【2020年】Craudiaの評判って実際どうなの?手数料や口コミを徹底調査

Craudia 評判 手数料 口コミ

⏳読み終える目安: 14 分

後輩くん
後輩くん

Craudiaって比較的新しいクラウドソーシングサービスだと思うんですけど、どんな感じですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

大手に比べると知名度の点で一歩譲るのは間違いないだろうね。でも堅実に登録者数を伸ばしているみたいだよ。

後輩くん
後輩くん

どんな人が利用してるんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

基本的には未経験者や経験が浅い人が多い印象かな。フリーランスとしてバリバリ稼ぎたい人は大手を利用するってパターンだと思う。

後輩くん
後輩くん

ということは初心者に優しいサービスってことですか。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

そう言ってもいいかもね。クラウドソーシングは案件によってけっこういろいろと手続きが面倒なことってあるじゃない?

後輩くん
後輩くん

クライアントとの条件交渉とか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

そうそう。そういうのが少なくてすぐに仕事をはじめられる、またははじめやすい点が評価されているみたいだね

この記事で分かること

・Craudiaとはどんなサービスなのか

・Craudiaのメリット・デメリット

・Craudiaに向いている人・向いていない人

Craudiaの基本情報

Craudia 評判 手数料 口コミ

Craudiaはクラウドソーシングサービスのひとつで、サービスを開始したのは2012年なので比較的新しいサービスと言えるでしょう。

大手の有名どころに比べると規模の点で一歩譲る面もありますが、すでに登録者数も30万人を突破、多くの人が利用し、ビジネスが成立している状況です。

運営元は株式会社エムフロ。

この会社はもともとレンタルサーバーや無料ホームページ作成サービス、ポイントサイトなどを運営しており、こうした事業で培ってきたノウハウやネットワークを駆使しつつクラウドソーシングサービスを手掛けています。

とくにWEB関連における実績・ネットワークに強みをもっていることもあり、この方面での案件が充実しているのが特徴です。

クラウドソーシングという働き方について

クラウドソーシングの働き方に関しては、サービスの利用方法における考え方やアプローチに変化が見られつつある状況です。

かつてはたくさんの案件を要しているサービス、または幅広いジャンル、業種を扱っているサービスがよいというイメージが強かったのですが、現在ではそうした価値観が変化しつつあるのです。

そこにはクラウドソーシングの普及と状況の変化が深く関わっています。

幅広い業種でクラウドソーシングを積極的に導入するようになったことで案件の数が増えたのはよいのですが、あまりにも多くなりすぎて個人が目を通すのが難しい面も出てきているのです。

例えば幅広い業種を扱っているクラウドソーシングサービスで案件を検索した場合、目に入る情報の多くは自分にとって関係ないものになるケースも少なくありません。

必要ない情報を除いたうえで、自分にとって本当に役立つ案件・情報を見つけ出すための手間が必要になるわけです。

また、クラウドソーシングで収入を得る人が増えたことで競争が繰り広げられるケースも増えています。

登録者が多いサービスほどよい案件に多くの人が応募し、競争が繰り広げられるのです。

その結果、たくさんの案件があるにも関わらずいつまで経っても仕事ができない、という人も出てきています。

さらに、企業だけでなく個人が個人に仕事を発注する形も増えています。

こうした案件は埋もれやすく、なかなか見つけづらい面もあります。

こうした事情から、必ずしも規模の大きなクラウドソーシングサービスがよいとは限らず、あくまで自分にとってのクラウドソーシングの働き方にあったサービスを見つけることが重要になってきています。

こうした需要に応えるように特定の職種・ジャンルに強みを持っているサービス、最初から特定の職種・ジャンルに特化しているサービスなども登場しています。

このCraudiaも、規模の大きさではなくサービス内容や案件の内容で勝負するタイプのクラウドソーシングサービスに分類することができるでしょう。

まさにクラウドソーシングサービスが曲がり角に差し掛かりつつあるとも言える状況の中で、このサービスが今後どれだけ発展していくのか、注目したい部分もあります。

Craudiaにはどんな仕事や案件があるの?

先ほど少し触れたように、運営会社はWEB方面の事業を手掛けていることもあってWEB系の案件を多く手掛けているのが大きな特徴です。

プログラミングやデザインなど、この方面で仕事をしたい人、フリーランスで生計を立てたいと思っている人に向いているでしょう。

また軽作業系と分類されている仕事・案件が多いのも特徴です。

具体的には在宅ワークの定番とも言えるデータ入力・収集やテキスト入力、レビュー・口コミ、テープ起こし、アンケートなどが該当します。

単価はそれほど高くありませんが、簡単にできる仕事も多いので、まずこの分野からはじめてみるのもよいでしょう。

ライティング系も充実しており、通常の記事・コラムの執筆からウェブコンテンツ・プログ投稿の作成、メールマガジンといった案件、さらに翻訳やネーミング、キャッチコピーの考案なども見つけることができます。

専門的なスキルや経験が求められる案件も取り揃えられており、写真や動画の制作や画像加工といったデザイン系から、簿記、財務、法務、コンサルティングなどビジネス系の案件があるのもCraudiaの大きな特徴として挙げられるでしょう。

WEB方面ではかなり細かいジャンルに案件が分けられており、ウェブ制作やデザインのほか、アイコン・ボタン制作、Javascript制作、Flash制作、SEO・広告、HTML・CSSコーディグなどから案件を探すことができます。

専門的な分野に絞って探すもよし、幅広く案件をこなしながらスキルを磨いていくもよし、目的に合わせて仕事をしていける環境が整っています。

なお、この分野では後述するプロジェクト方式の案件が多く、実績を重ねていくことによって継続的な案件の受注や単価アップなども期待できます。

なお、この会社の仕事・案件には2つの大きな特徴があります。

まず募集形式。一般的なタスク型に加えてまとまった量の案件を特定の受注者へ依頼することが可能なプロジェクト型、キャッチコピーやネーミングなどのように幅広いアイデアを募集して採用者にのみ報酬が発生するコンペ型、さらに作業時間に対して報酬が発生する時間制の4種類が用意されています。

この中から自分にとって働きやすい、または報酬を得やすいタイプを選んで応募していくことができるわけです。

もうひとつの特徴は、案件ごとに3段階の難易度が設定されている点です。

他のクラウドソーシングサービスには見られない大きな特徴で、その案件がどれぐらいの難易度なのか、自分のスキルでできるのかをある程度確認したうえで応募するかどうかを判断できます。

Craudiaの手数料について

クラウドソーシングサービスを利用する上でもっとも気になるのが手数料。

報酬から差し引かれてしまうため、どうしても損をした気分になってしまうものです。

となると、できるだけ手数料が少ない方がよいわけですが、Craudiaはクラウドソーシングサービス全体の相場に比べると低めに設定されています。

具体的な設定は報酬額によって異なってきます。

金額が1万〜5万円までは15パーセント、5万超〜10万円までは10パーセント、10万超〜100万円までは5パーセント、100万超〜は3パーセント、そして時間制の案件では一律10パーセントとなっています。

実際に利用した場合、大半の案件は5万円以下、15パーセントが適用されることになるでしょう。

大手のクラウドソーシングサービスでは20パーセントが相場となっていますから、手数料の負担を少なく済ませることができます。

さらにプロジェクト形式のように案件の規模が大きい、または高単価の場合には、より手数料の負担が少ない環境で働くこともできます。

この点はCraudiaのメリットとして挙げておくべきでしょう。

Sponsored Search

Craudiaの評判

Craudia 評判 手数料 口コミ

順調に登録者を増やしているCraudia、口コミをはじめとした評判も見つけやすくなっています。

実際に利用している人たちの意見を聞くことで自分に向いているかどうかも判断しやすくなるはずです。

Craudiaの良い評判

Craudiaの良い評判としては、やはり先述した手数料が低めに設定されている点が口コミでもよく見られます。

「やっぱり手数料が低いのは魅力です。それだけで得をした気分になりますから」など。

それから軽作業系として紹介した簡単な仕事が多いこともあって、案件に参加しやすい点も良い評判として見つけることができます。

「わたしのように特別なスキルやキャリアがない人は大手だとなかなか案件を見つけられないのですが、Craudiaなら仕事を見つけやすいです」など。

仕事を見つけられないことには実績を重ねていくこともできませんから、経験が浅い人にとっては大きなメリットにもなるのでしょう。

先ほど挙げた難易度設定への良い口コミも見られます。

「最初のうちは難易度の低い案件を優先的にやっていたのですが、だんだん自信を持てるようになってきたので高めの案件もやるようになっています。次の難易度を目指しながら働けるというのも面白いと思います」。

「スキルに自信がないのであらかじめ難易度でチェックできるのはとてもありがたいです。どうしても応募する時には「自分にできる案件だろうか」

と不安になってしまうのですが、Craudiaではそんなこともなく気軽に応募することができます」など。

Craudiaの悪い評判

一方悪い評判では「よくも悪くも普通のサービス」という声が聞かれます。

難易度設定やWEB関連に強いといった特徴は見られるものの、全般的なサービスを見ると突出した個性はないと考えている人も多いようです。

難易度設定を必要としない人やWEB関連の案件をしない人にとってはとくに、「普通のサービス」に感じられるようです。

口コミでも「とくに文句はありません。日頃からよく利用していますが、「この点がよいからこのサービスを使っている」といった強みはないような気がします」。

「良くも悪くもクラウドソーシングサービスの選択肢の一つって感じです。他のサービスと併用が基本ですね」といった声が聞かれます。

Sponsored Search

Craudiaのメリット・デメリット

Craudia 評判 手数料 口コミ

実際に利用していく上でメリット・デメリットが気になるケースも出てきます。

クラウドソーシングの場合は使いやすいかどうか、案件を受注しやすいかどうかなど、細かい部分でのチェックも欠かせないでしょう。

Craudiaのメリット

メリットとしては、案件が終了した段階でクライアントから5段階で評価される制度が導入されている点が挙げられます。

あまりよい評価を得られないとかえってデメリットになってしまう面もあるわけですが、着実に案件をこなして評価と信頼を獲得していくことで、プロジェクト案件をはじめさまざまな仕事をコンスタントにもらえるようになります。

この制度でどれだけ高い評価を得ることができるかが、このサービスで収入を得ていく上での大きなポイントともなるでしょう。

安心して利用するためのセキュリティ環境が充実しているのも見逃せないメリットです。

個人情報の漏洩防止をはじめ、安心して取引を行うためにはセキュリティ環境の整備は欠かせない部分です。

CraudiaはWEBサイトの制作などサービスを展開している会社が運営していることもあって、その点がとても充実しており、高い信頼性のもとで安心して利用できる環境と言えます。

セキュリティ環境と並んで、取引時のトラブルを避けるための対策が用意されているかどうかも大事な部分です。

発注者と受注者が直接顔を合わせることなく取引を行うパターンが圧倒的に多いクラウドソーシングでは、報酬の未払いや音信不通といったトラブルが起こりがちです。

ほとんどのクラウドソーシングサービスでは、このトラブルを防ぐために発注者があらかじめ報酬をサービス会社に支払っておく仮払い方式を導入しています。

Craudiaも同様で、無事案件が完了した段階で運営元が発注者から預かっていた報酬を受注者に支払う形をとっています。

ですから契約が成立した後に発注者が音信不通になるといったトラブルを心配する必要はないわけです。

Craudiaのみの独自のメリットではありませんが、重要な部分なので挙げておくべきでしょう。

他のクラウドソーシングサービスに比べてクロージング案件の紹介が来るのが早い点も特徴です。

自分で探すだけでなく、紹介された案件もチェックしたうえで応募することができるわけです。

自分でチェックするだけではどうしても目に入らずに漏れてしまう案件も出てきますから、これをうまく活用することでよりチャンスを逃さずに仕事を見つけやすくなるでしょう。

なお、報酬は月末締めで翌月の20日に銀行振込される形をとっています。

その段階で手数料が差し引かれるわけですが、銀行の振込手数料として一律300円が設定されています。

クラウドソーシングサービスの中にはより高額の振込手数料が発生することもあるので、かなり良心的といえるでしょう。

ただ楽天銀行のように振込手数料が無料で換金できるサービスもあるので、手放しでメリットとは言えない面もあります。

もうひとつ、メリットとして「競争が激しくない」点があります。

良い評判のところでも案件を受注しやすいという口コミを紹介しましたが、他のクラウドソーシングサービスと比べて競争は緩やかな環境になっており、ひとつの応募に対して多くの人が応募して競争が繰り広げられるといった状況が少ないのです。

これは、大手に比べると知名度が劣るからこそのメリットと言えるでしょう。

大手のサービスでなかなか受注できずに仕事を得られない状況を続けるくらいなら、Craudiaで確実に仕事を確保して堅実に稼いでいく方がよいとも言えるわけです。

Craudiaのデメリット

デメリットとして挙げられるのは、ジャンルや時期によっては案件そのものを見つけにくい事がある点です。

登録者は着実に増えている一方で案件数は横ばい、または減少傾向にあると言われています。

ライティングやWEB系、軽作業系の案件は比較的コンスタントに見つけられるものの、それ以外のジャンルではなかなか見つからないこともあるようです。

ですから、利用する人によっては案件そのものがなかなか見つからずに仕事ができない状況に陥ってしまう可能性もあります。

ただ案件そのものは比較的条件がよいものが多く、上々の評価を得ています。

ですから、よい案件をタイミングよく見つけることができるか、このサービスでよく掲載される案件に向いているかどうかで評価がかなり変わってきそうです。

一方で、発注者と受注者との間でミスマッチが生じている傾向もデメリットとしてしばしば指摘されます。

一部のジャンルでは案件がなかなか見つからない一方で、別のジャンルでは案件があるにも関わらず応募者がつかない状況も見られるのです。

これは登録者がまだ少ないのも利用なのでしょうが、少々マニアックな分野の案件の場合、それほど悪くない条件にもかかわらず応募者が現れないことも珍しくありません。

デメリットというより悪い評判の方で取り上げるべきなのかもしれませんが、すでに募集が終了した案件も引き続き掲載されることが多く、少々見づらい面も見られます。

せっかく規模がそれほど多くないので、膨大な情報から選り分ける手間をかけずに済むのが魅力になっているのに終了した案件が紛れ込んでいるため、情報の選り分けが面倒で見づらい問題点も出てくるのです。

またすでに募集が終了した案件の中に自分にピッタリなもの、またはとてもよい条件の案件が見つかった場合にはかなり精神的なショックを受けてしまう面もあります。

気にならない人はならないのかもしれませんが、思うように仕事を見つけられない時にこうした経験をするとやる気が低下してしまいかねないでしょう。

Sponsored Search

Craudiaにはこんな人がおすすめ

Craudia 評判 手数料 口コミ

こうした特徴やメリット・デメリットから、Craudiaが向いている人は2つのタイプにはっきり分けられるでしょう。まず簡単な仕事で気軽に働きたい人。

案件に参加しやすく競争もあまり激しくないので、コンスタントに仕事を獲得して収入を得る機会を得られます。

この点では初心者・未経験者に向いているサービスと評価できるかもしれません。

もうひとつのタイプは、プロジェクト案件をどんどん獲得して高収入を得たい人。

クライアントの信頼を獲得するために実績を着実に重ねていく必要がありますが、うまく獲得することができれば良い案件を継続的に獲得しながら収入を得ていくことができるでしょう。

とくにWEB関連の分野で活躍したい人に向いています。

Sponsored Search

Craudiaの登録方法

Craudia 評判 手数料 口コミ

Craudiaの登録は無料でできます。とくに難しい面もないので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

登録方法

公式サイトにある「まずは無料登録」のボタンをクリックします。

すると登録ページに飛ぶのでメールアドレスを入力しましょう。なお、Facebook、Google、YaHoo,Widows liveの外部アカウントでログインすることも可能です。

メールアドレスを入力して「認証メールを送る」ボタンをクリックすると、入力したメールアドレスにメールが送られてきますから、そこに記載されているURLへアクセスしましょう。

そこで新規アカウント作成の画面になり、パスワードと画面認証を行います。

すると次にプロフィール登録の画面に映るので、必要事項を入力していきます。

「おもな利用方法」「区分(個人か法人か)」、名前、表示名、性別、生年月日が必須入力事項になっています。表示名は後で変更することができないので注意しましょう。

そして最後のプロフィール画像や得意分野のカテゴリー、自己紹介、一週間の作業時間といった自己アピールの画面に移るので、できるだけ発注者が安心して仕事を発注できるような内容を記入しましょう。

これを記入して「会員登録する」のボタンをクリックすると、最終的に登録が完了します。

受注しやすくするための施策

受注しやすくするためには、これまで挙げてきたポイントを上手く実践していくことが大事です。

まずプロフィール画面をできるだけ充実させましょう。

プロフィール画像については本人写真が必須というわけではありませんが、なにもないよりはあった方が自己アピールとして役立ちます。

こうしたクラウドソーシングにおける取引では「得体の知れない相手」と契約することに警戒心がどうしても生じるものですから、プロフィールの段階で自分がどんな人間が、人となりや得意分野などをアピールできるような内容にしておきたいところです。

こうした人となりがわかりやすいプロフィールをもっている人と、そうでない人では、応募で選考になったときに明らかに前者のほうが有利になります。

週の作業時間や得意分野をできるだけ明確にアピールするのもポイントです。

要は「自分はあなたにとってこれだけ使える人間なんです」とアピールするわけです。

発注する側としては、自分たちにとって都合の良い形で作業をしてくれる人、早く仕上げてくれる人を歓迎するわけですから、どれだけ作業ができるかわからない人よりもプロフィールである程度推測できる人のほうが優遇されます。

あとは実績を重ねて評価を高めていくこと。

クライアントとの信頼関係を獲得していくことでプロジェクト案件が増え、コンスタントに仕事ができる環境を手に入れることができます。

クラウドソーシングの場合、空いている時間、暇な時に仕事ができるのも魅力ですが、自分の都合だけで働く姿勢だとなかなかクライアントと信頼関係を築いて継続的に案件を獲得していく環境は得られません。

可能な範囲でかまわないので仕事に費やせる時間を確保し、クライアントの都合に合わせて作業できる環境づくりもほしいところです。

Sponsored Search

まとめ:Craudiaの評判とメリット/デメリット

Craudia 評判 手数料 口コミ

大手に比べると知名度の面で劣る分、競争が少なく案件に参加しやすい。

これがCraudiaの最大の特徴・メリットとなるでしょう。

評判でもこの点へのプラス評価が多いだけにとにかく仕事がしたい、他のクラウドソーシングサービスではなかなか仕事が見つからずに悩んでいるという人に適していると言えそうです。

一方で案件が多いジャンルが偏る傾向も見られるので、あくまで自分ができる案件が多く揃えられているかどうかを確認した上での利用が求められそうです。

基本的には他のクラウドソーシングと併用しながら有効活用していくことになりそうです。

単価はそれほど高くないけれども簡単にできる仕事はCruadia1で、高単価の案件は他のサービスで探すといった使い分けも有効でしょう。

アンケートやレビューなど簡単にできる仕事を見つけやすい点はメリットですが、こうした仕事ばかりだとスキルアップやキャリアアップができず、いつまで経っても高単価の仕事ができない面もあるので、他のサービスも利用してスキルも磨きつつブロジェクト案件を獲得できるような環境を目指していくのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA