SEOで検索意図が重要な理由とは?【調べ方・記事への活用方法も解説】

⏳読み終える目安: 10 分

後輩くん
後輩くん

ブログってSEOに気をつけて記事を書いていれば検索順位が上がると言うのはわかったけど、この他に注意したほうがいいことってあるんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

ブログ初心者から中級者、上級者へステップアップするのに知っておくといいのが検索意図だね。インテントとも言われているけど、サイトを検索してやってくるユーザーの満足度を高めるのに大切なんだ。

後輩くん
後輩くん

でも検索意図なんて深く考える必要があるんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

何かを調べるときって、調べる目的があるはずだよね。例えばホテルの情報を知りたいとか、行列のできるラーメン屋さんのランキングを知りたいとか、これが検索意図という意味なんだ。検索意図を考えながら記事を書いていくと、収益もアップするんだよ。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

検索順位を上げるのにSEO対策は不可欠です。キーワード設定やリライトなど手法はたくさんありますが、検索ロボットのAI機能が向上していることを踏まえて、ユーザーの検索意図を考えながら、記事作成をするのは急務です。検索意図の重要性と、SEOとの関連性を知っておくのはステップアップにおいて不可欠です。今回は検索意図にスポットを当てます。

この記事でわかること

・検索意図が大切な理由

・検索意図を把握する方法

・検索意図をベースに記事を構築する

検索意図はなぜそれほど大切なのか

検索意図(インテント)というのは、検索エンジンを利用するユーザーが、検索サービスを利用して何を得ようとしているのかということを指しています。

SEO対策を行う場合、この検索意図を把握して、はじめて効果のあるSEO対策ができるようになります。

「Googleが掲げる10の真実」にも明確に記載されている!
1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

「Googleが掲げる10の真実」より引用

参考 Googleが掲げる10の事実

検索意図(インテント)とSEOの関係

検索意図を把握することによるメリットは、ユーザーの欲求に合わせた情報を提供できることです。何かを知りたいと思ったとき、検索で紹介されたサイトの中身が役立たないものだとしたら、そんなサイトには二度とアクセスしたくない、と思うはずです。

ユーザーが求めるのは、自分が求めている情報が即座に、しかもわかりやすく得られることです。検索エンジンを利用して、知りたい情報が得られたときに初めて満足感を覚えます。

それが一発で見つかったなら、情報を提供してくれたサイトをまた利用したい、と思うのは自然な流れです。

SEO対策において、検索意図を把握することは、ページの上位検索に加えて、収益を上げるのにも役立ちます。

検索意図の把握は検索エンジンの目的と一致

SEO対策としての検索意図の把握は、検索エンジン側が掲げる目標と一致しているので、上位検索されやすくなる、というメリットがあります。

各サイトを巡回するサーチロボットは、検索対象の記事をチェックする際に、この情報がどのような層にとって必要なのかを判断します。

AIの進化がサイトに与える影響

サーチロボットのAIは日々進化をしていますから、より人間の判断に近いかたちで、サイト内の情報を判別できます。

検索エンジン側の意図を読み取り、検索意図に焦点を合わせた記事を作成すると、AIはその記事を高く評価するため、質が高い記事という判断を下します。

SEO対策では、サーチロボットにいかに自分のサイトを高く評価してもらうかが、成功の鍵を握っています。

サーチロボットに組み込まれたAIの判断の上を行く対策を講じておくことで、サーチロボットのアップデートにも耐えうるブログを運営できるのです。

検索意図を研究する3つ方法

ユーザーの検索意図を把握することは本当にできるのでしょうか。

何かリサーチをかけて意図を聞き出す、といった手間のかかるようなことを意味しているわけではないので、どうぞ安心してください。

ポイントは検索エンジン側が提供する情報を活用することです。

【大前提】検索エンジンの基本的な機能を活用する

検索窓に検索したいワードを入力すると、それに関連したサイトがズラリと表示されます。かつてはいわゆるアフィリエイトの魂胆丸見えのサイトばかりが上位に来ていましたが、ロボットのAIが進化した結果、そのようないわゆる広告中心のサイトはどんどん排除されています。

