【ブログの基本】リード文の書き方を3つの手順で説明

⏳読み終える目安: 5 分

後輩くん
後輩くん

いつも思うのですが、ブログの記事の書き出しが難しいんです。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

なるほど、リード文を意識して書いているのかな?

後輩くん
後輩くん

え?それって何ですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

効果を発揮すれば、直帰されずに本文まで読んでもらえるものと考えられているよ。

後輩くん
後輩くん

知らなかった…。詳しく教えてほしいんですけど。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

分かった、整理しながら説明しよていくね!

この記事で分かる事

・リード文とは何かとその役割などの基本的な解説

・魅力的なリード文がある記事とない記事では、差別化につながるのか?

・得られる具体的な効果にはどういうものが含まれるか?

・実際の例を用いた具体的な作り方

ブログのリード文とは?

ブログの文章というものは、忙しい読者が飛ばし読みする特徴がある前提で、それでもできれば最後まで読んでもらいたい類のものです。

そこで重要になってくるのがリード文と呼ばれる導入文の書き方です。

目次の前後に書かれている文章で、読者に悩みや困っている事はありませんか?と共感を促したり、これから読んでもらう本文の要約や、記事を読み終わった読者が得られるメリットなどを簡潔に提示して本文へいざなう重要な役割を担っています。

この優劣が記事の評価の大部分を決めるとも言われています。

Sponsored Search

ブログのリード文の重要性と役割とは?

なぜ重要かという理由については、読者に本文への道しるべを与える親切の提供であるからです。

購入した書籍をじっくり読むのとは異なり、忙しい読者が数ある検索結果の中からあなたのブログを必要な部分だけでも読むべきかどうかを判断するために、リード文は欠かせません。

結果的にGoogleが求める検索意図の的確な提供をしているか、または滞在時間が伸びる事で読者が満足しているかという判断に有利な結果を期待でき、SEO対策になる側面もあります。

また、全く採用していないブロガーも散見される事から、もしあなたが的確な結果を得られる効果的なリード文を全ての記事に採用していれば、同様の他ブログとの差別化にもつながります。

Sponsored Search

本文まで読んでもらえるリード文の書き方とその3つの手順

ではこうした前提の下に、どのような手順で書き方を気を付ければ良いのか、体系を立てて3つのステップで説明します。

STEP.1
検索意図の理解
読者が検索したキーワードに基づいた検索意図を明確に理解する事が重要です。ペルソナなども用いながら、読者はどういう人で何に困って検索してきたのか?という核心を把握し、それについての共感を得る書き方が必要です。「あなたはこういう事に悩んでいませんか?」と問われた読者に思い当たる節があれば、必ず続きを読みたくなるはずです。
STEP.2
内容と結論の提示
その検索意図に基づき、読み進めればこういう答えを得られますよという内容と結論を提示してしまいます。書籍などでは論理を積み重ねて納得してもらいながら結論に導く形が多いと思いますが、いつ離脱されても仕方のないブログの読者向けには結論を先に述べる書き方が効果的です。
STEP.3
根拠の提示
その結論がなぜ正しいのかという根拠となる理由も示す事ができればベストでしょう。ブログの権威性と言われますが、このブログの作者が導き出す結論が信用に足るのかどうかを読者が判断する材料を提示できれば安心感も高まり、長い時間滞在してもらえる効果も、再訪してもらえる機会も得られるでしょう。より視認性を高めるためにパラグラフからあえて分離させ、目立つ枠を使った箇条書きで誇れる権威性をアピールしてもいいかもしれません。

Sponsored Search

ブログリード文の書き方具体例

では最後にどのような流れで書けばいいのかという具体的な例を、上で述べた3つの手順に従いながら参考にしてもらえればと思います。

これから初めてTOEICを受ける予定の読者が「TOEIC 受験」と検索し、読者が知りたい事はTOEICの受験日の一日の流れである予想の下で記事を書くとします。

まずは、読者が心配している事に寄り添いましょう。

「初めての受験で何もかも不安ですよね?」と共感し、具体的にその内容に触れてみます。

何分前に到着すればいいか?持ち物は?ランチは持参?休憩時間はどれ位か?など羅列し、どれかに自分の事だと共鳴すれば本文への期待はあがります。

次に、得られる答えとしてTOEIC経験者としての経験談をシェアする事や、持っていくべきお勧めアイテムを紹介する事を提示します。

最後に過去に何回TOEICを受験しているかなど、作者の権威性を感じてもらえる情報を補足する感じで作成すれば、最後まで読もうという推進力を得られると思います。

Sponsored Search

まとめ リード文の書き方と重要性の整理

滞在時間が伸びる事や、分かり易い記事としてその後の再訪問を期待できる事からもリード文が果たす役割は重要です。

しかし、当然ながら読み進めた先にある本文のクオリティが高い事と、検索意図に沿った回答ができている事も大前提です。

本文内容の質の高さはもちろん、そこへ誘うリード文の効果も発揮させてこそ、ブログのファンを増やす両輪となります。

改めて下記の3ステップを意識して、リード文の作成を行い読者の方にしっかり読んでもらえるブログ記事を書いていきましょう

STEP.1
検索意図の理解
STEP.2
内容と結論の提示
STEP.3
根拠の提示

オススメのレンタルサーバー

エックスサーバービジネス:高速・多機能・高安定性

ConoHa WING:国内最速の高性能レンタルサーバーサービス

mixhostのVPS:誰でも使えるシンプルで高速なVPS

オススメの有料WordPressテーマ

【賢威】

SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパック

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」の最新版テーマ

THE・THOR(ザ・トール)

集客・収益に徹底的にこだわった結果へ導く次世代テーマ

「Diver」

集客力と収益化の仕組みを考え込まれた洗練されたデザイン

SANGO

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマで、Googleのマテリアルデザインを大部分で採用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA