人なら、大丈夫ですが、初心者でも与えられた仕事をしっかりこなせる人や、パソコンでの入力業務が得意な人に向いています。

5.キャッチコピーの作成

クラウドソーシングで人気のある高額報酬のお仕事がキャッチコピーの作成です。

コピーライターの仕事はしたことが無いけど、初心者でもできるの?

と思うかもしれませんが、ご心配なく。

キャッチコピーはいわゆる素人の応募でも採用される可能性が十分にあります。

しかも嬉しいことにキャッチコピーが採用された場合の報酬は非常に高く、一件あたりの報酬としては申し分が無い金額です。

もちろん採用されるとは限らないので、キャッチコピーのお仕事を見つけて、どんどん応募していくのがコツ。

初心者でもキャッチコピーが採用される可能性があるので、おすすめの副業です。

Sponsored Search

クラウドソーシングを使うメリット4つ

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

クラウドソーシングで副業をするメリットはいくつもありますが、そのうちの4つを選んでみました。

・自分の都合に合わせて仕事ができる

クラウドソーシングの強みは、いつでも好きなときに仕事ができることです。

正社員やパート、アルバイトはどれも拘束時間が決まっています。

クラウドソーシングには時間的な縛りが無いので、自分の好きな時間に好きなだけ仕事ができるというメリットがあります。

仕事をするためのツール(パソコンやタブレット、ネット環境)さえあれば仕事ができるので、通勤や出張で電車に乗っているとき、お昼休みの時間にカフェでといったスタイルで副業も可能です。

ノマド的な形で仕事ができるので、有給を利用して温泉旅館でクラウドソーシングの仕事をするといった働き方もできます。

仕事は会社でするもの、という固定概念を打ち砕いてくれるのがクラウドソーシングです。

・人との接触が少ない

クラウドソーシングは発注者と受注者側双方で契約を結んで仕事をするスタイルです。

企業の仕事のようにチームで仕事をしたり、上司や同僚に囲まれながら仕事をしたりすることはありません。

社会問題として増加しているのが、人間関係上の摩擦でストレスが増大し、うつ病になるケースです。

常に気の合う仲間と仕事ができるとは限らないので、問題を抱える可能性は高いです。

クラウドソーシングならそのような人間関係もほとんど無いので、気持ちも楽になるはずです。

・スキルアップにつながる

クラウドソーシングは自分の資格や趣味を生かして仕事ができますが、より多くの人に仕事の実績を認めてもらうことで、スキルアップに繋がります。

未経験からのスタートでも同様で、例えばライティングのお仕事をする場合、タイピングスピードが早くなれば、その分だけ仕事を多く受注できるようになります。

ライティングの質が向上し、より多くのクライアントに認めてもらえるようになると、仕事の発注量も増加します。

これが仕事の単価にも影響を与えるので、よりやりがいのある仕事ができるようになります。

・仕事は増加傾向

クラウドソーシングを利用した仕事の発注量は年々増加しています。

特に新型コロナウィルスによる社会への影響が発端になり、在宅ワークに注目が集まるようになりました。

企業は積極的にクラウドソーシングへ仕事をシフトし始めていて、今後ますますその傾向は加速していくことでしょう。

これに合わせて、クラウドソーシングの仕事は増加することが確実なので、仕事がなくなる心配をする必要はまずないと言えます。

仮に仕事が少なくなったとしても、そのときは別の分野の仕事にチャレンジしてスキルアップをすれば良いので、仕事の可能性は無限にあると言っても過言ではありせん。

・デメリットはあるの?

このように、クラウドソーシングはメリットが多いですが、デメリットは無いのでしょうか。

仕事ですから必ずデメリットは存在します。

その中でも特に不満が多いのが、クラウドソーシングの単価の安さです。

専門的な分野であれば、自分で仕事を独占できるので、かなりの高単価が期待できるのですが、いわゆるWEBライターのようなお仕事では、単価が非常に安いのがネックです。

いくら仕事をしても、なかなか収入が上がらない、そのような悩みを抱えるワーカーも少なくありません。

とにかく働いた分だけ報酬に反映される仕事を希望する場合、クラウドソーシングは不利になることがあります。

どちらかと言うとコツコツと仕事を行う人向けなのがクラウドソーシングです。

そのような場合、クラウドソーシングは副業と割り切ると良いでしょう。

単価が安くても、お小遣い稼ぎでやっているくらいの感覚で仕事をすれば、報酬がもらえたときの印象が大きく変わります。

Sponsored Search

クラウドワークスで稼ぐためのコツ4つ

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

クラウドソーシングの単価がなかなか上がらないと悩んでいませんか?

原因はどこにあるのか、それを分析することが大切です。

稼ぐためのコツはあるのでしょうか?

1.自分の評価を上げる

クライアントにとってどのような人に仕事を依頼したいのか、その理由は簡単「仕事ができる人」です。

仕事ができる人は仕事上の評価が高い人でもあります。

クラウドソーシングでは、仕事の評価が報酬に直結します。

仕事ができる人に発注することで、クライアントの希望に合う形で納品してもらえるからです。

どうすれば評価を上げることができるのでしょうか。

クラウドソーシングサービスに登録すると、それぞれの登録者に対するクライアントの評価が蓄積されます。

良い評価が多ければ多いほど、クライアントの目にとまるので、仕事を受注しやすくなります。

クライアントがこの人なら安心して仕事を任せられる、と判断するなら、クライアントから直接仕事の依頼の話が来ることもあります。

これは一般社会でもよくあることです。仕事ができる人を取引先が高く評価して、ヘッドハンティングで招き入れるというサクセスストーリーはたくさんあります。

クラウドソーシングでも同様のことが起こり得るのです。

2.評価を上げるためにコツコツ仕事をこなす

大きな仕事でも、小さな仕事でも、評価の数は変わりません。

どちらも1つの評価が付きます。

大きな仕事を100こなすのと、小さな仕事を100こなすのとではどちらが楽ですか?

当然小さな仕事を100こなすことです。

大きな仕事はそれだけ単価が高いですが、仕事量や内容もそれに比例して大きくなります。

それであれば、小さな仕事をコツコツ続けて評価を伸ばしたほうが、将来的には評価を上げることに繋がります。

加えて大きな仕事はそれなりの資格やスキル、評価がなければ受注できません。

ですからクラウドソーシングの初心者は、比較的小さな仕事をこなすようにすることをおすすめします。

そうすることで、評価がたまり、やがて大きな案件を受注できるようになるかもしれないからです。

3.自分の得意分野をアピールする

WEBライターを例に挙げてみると、受注する案件によってライティングしやすいものと、そうでないものに分かれます。

どのようなジャンルであればライティングしやすいですか?やはり自分の好きな分野や仕事で実際に携わっている分野でしょう。

クラウドソーシングサービスでは、自分をアピールするために、仕事の経験の詳細を公開できるようになっています。

クライアントはそこに注目して、ふさわしい人材を探したいと思っています。

つまりクライアントの目にとまるような得意分野があれば、それだけ仕事も多くもらえるようになるということです。

例えば金融に詳しい、もしくは金融機関での仕事経験を活かしたい場合、その分野での記事執筆を行うなら、クライアントの信頼は得やすいはずです。

内容が専門家でも納得できる良質のものであれば、単価もアップします。

4.納期を守る

クライアントから信頼されるためには、納品日を守ることが大切です。

クライアントはできるだけ納期前に受け取りたいと思っています。

もし納品日よりも早く納品することが習慣になっていなら、クライアントからの信頼を得ることは容易です。

もちろん内容の正確さも大切ですが、早めに納品をして、間違いなどがあれば、本来の納品日までに修正対応をすることで、納期を守ることができます。

Sponsored Search

会社員が副業としてつかっても良いのか?

副業 初心者 おすすめ クラウドソーシングサイト 9選

働き方改革により、多くの企業が副業を認めるようになりました。

これは世界的な傾向に沿うもので、今後の日本の仕事のあり方に一石を投じるものとなります。

ところでクラウドソーシングなどの副業をする場合に問題になるのが、果たして会社員が副業をしてもOKなのかということです。

勤務先の企業が副業を認めているのであれば、副業をしても問題はありません。微妙な場合は、会社に質問をしておくのが無難です。

副業を禁止している場合、仮に副業がバレてしまうと、免職などの重い措置が取られてしまうこともあるからです。

副業がOKの場合、気をつけたいのが副業で受け取った報酬の扱いです。

年間の報酬が20万円を上回る場合、確定申告をおこなって納税する必要があります。

サラリーマンが確定申告を行う場合、税務上の扱いなどをある程度学んでおくことをおすすめします。

副業で得た報酬は、クライアント側が税務申告していることもあります。

これはあなたに対してこれだけの報酬を支払いましたよ、という証明です。

つまり確定申告をしないでいると、税務署から調査される可能性があります。

仮に申告していないことがバレてしまった場合、重加算税などの罰則が適用されることもあるので、注意してください。

Sponsored Search

まとめ:副業でおすすめのクラウドソーシングと稼ぐコツ

クラウドソーシングについて基本的な知識やお仕事の始め方、メリットやデメリットを学んできましたが、副業でおすすめのクラウドソーシングはあるのでしょうか。

結論から言うと、クラウドワークスに登録するのがおすすめです。

クラウドワークスは日本最大のクラウドソーシングサービスで、仕事の紹介料も業界トップレベルを誇ります。

自分のスキルを生かした副業が見つかるので、これから副業を始めたいという人にもピッタリのクラウドソーシングサービスです。

クラウドソーシングを始める場合、稼ぐコツも把握しておきましょう。

ポイントは小さな案件からスタートして、コツコツ仕事を行うことです。

ライティングなどの仕事からスタートすれば、未経験の方でも安心して副業が始められます。

評価を少しずつ上げていくことで、やがては大型案件を受注できる日がやってくるかもしれません。

単価がアップし、報酬が増えれば増えるほど、仕事のやりがいも大きくなります。

クラウドソーシングは大きな可能性を秘めているお仕事です。

あなたにとってクラウドソーシングが新たな仕事の手段になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA