MENU

Profile

はちパパ

優しい妻とかわいい3人の子どもに囲まれて暮らしています。日々、学習している内容を配して行きます!!

お問い合わせ

    【記事の作り方も解説】ブログの構成案をつくる手順6つと注意点3つ

    ブログ 構成 手順 注意点

    ⏳読み終える目安: 8 分

    後輩くん
    後輩くん

    ブログを書いて副業につながればいいな、と思っているのですが、どうも文章を書くのが得意ではないようで、思ったように記事ができません。

    ゆっくりパパ
    ゆっくりパパ

    それはブログを始める人にとって悩ましい問題ですね。

    普段話している会話と文章を書くというのは全く別問題なので、できると思ってブログを始めたものの、文章執筆に苦労する人というのは結構多いものですよ。

    後輩くん
    後輩くん

    やっぱりそうですか。

    でも、頑張ってブログを続けていきたいと思っているので、記事の作り方のコツなどあれば知りたいなと思っています。

    ゆっくりパパ
    ゆっくりパパ

    記事そのものを書く前に、どんなブログにするかという構成案を考えることがとても大事なポイントなのです。

    そこを押さえれば、記事の内容も変わってきますよ。

    後輩くん
    後輩くん

    構成案ですか。

    どのように作ったらいいのでしょう?

    ゆっくりパパ
    ゆっくりパパ

    基本的な考え方はそれほど難しくなく、ポイントを押さえればすぐにできますよ。

    どんな点に注意したらいいか、チェックしてみましょう。

    ブログサイトの質を決めるのは、やはりその記事の内容です。

    読む人にとって、情報が豊かでタメになったと思えるような記事にしていく必要があります。

    そこで必要になってくるのが、構成案をしっかりと考えるということです。

    これをするだけで、初心者であっても質がぐんとアップします。

    この記事で分かること

    ・ブログ記事制作に入る前に考えるべきこと

    ・ブログ構成案の作り方

    ・ブログ構成案を作る際の注意点

    ブログ記事の作り方の基本

    ブログ 構成 手順 注意点

    まずは、そもそもブログ記事を書いていくに当たって、どんなことを注意して行っていったら良いのかを確認しましょう。

    記事を執筆する前の段階におけるプランニングが大事ということがポイントとなります。

    ブログサイトそのもののコンセプトとテーマを決める

    まず、ブログサイト全体のコンセプトを決めます。

    それに沿って、ジャンルもしくはカテゴリーテーマを決めて、そのジャンルの中でシリーズとなる記事の内容を決めていくのです。

    こうすることで、効率よく記事を制作できますし、一貫したテーマとなり、情報豊かなサイトにできます。

    そして、記事それぞれについても構成案を考え、それに基づいて執筆をしていきます。

    ブログ ジャンル テーマ 選び【絶対読むべき】ブログはジャンル選びが10割!失敗しないテーマ選び

    ライティングについての方針を定める

    ライティングを実際にする前に、記事の流れや構成を決めていきます。

    基本的な作り方としては、記事全体を貫く主題となるタイトル、記事の概観を示すディスクリプション、そして、記事の流れを作る見出しがあります。

    記事は通常、出だしの文章として導入文もしくはリード文がありますので、それを書いてから本文に入っていくことになります。

    【ブログの基本】リード文の書き方を3つの手順で説明

    読者についての分析をする

    構成案を決めていくに当たっては、紹介したい内容だけでなく、読者のことを第一に考える作り方が大事です。

    その記事を誰に宛てて書くのか、というメインターゲットを定めましょう。

    その上で、読者が何を求めているかをイメージします。

    読み手が抱えているであろう問題や疑問、悩みなどを分析し、それを解決するための手段として、記事の内容を検討していきます。

    ブログ 記事 作成 テンプレートスムーズにブログ記事を書く作成テンプレート【読者視点】

    ブログ構成案を定める際の流れ

    ブログ 構成 手順 注意点

    大まかなブログ構成案についての指針を理解できたら、今度は具体的にどのような作り方で構成案を出していくかをチェックしてみましょう。

    一つ一つのプロセスを順に追うことで、効率よく制作作業を進められるようになります。

    キーワードの選定

    ブログで何について書きたいかが決まっている場合、そのアイディアだけでなく、具体的なキーワードを一単語で選びます。

    キーワードを明確にして強調することで、考えが一つに絞られ、まとまりのある文章となります。

    そして、SEO対策としても、キーワードが浮き出て、効果が高くなります。

    メインキーワードを選定したら、それに関連するサブワードを決めます。

    サブワードは1つから3つくらいが普通です。

    メインキーワードを説明するような単語となり、全体を通してサブワードを入れてもいいですし、見出しごとに分けて強調しても構いません。

    初心者 SEO キーワード 選定 ポイント【初心者必見】SEOキーワード選定の方法4STEP【ポイント解説】 ロングテール キーワード 選び方 コツロングテールキーワードの選び方のコツを解説【SEO対策】 SEO対策 活用 検索クエリ 調べ方 キーワード 違い【SEO対策に活用】検索クエリの調べ方-キーワードとの違い-

    ターゲティング

    誰に向けて記事を書くのか、誰に読んでもらいたいのかというターゲティングを行います。

    これをペルソナ設定と呼ぶこともあります。

    ここで決めたい設定としては、年代や性別、職業や好み、取り上げるテーマについての知識度などがあります。

    これにより、どんな文体にするか、提供する情報の深さをどのあたりにするかを決められるようになります。

    【基本】ブログのペルソナ設定方法【詳細設定いらない】

    読者の悩みと問題を分析

    ターゲットが明確になったら、取り上げるテーマについて、読者がどんな考えを持っているかをイメージします。

    特に、どんな問題や課題を抱えているかということに注目します。

    多くの場合は、読者自身が気づいていて何とか解決しようと努めているケースが多いです。

    しかし、中には読者自身も気づいていない問題が生じていることもあります。

    このどちらのニーズも検討して、一般的な問題と潜在的なニーズを掘り起こせるようにします。

    これがうまくできると、ユーザーを惹きつけることができるようになります。

    ブログ 記事 作成 テンプレートスムーズにブログ記事を書く作成テンプレート【読者視点】

    記事の大枠を作る

    今までの作業で、ある程度記事の方向性ができているはずです。

    今度はその流れに沿って、見出しを作っていきます。

    全体の文章量によって見出しの数は異なりますが、2つから5つくらいが一般的です。

    文章全体の構成となりますので、できるだけ起承転結を見出しで付けられるにすると良いでしょう。

    たとえば、読者が抱えている問題や一般に見られる課題についての見出しから始めます。

    その後、顕在的なニーズとして、一般的な問題解決法を提示します。

    同時に、潜在的なニーズについても取り上げたいので、異なる角度で解決策を提示します。

    その後、まとめを作り、全体を振り返ると共に、読者を行動に促します。

    実際に見出しを作る際には、見出しだけでも全体の流れがつかめるか、キーワードが入っているかを確かめます。

    ブログ 記事 作成 テンプレートスムーズにブログ記事を書く作成テンプレート【読者視点】

    導入文の制作

    導入文は読者を惹きつけるためのものです。

    そのため、読者が抱えているであろう問題を取り上げ、その解決についてのアイディア、根拠を示して関心を高めます。

    その上で、さらに詳細な点を本文で学べるということを示して、読み進めていくように誘導してきます。

    こうすることで、ある程度の記事概観と共に、読むための動機付けができるのです。

    【ブログの基本】リード文の書き方を3つの手順で説明

    タイトルとディスクリプションの制作

    タイトルは、キーワードを必ず入れて30字以内に収めます。

    タイトルだけでも記事で言いたいことが分かるようにすることも大事です。

    その上で、具体的な数字や疑問などを入れて、読んでみたいと思わせるような文章にします。

    タイトル次第でアクセス数は変わりますので、力を入れて作りましょう。

    ディスクリプションも、やはり記事の概観となります。これは100文字前後の文となりますので、タイトルよりさらに掘り下げて内容を入れていけます。

    ここでもキーワードを入れることを忘れないようにしましょう。

    CTR ブログ タイトル ポイントCTRを上げるブログのタイトルを決めるポイント7選【インプレッション数増】

    Sponsored Search

    ブログの文章制作について

    ブログ 構成 手順 注意点

    こうして構成案が決まったら、いよいよそれに基づいて文章を制作していくことになります。

    この際、それぞれのパーツに文字数を割り当てておくと書きやすいです。

    導入文は200文字くらい、それぞれの見出しごとに300文字ずつ、といった具合です。

    そして、文章の中に適度にキーワードを入れていくこと、次の見出しを意識して考えをうまくつなげられるようにすることを意識します。

    ある程度文章のテンプレートを作っておくと、スムーズに毎回執筆できて時間もセーブできます。

    ブログ構成案についての注意点

    ブログ 構成 手順 注意点

    ブログの構成案を作る際に、ついついやってしまうことがあります。

    良かれと思ってしていることが多いのですが、読者を遠ざける結果となってしまうので注意が必要です。

    独りよがりな記事にしない

    自分が良いと思う視点や考え方で記事を書いていくのはやめましょう。

    こうした記事は独りよがりな内容となり、読者が関心を失ってしまうことになります。

    そうではなく、読者の考えや気持ちを想像しながら書く、ということを意識することが大事です。

    相手が何を知りたいのか、何に困っているのかを現実的に想像することで、より質の高い記事が書けるのです。

    余計な情報は入れない

    こんな情報もあるといい、とどんどん情報を付け加えていくのは、無駄が多い記事を作る原因となってしまいます。

    すでに定めたメインキーワードとサブワードについて書き、そこから脱線するような内容は、書きたくなっても我慢します。

    もし、どうしても読者に伝えたいということであれば、そのワードを基に、別の記事を立てるようにしましょう。

    一つの記事にいろいろな情報が入っていると、読者は興味と集中力を失ってしまうからです。

    飽きさせない

    テーマによっては文章量が多くなることがあります。

    また、一つの説明についてかなり多くの文字数を割かないといけないこともあります。

    その場合は、細かく見出しや段落を作り、文章を細切れにすることが大事です。

    こうすることで、読むことに飽きるという問題を回避できます。

    ブログは量と質どちらを重視したらいいの?【読み手の視点で考える】

    Sponsored Search

    まとめ-ブログの構成案をつくる手順と注意点-

    ブログ 構成 手順 注意点

    ブログの記事を書くに当たっては、まず構成案を作ることが肝心です。

    構成案を作るためにしっかりと時間をかけて、文章執筆の流れを明確にしてから制作作業を始めましょう。

    こうすることで、より読みやすく情報が整理された、魅力的なブログを書けるようになります。

    こうしたコツを実践し、読者に喜ばれるブログを作りましょう。

    ブログで月5万円を稼ぐためのロードマップ【20ステップで解説】 ブログは不労所得として成立するか?【月5万円を目指す】
    オススメのレンタルサーバー

    エックスサーバービジネス:高速・多機能・高安定性

    ConoHa WING:国内最速の高性能レンタルサーバーサービス

    mixhostのVPS:誰でも使えるシンプルで高速なVPS

    オススメの有料WordPressテーマ

    【賢威】

    SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパック

    WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

    アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」の最新版テーマ

    THE・THOR(ザ・トール)

    集客・収益に徹底的にこだわった結果へ導く次世代テーマ

    「Diver」

    集客力と収益化の仕組みを考え込まれた洗練されたデザイン

    SANGO

    SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマで、Googleのマテリアルデザインを大部分で採用

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA