【ブログ絶対設置】プライバシーポリシーと免責事項の書き方

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

⏳読み終える目安: 12 分

後輩
後輩

ブログを始めようと思うんだけれど、何か気を付けることってあるの?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

プライバシーポリシーと免責事項のページを作成しないといけないな

この記事で分かること

・プライバシーポリシーや免責事項の必要性

・プライバシーポリシーや免責事項以外に記載すべき内容

・プライバシーポリシーや免責事項の書き方

プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

プライバシーポリシーとはそのブログで集めた個人情報をどのように利用するか明記したものです。

このように言われると「自分は必要ないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

「そもそも個人情報を集めたり利用したりしていないから」このように思っていませんか?しかしこれは大きな間違いです。

ブログ運営を始めると、例えば自分のサイトにどのくらいのアクセスがあったか解析するでしょう。

またお問い合わせフォームなどで読者とやり取りすることもあるはずです。

この場合、個人情報を取得します。アクセス解析の際には性別や年齢、住所くらいは取得可能です。

お問い合わせフォームになると、名前やメールアドレスなどから核となる個人情報を取得できます。

だからこそ、プライバシーポリシーを明記する必要があるわけです。

実際GoogleアドセンスやGoogleアナリティクスなどではプライバシーポリシーに明記する内容なども指定されています。

もし利用しようと思っているサービスがあれば、その規約はきちんと読みましょう。

ブログを作ったら、まずプライバシーポリシーが必要と思ったほうがいいです。

Sponsored Search

免責事項とは

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

免責事項もブログ開設した際には明記しておく必要があります。文字通り免責になる項目に関するものです。

トラブルを回避するために、「こういう場合には責任はとれないのであしからず」という項目になります。

特にアフィリエイトするためにブログを始めようと思っている人は、免責事項を入れるべきです。

例えば「今回紹介するテレビ、画像が鮮やかでおすすめ」とブログで書いたとします。

ところが読者から「あんたが言うから買ったけれども部屋の中に入らなかった!どうしてくれるんだ!!」とクレームの入る場合もあるでしょう。

そのような時に「こういう場合には責任はとれませんよ」とあらかじめ宣言しておくわけです。

Sponsored Search

プライバシーポリシーにはどんなことを書けばいい?

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

では具体的にプライバシーポリシーとして、どのようなことを書けばいいのでしょうか?これは利用しようと思っているサービスによって若干変わってきます。

Googleアナリティクスの場合、利用規約にプライバシーポリシーに関するルールが記載されています。

簡単にいうとGoogleアナリティクスを使っていること、データ収集にCookieを使用していること、データ収集の仕組みについて記載するということです。

Cookieという言葉になじみがないかもしれません。これはアクセスしたサイトの情報をブラウザが記憶する仕組みを指します。

Googleアドセンスの場合、Googleアナリティクスと比較するとそれほど条件はうるさくありません。

広告主はCookieを使用して広告を決めていること、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズド広告で使用されている配信事業者のCookieを無効できること、これらを記載しなければなりません。

Amazonアソシエイトを利用する場合、プライバシーポリシーの中で「このサイトはAmazonアソシエイトプログラムに参加している」旨を明記しましょう。

このように利用するツールによって、プライバシーポリシーに関するルールが若干異なります。

利用規約をしっかり読んだうえで、どのような情報を掲載しなければならないか確認しておきましょう。

Sponsored Search

お問い合わせフォームを利用する場合

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

ブログの中にお問い合わせフォームやコメント機能を取り入れたいと思っていませんか?

もしそうであれば、名前やメールアドレスを利用者に入力してもらう必要があります。

そうなるとプライバシーポリシーを記載する必要が出てきます。具体的には収集した名前やメールアドレス情報をどのような目的で使用するかです。

中にはWordPressを使ってブログを開設しようと思っている人もいるでしょう。

WordPressの場合、コンピューターに関する専門的な知識がなくても手軽に本格的なホームページを作成できるとして人気を集めています。WordPressにはコメント機能が付いています。

こちらの機能ですが、IPアドレスを記録できるようになっています。

これはスパム対策のためです。

IPアドレスそのものは個人情報ではないです。

しかしIPアドレスをたどっていけば、おおよその住所などはわかるかもしれません。

ですからどのような扱いになるのか、プライバシーポリシーで記載してあげるとていねいでしょう。

Sponsored Search

免責事項の書き方

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

免責事項もブログの中に必ず盛り込んでおきたい項目の一つです。

では具体的にどのようなことを書けばいいのでしょうか?

まずアフィリエイトで何か商品を紹介する場合、後々トラブルにならないためにも「このブログで紹介した商品の購入に関しては、自己責任でよろしくお願いします」といったコメントを書くといいでしょう。

そのほかには「100%ブログに書かれている情報が正確であると保証できない」「何らかの不利益を当サイトの情報をもとに被ったとしても責任は追わない」ということも明記しておきましょう。

間違った情報を発信したことで、読者から「これは詐欺ではないか?」と指摘されないようにするためです。

情報が正確ではないと書いたとしても、いい加減に何を書いてもいいことにはなりません。この部分は注意してください。

Sponsored Search

著作権や肖像権に関すること

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

プライバシーポリシーや免責事項のほかにも、ブログに表記するのが好ましいものがいくつかあります。

まずは著作権や肖像権に関する問題です。ネットの世界では時として、著作権が問題になることがあります。

もしかすると意図しないところで、著作権に引っかかるような情報をブログの中に盛り込んでしまっていることもあるかもしれません。

その場合には「速やかに対処する」ということを明記しましょう。逆にあなたの著作権が害されることも考えられます。

そうならないようにするために「当ブログ内の文章や画像を無断で転載しないよう」注意喚起することも重要です。

Sponsored Search

リンクについて

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

皆さんのブログの記事が良いと思われれば、読者の中には自分のブログやSNSにリンクを張りたいと思うかもしれません。

しかし何も書かれていないと、「リンクに関する記載がないとあとあと問題になるかもしれないから」とリンクを張るのを躊躇する恐れがあります。

リンクを張ってくれることで、皆さんのブログをより多くの方が見てくれるかもしれません。

これはもったいないことです。そこで「当ブログはリンクフリーです」ということを明示しましょう。

被リンクを獲得することで、検索エンジンの評価が上がり、SEO対策になるかもしれません。

ただし一方で「画像の直リンクはNGです」ということも明示しましょう。これらの情報を盛り込むと、かなりしっかりしたブログになるはずです。

プライバシーポリシーのサンプル

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

プライバシーポリシーを作成するにあたって、どのようなルールの下で制作すればいいか分かったでしょう。

しかし具体的にどのように記載すればいいか、よくわからないという人もいるかもしれません。

もし書き方がわからないようであれば、以下のサンプルを元にして制作してみるといいでしょう。

ただし上で紹介したように、利用するサービスによって記入すべき内容も少しずつ変わってきます。

利用するツールに応じて、適宜修正したうえで作成するといいでしょう。

基本はこうなります。

プライバシープリシーのサンプル

●個人情報の利用目的●
当ブログではお問い合わせフォームの利用時に名前並びにメールアドレスの個人情報を登録していただく場合があります。ただしこれら個人情報は問い合わせに対する回答や必要な情報を提供するにあたって利用するものです。それ以外の目的でみなさんの個人情報を使用することはありません。

●個人情報の第三者への開示●
当サイトは個人情報を厳重に管理しております。以下に該当する項目を除き、第三者に個人情報を開示することはありません。

・当人の了解がある場合
・法令などへの協力目的で開示が必要になった場合

●個人情報の開示・訂正・追加・削除・利用停止●
個人情報データの開示や訂正、追加、また削除や利用停止をご希望される場合には本人確認をさせていただいたうえ、速やかに対応いたします。

●アクセス解析ツールについて●
当ブログでは、「Googleアナリティクス」を利用しております。Googleアナリティクスはトラフィックデータを収集するために、Cookieを使用しております。ただしトラフィックデータを収集する際、匿名で行われているので個人が特定されるような心配はありません。ちなみにこちらの機能はCookieを無効にすることで拒否もできます。お使いのブラウザを確認してください。この規約に関して詳しくこちらに記載されています。

●広告配信について●
「サイト名」はAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。Amazonアソシエイト・プログラムとは、Amazonに宣伝やリンクすることでサイトが紹介料を獲得できるようになっているアフィリエイトプログラムです。このため、第三者がコンテンツもしくは宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集する場合があります。この時訪問者のブラウザにCookieを設定する、もしくは認識する場合もあります。

●免責事項●
当サイトに設定されているリンクやバナーをクリックして、ほかのサイトにジャンプした際、移動先のサイトで提供される情報やサービスについて当ブログでは一切の責任を負いません。また当ブログのコンテンツや情報について、できる限り正確な情報を提供できるように努めております。ただし誤った情報が入っていたり、情報そのものが古くなっていたりする可能性があります。100%確実に正確な情報とは限りませんのでご注意ください。

当ブログに掲載された内容に基づき、何かしらの損害などが発生した場合、一切の責任を負いかねます。こちらもご了承ください。

●プライバシーポリシーの変更について●
当ブログは、個人情報に関して日本の法令を遵守するとともに本ポリシーの内容について、適宜見直しを行います。そして必要に応じて改善に努めております。修正されたプライバシーポリシーについては、随時本ページにて開示されます。

このサンプルではGoogleアナリティクスとAmazonアソシエイト・プログラムを利用している場合を想定しています。もし別のツールを利用するのであれば、内容を調整してください。これくらいのボリュームがあれば、プライバシーポリシーとしては十分といえます。

著作権と肖像権のサンプル

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

無断転載がNGであること、著作権侵害が確認されれば速やかに対応するという内容を記載するといいでしょう。

サンプルとしては以下のような感じになるので、作成の際の参考にしてみてください。

著作権と肖像権のサンプル

●著作権について●
当ブログに掲載されている文章や画像の無断転載は禁止といたします。

当ブログは著作権や肖像権の侵害を目的にしておりません。ただし、もし著作権や肖像権に関する問題がありましたら、お問い合わせフォームから連絡ください。問題が確認され次第、速やかに対応いたします。

●連絡先について●
このサンプルでは問い合わせフォームになっています。しかし連絡が取れるのなら、ほかの手段でもかまいません。例えばメールアドレスやSNSのアカウントでも問題ないです。問い合わせ先が異なるのであれば、この部分は差し替えてください。

リンクのサンプル

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

リンクを貼ることは問題ないということを、プライバシーポリシーのページなどで明記しておきましょう。

この時、ブログのコンテンツを直接参照するインラインフレームの使用や画像の直リンクは禁止ということも掲載します。

著作権と肖像権のサンプル

●リンクについて●
当ブログは基本的にリンクフリーです。リンクを貼る際に当ブログへの連絡や許可は一切不要です。ただしインラインフレームの使用や画像の直リンクはお断りします。

トレンドサイトのプライバシーポリシーについて

ブログ開設しようと思っている人の中には、トレンドサイトの作成を検討している人もいるでしょう。

トレンドサイトとは、多くの人が注目している話題の人物や出来事に関する情報を掲載するサイトのことです。

ニュースサイトから情報を収集するケースが多いです。

もしトレンドサイトを開設するのであれば、記載すべきプライバシーポリシーの内容も少し変わってきます。

ひな型になるのは以下のような内容です。

トレンドサイトのサプライバシーポリシーサンプル

●広告の配信について●
当サイトは「Googleアドセンス」という第三者配信の広告サービスを利用しています。広告配信事業者はユーザーの需要に対応した広告を表示するため、Cookieを使用することもあります。

Cookieについては無効にもできます。無効設定やGoogleアドセンスに関する詳細情報は、こちらをご覧ください。

また「ブログ名」はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しております。Amazonアソシエイト・プログラムとは、Amazonを宣伝するためのリンクを貼ることでサイトが紹介料を獲得できるアフィリエイトプログラムです。

第三者がコンテンツや宣伝を提供し、訪問者から情報を収集する場合があります。さらに訪問者のブラウザにCookieを設定、並びに認識する場合もありますのでご了承ください。

●アクセス解析ツールについて●
当ブログでは、Googleアナリティクスというアクセス解析ツールを利用しております。

Googleアナリティクスを利用する際にCookieを利用します。トラフィックデータを収集するためです。ただしトラフィックデータの収集にあたって匿名で行われるため、皆さんの個人情報を特定されることはないです。ただしCookieを無効にすれば、トラフィックデータの収集を拒絶できます。こちらにブラウザの設定の確認方法や規約について記載されているので、クリックしてください。

●当サイトへのコメントについて●
当サイトではコメントを投稿すると、IPアドレスが記録されるシステムを採用しています。スパムをはじめとした荒らし対策のためです。

こちらはブログのサポート機能として標準搭載されているものです。記録されたIPアドレスについては、スパムや荒らしがあったときの対応のためだけに使われます。ちなみにコメント入力する際にメールアドレスとURLの入力欄がありますが、こちらの情報提供は任意となっています。投稿されたコメントについては、すべて管理人がその内容を確認しております。そして承認したものだけを掲載する形になりますので、予めご了承ください。以下で紹介する項目に該当すると管理人が判断した場合には、掲載を承認せず削除することがありますので、予めご理解ください。

・特定の個人もしくは法人を誹謗中傷するコメント
・わいせつな内容を含むもの
・禁制品の取引、他者に損害を加える行為の依頼をはじめとした法律によって禁止されている行為に関する書き込み
・その他公序良俗に反し、管理人が承認すべきではないと判断したもの

●免責事項●
当サイトに掲載されている画像の著作権や肖像権につきましては、各権利所有者に帰属するものとします。当ブログは権利を侵害する目的はありません。ただし記事の内容や掲載画像について、著作権や肖像権に引っかかるなど問題がありましたら、各権利所有者本人がメールにてご連絡ください。速やかに確認後、適切な対応を致します。

当ブログに貼られているリンクやバナーで他のサイトにジャンプした場合、移動先に掲載されている情報については一切の責任を負いかねます。

当サイトのコンテンツや情報に関して、できる限り正確な情報を提供するように期しております。ただし誤った情報や古い情報が含まれている可能性がありますので、ご了承ください。

当サイトに掲載された内容に基づき何らかの損害が生じた場合でも、一切の責任は負いかねます。

このサンプルはGoogleアナリティクスとGoogleアドセンス、Amazonアソシエイトなどを利用している場合を仮定しています。もし異なるサービスを利用しているのであれば、適宜内容を見直してください。

まとめ-プライバシーポリシーと免責事項の書き方-

プライバシーポリシー 免責事項 書き方 著作権 肖像権 リンク

プライバシーポリシーや免責事項について、たとえブログであっても掲載しておいた方が無難です。

もしこれらの情報を掲載していないとツールの規約違反になって、利用できなくなる、訴訟を起こされるといったことも考えられます。

プライバシーポリシーや免責事項を明記することで、ブログの信頼性アップにもつながります。


オススメのレンタルサーバー

エックスサーバービジネス:高速・多機能・高安定性

ConoHa WING:国内最速の高性能レンタルサーバーサービス

mixhostのVPS:誰でも使えるシンプルで高速なVPS

オススメの有料WordPressテーマ

【賢威】

SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパック

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」の最新版テーマ

THE・THOR(ザ・トール)

集客・収益に徹底的にこだわった結果へ導く次世代テーマ

「Diver」

集客力と収益化の仕組みを考え込まれた洗練されたデザイン

SANGO

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマで、Googleのマテリアルデザインを大部分で採用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA