MENU

Profile

はちパパ

優しい妻とかわいい3人の子どもに囲まれて暮らしています。日々、学習している内容を配して行きます!!

お問い合わせ

    【2020年】ココナラの評判って実際どうなの?手数料や口コミを徹底調査

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料  

    ⏳読み終える目安: 14 分

    後輩くん
    後輩くん

    ココナラってよく「自分のスキルを売ることができる」って言いますけど、よく考えたらすごい話ですよね。「わたしの知識を買ってくださいってことでしょう?

    ゆっくりパパ
    ゆっくりパパ

    そう、そんなのがビジネスになるのかって思う人がいてもおかしくないよね。まさにインターネット時代、テレワーク時代ならではのサービスだよね。

    後輩くん
    後輩くん

    わたしはこんなことができます、だからそのスキルを買ってくださいってことですよね?本当にそんな方法で収入が得られるんですか?

    ゆっくりパパ
    ゆっくりパパ

    要するにお金にになるスキルや知識を持っているか、それを相応しい価値で売ることができるかってことになるわけだけど、そんな売り手と書いての橋渡しをするという意味でとても面白いサービスだと思うよ。

    この記事でわかること

    ・ココナラの基本情報

    ・ココナラのサービスの基本的なしくみ

    ・ココナラのメリット・デメリット

    ・ココナラに向いている人

    ココナラの基本情報

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    ●知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

    ココナラはインターネットで仕事を探すための機会を提供しているサービスのひとつです。

    テレワークやクラウドソーシングへの注目が集まっていることで類似のサービスが増えていますが、このココナラはその中でもとくにユニークな方法を採用していることで有名です。

    インターネット上で仕事を探すサービスの場合、通常は仕事の案件が掲載され、その仕事をしたい人が応募し、双方が合意した段階で契約が成立する形をとっています。

    ごく当たり前なのでわざわざ説明されるまでもないと思う人も多いでしょう。

    しかしココナラはそうした一般的な形とは異なる制度を導入しています。

    仕事をしたい人が自分なスキル・知識を「出品」して仕事を探す制度を導入しているのです。

    例えば「似顔絵を描くのが得意です」「WEBのデザインの分野で豊富な実績を持っています」などと特技をアピールしたうえで売値を設定し、その知識・スキル・経験で仕事をしてもらいたいと思った人が仕事を提案することになります。

    基本的なしくみはネットオークションやフリーマーケットに近いと言えるかも知れません。

    ココナラには自分を出品している人が多数おり、「落札者」との間で交渉が行われています。

    こうした仕組みなので通常の求人サイトに比べて最初の段階では具体的な仕事の内容や条件が掲載されていないことが多く、交渉を行った上で契約を結ぶ形をとっています。

    「わたしは似顔絵が得意です」というスキルを具体的にどのような仕事に対してどの程度の報酬で売るのかを話し合って決めていくわけです。

     クラウドソーシングという働き方について

    こうしたココナラのようなサービスが登場し利用者が増えている背景にはクラウドソーシングという働き方そのものに注目が集まっている背景があります。

    クラウドソーシングの「クラウド(CROWD)」とは「群衆、群れ」といった意味の言葉で、広い範囲から人材を募集し、仕事を依頼するシステムのことを言います。

    もともとビジネスの分野では外注、つまりアウトソーシングが重要なテーマとなっていました。

    ビジネスの多様化や専門家、グローバル化が進んだことでひとつの企業ですべての業務をこなすのが困難になり、自分たちではできない範囲をいかにうまくアウトソーシングでカバーできるかが業務をスムーズにすすめていく上での重要なポイントとなっているのです。

    この点は人件費を抑える意味でも大きな意味を持っています。

    そんなアウトソーシングはもともと企業同士の契約のもとで行われるのが一般的だったのですが、より広い範囲から知識・スキルを求めて契約するケースも増えています。

    デザイナーやプログラマーなど個人レベルでの仕事が多い業務の場合、その方が柔軟に仕事を依頼できる面もあるからです。

    働く側からすれば個人がいろいろな企業・団体から仕事をもらえる機会が増えていることを意味しています。

    フリーランスとして生計を立てる機会にも恵まれるだけでなく、いろいろな現場でいろいろな経験を積んでいくことでよりスキル・知識に磨きをかけていき、自分の価値を高める機会にも恵まれます。

    さらにクラウドソーシングをうまく活用すればフルタイムで働かなくても一定の収入を確保できる環境を手に入れる機会にも恵まれます。

    家庭や健康上の理由でどうしてもフルタイムで働くのが難しい人も自分の時間の都合に合わせて働くことができる、しかも自分の専門的なスキルを活かした仕事で収入を得て、知識・スキルを磨いていくことさえできる。

    クラウドソーシングという働き方は働く側・雇う側双方にとってメリットの大きいシステムとなっているのです。

    しかもいろいろな業種で幅広いスキルが求められるようになっています。

    今やプログラマーやWebデザイナーの仕事はIT業界だけに留まらず広い範囲で需要を得ています。

    そのためココナラのような「スキル・知識を売る」という仕組みでいろいろな業種からアプローチを貰える機会も得られます。

    これがココナラのようなサービスが成立する大きな理由のひとつでしょう。

     ココナラにはどんな仕事や案件があるの?

    「自分のスキルや知識を出品すると言われても何を、どんな風に売ればいいのかわからない」と思う人がほとんどではないでしょうか?

    当然ニーズの高いスキル・知識の方が仕事を獲得しやすくなるわけですが、ココナラではじつにさまざまな分野で仕事・案件が成立しています。

    もっとも多いのはやはりWEB関連、WEBサイトの制作やデザイン、動画や写真の撮影・編集、WEBマーケティングなどの分野です。

    それからイラスト制作や音楽といったクリエイティブ系の仕事も安定した需要を確保しています。

    ほかにも専門的なものやユニークなものもあります。

    例えばお悩み相談やカウンセリング、ビジネス関連のコンサルティング、行政書士や税理士などの士業がその知識を出品していることもあります。

    さらに占い、翻訳・語学、美容や学習、資格取得などのアドバイスなども見られます。

    これだけ広い範囲の分野の仕事・案件があることからもスキル・知識を出品するココナラのシステムが多くの人達のニーズに応えている証拠とも言えるのではないでしょうか。

     ココナラの手数料について

    こうしたサービスで気になるのが手数料です。

    登録・出品には費用はかかりませんが、実際に仕事が成立した段階で手数料が発生します。

    ココナラでは「仮手数料」というシステムを導入しており、取引が成立した段階で25パーセントの手数料が報酬額から差し引かれます。

    そのうえで報酬額に応じた実際の手数料が計算され、差額が生じた場合にはその分が返金される仕組みです。

    具体的な手数料は1〜5万円以下では25パーセント、5万円超〜10万円以下では20パーセント、10万円超〜50万円以下では15パーセント、50万円超では10パーセントです。さらにこの手数料の額に消費税10%分が発生します。

    ちょっと高い、と感じる方も多いのではないでしょうか?この点がココナラを評価するうえでのポイントにもなるでしょう。

    ココナラの評判

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    「自分のスキルを売るって言われても不安」「本当にこのやり方で収入が得られるの?」と疑問に感じる方も多いはず。

    実際に利用者からどんな評判を得ているのか、事前にチェックしてみるのがおすすめです。

     ココナラの良い評判

    口コミなどでよい評判としてよく上げられるのがやっはり「売れるスキルが多い」ことです。

    「こんなスキルがお金になるなんて思わなかった!」など、思わぬスキルで収入を得られる機会が得られる点が高く評価されています。

    またその点とも関わってくる部分ですが、自分に自身を持つことができたという評判も聞かれます。

    何の価値もない、誰も評価してくれないと思い込んでした知識やスキルが高く評価され、しかもお金になる。

    自分には価値がある、稼げるスキルを持っていると自信を持つきっかけを得ることもできるわけです。

    なかなか自分で仕事を見つけるのが難しいスキル・知識で収入を得る機会ができる点も良い評判として見かけます。

    例えばカウンセリングやコンサルティング、占いなどは個人レベルで仕事を続けるのはなかなか難しいものです。

    求人サイトで個人を対象にしたこの手の案件はそう簡単に見つかるものではありませんし、家庭の事情などで事務所や会社に勤務するのは難しいという人はなかなかスキル・知識を活かす機会も得られないものです。

    しかしココナラならこうしたスキル・知識を求めている人と直接交渉することで仕事を得る機会も恵まれます。

    「せっかくの経験を眠らせずに活かし続けられるのが嬉しい」といった口コミ評価も見られるのです。

    利用者の評判をチェックできるシステムが用意されていることも良い評判としてしばしば見かけます。

    このサービスの問題点は「似顔絵をうまく描けます」と出品している人に対して安心して仕事を依頼することができるか、または出品している側が依頼が来た時に安心して仕事を受注することができるか。

    この問題を解消するためにココナラでは評判・評価システム、さらにランクアップ制度を導入しています。

    経験を積んで評判を高めていけば行くほど仕事を受けやすくなり、単価も高くなっていく、そんな好循環をもたらすことだってできるのです。

     ココナラの悪い評判

    一方ココナラの悪い評判としては、やはりこの手のサービスでは必ず出てくる「全然稼げない」点です。

    とくにココナラの場合、スキル・知識を売るわけですから、アピールできるスキルがないとなかなか仕事を獲得できず、したがって収入を得る機会も少なくなります。

    例えば「1000文字程度の記事をうまくライティングできます」よりも「WEBデザイナーとしてのスキルを持ち、さまざまなグラフィックソフトで制作ができます」の出品者の方が多くの仕事を獲得できるのは容易に想像がつくというものです。

    ですからかなり専門的なスキルや豊富な経験がないとなかなか思うように仕事を獲得できない、収入を得ることができない面もあるのです。

    さらに利用者が増え、すでに登録者は100万人を超えている状態のため、ライバルが増えている面もあります。

    あまり専門的なスキル・知識ではない出品者ほどライバルが多く、仕事を獲得するのが難しくなっている傾向も見られ、「全然稼げない」「時間ばっかりかかって収入を得られなかったのでやめた」といった口コミ評価も出てきています。

    この点はその人の得意分野やスキル・知識のレベルによって評価が分かれてくる部分でしょう。

    Sponsored Search

    ココナラのメリット・デメリット

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    こうした評価とも深く関わってくるのがサービス・システム上のメリット・デメリットです。

    使いやすいか、仕事を獲得しやすいか、安心して取引ができるような環境かどうか。

    これからココナラをはじめてみようと思っている人にとっては重要な部分になるはずです。

     ラココナラのメリット

    メリットとして挙げられるのはやはり「自分のペースで仕事を続けていける点」です。

    テレワーク・在宅ワークを希望している人はもちろん、フリーランスで生計を立てようと思っている人にとってもこの点が最大のメリットになるでしょう。

    例えばエンジニアやデザイナーとして活躍していた人が家庭の事情などで退職した場合、ココナラで出品することでキャリアを中断せずに続けることができます。

    職場を退社してフリーランスとして自立を目指す人も少しずつ仕事を獲得しながら土台作りを行っていく機会にも恵まれるのです。

    失業中で思うように仕事が見つからない人もこれまで築き上げてきたスキル・知識を活用して収入を獲得し続けることもできます。

    こうした自由度の高さこそ、ココナラの最大の魅力でしょう。

    しかも自分の都合に合わせて出品できる点も魅力です。

    通常の求人サイトの場合、雇う側があらかじめ決めておいた条件をよく見極めたうえで応募するかどうかを決める必要があります。

    それに対してココナラでは自分で自分の価格を決め、条件なども決めたうえで出品できるのです。

    もちろんあまり厳しく決めすぎると依頼そのものが来なくなってしまいますが、自分を適切な価値で売ることができる、望まない環境での就業を避けることができるといった点で大きなメリットになるでしょう。

    なお販売価格は500円から、上限はジャンルによって異なり、制作・ビジネス系では100万円までとなっています。

    先ほども少し触れましたが、ココナラでは独自のランク制度を導入しており、キャリアを重ねるにつれてランクと同時に評判を高めていくことができます。

    有料販売件数を1件でも獲得すると「レギュラー」のランクに認定され、以後獲得件数や直近三ヶ月間の納品完了率などの基準に合わせて「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」へとランクアップしていきます。

    これを励みに続けていけば信頼を獲得してより多くの仕事・案件を獲得しやすくなっていきますし、当然単価もアップしていくことになります。

    ココナラのデメリット

    デメリットとしては悪い評判のところで挙げた「なかなか稼げない」点を除くと「交渉が面倒」という点が挙げられます。

    これはメリットと背中合わせの部分もあるのですが、あらかじめ条件が定められた案件に応募して採用、という形ではないため、出品したスキル・知識に興味がある人からアプローチが来て、その後そのクライアントとの間で具体的な仕事内容や報酬額についての交渉を行っていくことになります。

    そのため、アプローチが来てから実際に契約が成立し仕事をはじめるまでにある程度の時間がかかります。

    コンスタントに仕事をおこない継続的に収入を得られる環境を手に入れるためにはクライアントからの仕事を行いつつ、別のクライアントと交渉を行うといった同時進行の作業が必要になってきます。

    またココナラのサービスの特徴ゆえ、他のクラウドソーシング系のサービスに比べると個人同士の取引関係が多い傾向が見られます。

    企業との交渉に比べて個人間の場合どうしても時間がかかってしまったり、ビジネスに徹した交渉がしにくいといった面からなかなか思うようにまとまらない面もあるのです。

    これは副業の手段としてココナラを利用している人にとっては大きなデメリットになるでしょう。

    本業の合間、あるいは家事・育児の合間を縫ってココナラを利用する場合、仕事と交渉を同時進行していく時間がなかなか確保しづらく、結局飛び飛びの形でしか仕事ができない、安定した収入を得られない環境になってしまうのです。

    ある仕事を3日かけて完了させた後に別の仕事の交渉を3日かけて行う……仕事よりもこちらの方に時間がかかってしまう面も出てくるのです。

    あとは、出品者とクライアントと間でスキル・知識に対する認識のギャップが生じやすいのもココナラのデメリットとして挙げられるでしょう。

    出品している知識が資格や実際の内容物などの形で証明できればよいのですが、そうでない場合、出品者が自分のスキルを少々過大評価しているケースも見られます。

    逆にクライアントの側が出品者のスキル・知識を正確に把握せずにアプローチしてくるケースもあるでしょう。

    その結果いざ交渉をはじめた段階で「それはわたしが得意とする分野ではない」「この人は本人が言っているようなスキルを持っていないじゃないか」といった食い違いが生じる可能性も出てきます。

    また、最初から悪意を持って出品、または購入する人も少なからずいます。

    とくにビジネス関連では「お金を稼ぐポイントを教えます」などと言って高額の情報商材を買わせるなどの手口が見られます。

    さらに購入者の側も仕事をさせるだけさせたうえであれこれと言いがかりをつけて案件そのものをキャンセル扱いにするなどの手口が見られます。

    ココナラでもこうした事態が起こらないよういろいろと対策を行っているようですが、完全に排除するのは難しいようです。

    それからもうひとつ、知っておきたいデメリットが電話サポートが用意されていない点です。

    万一トラブルを抱えてしまった場合、直接電話して対応してもらえる環境がないのはちょっと不安が残るものです。

    ただ、メールサポートは用意されているのでまったく対応してくれないというわけではありません。

    ココナラにはこんな人がおすすめ

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    こうした良い・悪い評判やメリット・デメリットを見た上で考えるとまず「需要の高い専門的なスキルを持っている人」におすすめなサービスだと言えるでしょう。

    具体的に言えばやはりWEB・IT関連のスキルです。

    ついでなかなかお金にしづらい、求人の案件では見つけにくいスキル、占いや似顔絵制作、人生相談なども実際にコンスタントに稼げるかどうかは別として、収入を得る機会が得られるのでおすすめです。

    一方ライティングやデータ入力などそれほど専門性が求められない仕事を求めている人にはあまり向いていないかもしれません。

    Sponsored Search

    ココナラの登録方法

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    ココナラを利用するためにはまず会員登録を行う必要があります。

    それほど難しい点はありませんが、手続きの途中で戸惑ったりすることがないようあらかじめ確認しておきましょう。

    登録方法

    登録するにはまずココナラの公式サイトにアクセスし、新規入会手続きの手続きへと入ります。

    最初にメールアドレス登録が求められるのでメインで使用するメールアドレスを入力しましょう。

    なお、Facebookのアカウント、Yahoo!IDでも登録することができます。

    そのうえで正規の新規会員登録に入ります。メールアドレスに加えてユーザー名、パスワード、生年月日、性別を入力していくことになります。

    ユーザー名は3文字以上20文字以内、記号は使用できません。もしすでに他の人が同じ名前を登録している場合には当然使えませんから、別の名前にしなければなりません。

    もし使いたかったお気に入りの名前が使われてしまっていた場合には少し時間を置いて改めて考え直した方がよいかもしれません。

    もうひとつ重要なポイントとなるのがプロフィール画像をアップロードできる点です。

    必須ではなく任意ですが、仕事・案件を獲得したいなら自分の写真をアップロードしておいた方が有利です。

    これらの基本情報を掲載すると仮登録が完了し、登録したメールアドレスに認証用のURLの情報が送られてきます。

    そのメールアドレスからURLをクリックして本登録を行う形になります。

    このメールは一定時間が経過すると無効になり改めて仮登録をし直さなければならなくなるのでできるだけ早くクリックしましょう。

    ここまで来たら無事登録が完了、出品ができるようになります。

    受注しやすくするための施策

    仕事・案件を受注しやすくするためにはどうするか、まずプロフィールを充実させましょう。

    先述したプロフィール画像で自分の写真なりイラストなり見た人が「こんな感じの人なのか」とイメージしやすいような画像を用意しておくとアプローチが来やすくなるでしょう。

    それからランクアップ制度を積極的に採用すること、そのためにはとにかくコツコツと仕事をこなし実績を重ねていくことが大事です。

    もちろん自分を安売りする必要はありませんが、最初のうちはあまり選り好みせずにいろいろな仕事を受けてみるとよいでしょう。

    そうすることで自分の守備範囲を広げたり、思わぬ適正や楽しみを見つける機会も得られるかもしれません。

    そして繰り返しになりますができるだけニーズの高いスキルを売るようにすること、そして出品する際には興味を引くようなアピールをすること。

    「この人はこんなことができるんだ、じゃあちょっと頼んでみようかな」と思わせるような出品をしてみましょう。

    タイトルやキャッチコピーを魅力的にするだけでも随分と差が出てくるものです。

    その一方で出品するスキル・知識や提供できるサービスの内容はできるだけ詳しく書くことも重要です。

    キャッチコピーは魅力的だけど肝心のスキル・知識の内容は漠然としてよくわからない、では見た人はかえって不安になってアプローチするのをためらってしまう可能性もあります。

    キャッチーなタイトルで目を引きつけたうえで具体的なサービス内容で納得させる、二段構えのアピールが必要なわけです。

    とくにライバルが多いスキル・知識の場合は他との差別化を行っていく上でも重要な部分となるでしょう。

    まとめ:ココナラの評判とメリット/デメリット

    ココナラ 口コミ 評判 デリット デメリット 手数料

    ●知識・スキルの販売サイト【ココナラ】



    このようにココナラはクラウドソーシング系のサービスの中ではかなりユニークな立ち位置にあり、どのように利用するかによって良し悪しの評価がかなり異なってきます。

    評判に関しても賛否両論が見られます。

    ですから自分で自分の価値を決められ、やりたい仕事を都合に合わせてやることができるというメリットと、交渉が煩雑、専門的なスキルがないとなかなか稼げないといったデメリットのバランスを上手くとりながら続けられるかが評価を決める重要な部分となるでしょう。

    得意に分野を仕事にすることでスキル・キャリアアップに役立てることもできる、しかもどんどんスキルを伸ばすことで単価もアップしていく、そんな可能性も秘めた良いサービスなのは間違いありせん。

    そんなよい環境をうまく手に入れることができるような使い方をしたいものです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    Instagram
    Twitter
    SHARE