何年か前よりも知りたい情報が手に入りやすくなった、そう感じている方は多いはずです。それだけ検索エンジン側のAIが向上し、有料サイトと、そうではないサイトを区別できるようになったのは、私たちにもメリットが大きくなりました。

対象的に負の影響を受けたのがアフィリエイターたちです。ブロガーと呼ばれる人たちも、度重なるアップデートで検索順位が低下し、中にはスパム認定されて検索で表示されることさえ無くなってしまった、というかわいそうな人達もいます。

アフィリエイトを主な仕事にしているのでなければ、影響はさほどではありませんが、これが本業の人からすると死活問題になってしまいます。それを回避するために必要なのが、検索結果を研究することなのです。

方法1:検索結果から検索意図を把握しよう

ボットから良い評価を受けるために、検索結果を観察し、ユーザーの検索意図を研究することをおすすめします。そのためにまずできるのは、検索意図を探ることです。例えば検索窓にキーワードを入力し、表示されるサイトをチェックして見ましょう。

できれば自分のブログの記事のどれか一つを選んで、その中のキーワードを入力し、表示されるサイトを確認します。そして、上位10位以内に表示されるサイトをそれぞれ見ていきましょう。その際に考えたいのは、だれをターゲットにしているのか、どんな問題に対する答えを探しているのか、どのような目的でサイトに訪れたのか、の3点です。

オーガニック検索を確認する

オーガニック検索とは、検索したキーワードの検索結果から広告枠を除いた検索結果のことです。

文書だと分かりづらいですが、「プロテイン」という単語で検索した際に大きくワケて3つのブロックが検索結果として表示されます。

その中で、下記図の広告枠を抜いた緑の部分が、オーガニック検索となります。

このオーガニック検索結果を見てみると、表示されるサイトのタイプが分れます。

キーワード「検索エンジン」で検索した場合、下記のように「wiki」「リンク一覧」「SEO」などのタイプのサイトが上位に来ています。

このことから検索キーワードに対して、どの様な検索意図をもって検索されているのかを把握することが出来ます。

キーワード「検索エンジン」の検索結果とサイトタイプ

関連するキーワード」を確認する

また、オーガニック検索の下部に表示されている「関連する検索キーワード」を確認することでも「リンク紹介」「SEO」「市場シェア」などに関するキーワードが表示されていることが分かります。

これらのミドルワードや検索ユーザーの検索意図を掘り下げて把握することが考えることも可能です。

キーワード「検索エンジン」の関連するキーワード

サジェストワードも合わせてチェック

検索結果以外に活用できるのが、検索窓に入力する際に表示される関連する語句です。これは他のユーザーがワード検索を行なう際に、関連して入力する単語です。つまり彼らが何を検索したいと思っているのかがわかります。

検索窓に何気なく入力する単語も、それに関連するワードを見つけることができれば、集客の参考にすることが可能です。ブロガーはそのような細かいところを見逃しません。だからこそ、集客力のあるブログを運営することができます。

◯入力完了した直後に表示されるサジェスト◯

サジェストキーワード①

◯スペースを入れると表示されるサジェスト◯

サジェストキーワード②

◯スペースをバックスペースで消すと表示されるサジェスト◯

サジェストキーワード②

方法2:口コミやQ&Aなどをチェックする

検索意図を把握するための別の方法は、口コミサイトやQ&Aサイトなどでチェックすることです。

旅行情報をブログで発信する場合、どの都市が人気なのか、なぜその都市に行きたがるのか、といった情報を把握することで、記事の目的をはっきりさせることができます。

赤枠内は、広告なので無視して頂いたいいのですが、青枠内は実際に「旅行 人気」という検索で調べた際にどの様な質問かを確認することが出来ます。

つまりここでこの様な口コミやQ&Aサイトで会話/質問されていることは検索意図に直結してくる悩みを把握する有効な手段です。

方法3:方法2で把握した悩みに付属する情報を考える

他にも、例えば空港からその都市へアクセスする方法、両替をする場合どの銀行で両替するのがお得なのか、といった情報を集めておきます。

もちろん自分の体験に基づいて記事を作成することで、リアリティが出るわけですが、ユーザーが求めているのはそのような体験記も重要ですが、旅行に役立つ有益な情報です。

口コミサイトを通じて得られた情報は、それぞれのユーザーがどのような興味関心を持って検索エンジンを利用するのかがわかります。

それらの情報に基づいて、検索意図を把握して、潜在ニーズも記事に織り込んで作成に役立てることができます。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

口コミで調べたのが

顕在ニーズ:人気のオススメ旅行先

だとすると

潜在ニーズ:空港からのアクセス/両替のオススメ場所/Wi-Fiは持っていく必要があるのか

Sponsored Search

検索意図をベースに記事を構築する

検索意図が把握できたなら、次はそれに基づいて記事の作成に取りかかります。いくつかのステップに沿って記事を作成することで、サイトの質が上がります。

SEOとキーワード

検索意図を調査することで、ユーザーがどのような意図でサイトにアクセスするかがわかります。

それに合わせて考えたいのが、キーワードの選定です。SEO対策ではキーワードのうちビッグワードやスモールワードを見定めます。

キーワードを選ぶ際には、ビッグワードの検索順位、スモールワードの検索順位をそれぞれチェックしましょう。

検索順位がわかったら、その中からより検索される可能性の高いワードを選びます。

キーワードは多すぎないほうが良いでしょう。キーワードが多くなればなるほどサーチロボットはアフィリエイトを意識したサイトと認識し、過剰だとスパム認定してしまうこともあります。

一旦検索順位が下がってしまうと、そこから上がるのはかなり大変なので、気をつけてください。

記事の方向性を決める

キーワードが確定したなら、キーワードに合わせて、ユーザーがどのような情報を求めているのかをチェックします。

キーワードと方向性を決定したときに、どのような記事を作成したらよいか決まります。

闇雲に記事をたくさん書けば、検索順位が上がると言うのは神話のようなものです。

サーチロボットのAIは私たちが考える以上に、人間に近い判断力を備えています。

AIに勝つためには、AIを納得させるくらいのコンテンツを作成しなければ、なかなかサイトの評価は上がりません。

実際に記事を作成する

方向性が決まったら、記事の作成に取り掛かります。

検索意図を思い描きながら、どのような解決策を与えることができるのか、人が求めている情報を提供できるのかといったことを合わせて考えます。

そうすると、本当に人が求めている情報を記事に反映させることができるのです。

キーワードを絞り込んでいれば、どれくらいのキーワードを記事の中に取り込むかを考える必要はありません。

かつてはキーワードの数は少ないほうがよいとか、多いほうが検索順位アップに繋がるといったSEO対策が基本でしたが、現在のサーチロボットはそのようなことはあまり重視しません。

むしろ提供されているコンテンツが、検索ユーザーにとって有益な情報を提供しているかどうか、という観点で判断するので、内容に注意を向けたほうが、アクセスアップしやすくなります。

まとめ

検索意図を把握することの重要性は、SEO対策の中心的な役割を果たします。

検索意図さえわかってしまえば、後はキーワードを選ぶだけで、記事の作成につなげることが出来ます。

SEO対策はかつてとは大きく変化しています。最新の情報をチェックしつつ、最適なブログ作成をするのが大切です。

seo ドメイン パワー 上げ方 解説 検索 調査 moz ahrefs【SEO対策】ドメインパワーとは?上げ方・調べ方を解説【PV獲得】
オススメのレンタルサーバー

エックスサーバービジネス:高速・多機能・高安定性

ConoHa WING:国内最速の高性能レンタルサーバーサービス

mixhostのVPS:誰でも使えるシンプルで高速なVPS

オススメの有料WordPressテーマ

【賢威】

SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパック

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」の最新版テーマ

THE・THOR(ザ・トール)

集客・収益に徹底的にこだわった結果へ導く次世代テーマ

「Diver」

集客力と収益化の仕組みを考え込まれた洗練されたデザイン

SANGO

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマで、Googleのマテリアルデザインを大部分で採用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA