スムーズにブログ記事を書く作成テンプレート【読者視点】

ブログ 記事 作成 テンプレート

⏳読み終える目安: 7 分

後輩くん
後輩くん

ブログを始めました。しかし、一つの記事を書くのにかなり時間がかかってしまいます。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

記事作成テンプレートは使ってますか?

後輩くん
後輩くん

どのテンプレートがおすすめですか?教えてください!

この記事で分かる事

・ブログ記事におすすめのテンプレート

・テンプレートを使ってブログ記事を書く手順

・知っておきたいポイント

ブログ記事にはテンプレートを使うのがおすすめ

ブログ 記事 作成 テンプレート

ブログ記事のテンプレートは、初心者の人でも使いやすく、完成度の高い仕上がりになる工夫と配慮がされています。

テンプレートは大きく分けて3つのパートに分かれていて、導入パート、本文パート、まとめパートがあります。

導入パートでは、ブログ記事のタイトルやリード文など、ブログを訪問してくれた人に対して、記事の内容を分かりやすくまとめた内容を書いていきます。

ブログ作成にあたって選定したキーワードは、タイトルやリード文に含めることで、SEO対策にもなります。

本文パートでは、いよいよコンテンツの内容を書いていきます。

その際には、読んでいるユーザーにとって分かりやすい文章構成を心がけることが必要です。

長いコンテンツをダラダラと書き綴るのではなく、見出しを付けて分かりやすく内容を整理してまとめましょう。

ブログ記事のテンプレートでは、どのテンプレートを使うかによって、H2の見出しを複数使うパターンと、H2見出しのさらに下にH3の小見出しを作るというパターンとがあります。

コンテンツにどのぐらいの情報を含めるのかという点をよく考えた上で、記事設計をする事が大切です。

まとめパートは、コンテンツ内に書かれた内容をザックリまとめるというものです。

まとめの部分なので、ダラダラと長く書くのではなく、100文字から200文字ぐらいにまとめたほうが、ユーザーにとっては読みやすくなるでしょう。

Sponsored Search

テンプレートを使ってブログ記事を書く手順

ブログ 記事 作成 テンプレート

テンプレートを使ってブログ記事を書く際には、事前にキーワードを選定し、どんな内容を書くのか、しっかりと構想を練ることが必要不可欠です。

頭の中で考えながらコンテンツを書いても、書いているうちにダラダラと長くなってしまうかもしれませんし、まとまりがつかなくなる可能性もあります。

それに、見出しを十分に生かした書き方ができない可能性もあります。

しかし、最初に記事設計をしておけば、テンプレートの機能や特徴を最大限に活用したブログ記事を作成できます。

導入パートの書き方

ブログ記事の導入パートは、それほど長くはありません。

記事の内容を簡潔に表現しているタイトルを決め、ユーザーが本文を読みたくなるようなリード文を作成します。

記事のタイトルは、長すぎても短すぎてもNGで、キーワードを使って分かりやすく表現するセンスが問われる部分です。

目安としては30文字ぐらいまでにまとめるのがおすすめです。

リード文は、本文を読んでみたくなるようなワクワク感のある文章を作ることが理想的です。

ダラダラと書くのはNGで、100文字から200文字ぐらいにまとめると良いでしょう。

事前に記事設計をしていれば、本文にはどんな内容を書くのかが分かっているので、リード文が書きやすくなります。

本文パートの書き方

本文パートには、コンテンツの本格的な内容を書いていきます。

テンプレートごとに小見出しの階層は異なり、H2、H3などよく使う階層に加えて、H4と言った小さな見出しまで設定できるテンプレートもあります。

内容が分かりやすければ、見出しはH2だけでも問題ありません。

しかし、一つのH2見出しの中でもいくつかの小見出しを付けたいなら、H3を活用すると良いでしょう。

本文パートを書く際には、PREPを意識した書き方をするのがおすすめです。

PREPとは、Point(結論)、Reason(理由)、Example(具体的な例)、そしてPoint(最初の結論をもう一度繰り返してまとめる)というテクニックです。

小説などの物語系の読み物では、起承転結の順番となり、結論は最後まで分からないことが多いものです。

しかしブログ記事では、結論を最初に書いた方が、読んでいるユーザーに安心感を与えることができます。

まとめパートの書き方

まとめパートは、本文で書いた内容をザックリとまとめることになります。

小見出しなどは付けず、本文内で言いたかったことや、特に注意する点などを要約すると良いでしょう。

まとめパートに書く内容は、本文以外にも、関連する記事のリンクを張ってユーザーに案内したり、おすすめの商品へのリンクを張ってユーザーを誘導するなど、いろいろな種類があります。

ブログ記事を読み終えたユーザーが、次にどんな行動をすれば良いのかという点を、自然に誘導することができれば、完璧なまとめパートを作れたと言えるのではないでしょうか。

Sponsored Search

テンプレートでブログ記事を書く際に知っておきたいポイント

ブログ 記事 作成 テンプレート

テンプレートを使ってブログ記事を書く際には、知っておきたいポイントがいくつかあります。

ポイント1:文章は簡潔に分かりやすく書くこと

ブログ記事内の文章は、一つの文章がダラダラと長いと、読んでいるユーザーは、その文章が言いたいことを見失ってしまいます。

一つ一つの文章は、読みやすく自然な書き方を心がけながらも、簡潔に分かりやすくまとめたいものです。

ポイント2:ユーザー視点で情報提供する事

ブログ記事の内容は、ユーザー目線で書くのがおすすめです。

例えば、筋トレ機器の紹介なら、ユーザーにとって使いやすい機器を始め、リーズナブルに購入できる商品、一つ持っていると幅広いトレーニングに使える商品など、ユーザーが見て「欲しいな」と思えるような商品を紹介しましょう。

どんなにハイスペックな商品でも、高額すぎて一般ユーザーには手が届かない商品や、大きすぎて自宅には置けないようなものは、ユーザーから共感してもらうことは難しいでしょう。

ポイント3:スマホ画面を意識しよう

ブログ記事は、パソコンを使って読んでくれているユーザーだけではありません。

スマホを使って閲覧してくれるユーザーもいます。

記事を書く際には、スマホの小さな画面でも見やすくて読みやすい書き方や文章構成になることを、常に意識しましょう。

スマホでも読みやすくするためのコツとしては、改行をよく使い、スマホ画面が文字だらけにならないように工夫するという点があります。

ポイント4:表現はできるだけ分かりやすく

ブログ記事のテーマや分野によっては、専門用語を使ったほうが正確かつ簡潔に説明できることがあります。

しかし、専門用語は、ブログ記事を読んでいるユーザー全員が共通して理解している言葉ではないかもしれません。

そのため、もしも可能なら、難しい専門用語は使わずに、その業界や分野、テーマになじみがないユーザーが読んでも理解できるような言い回しや書き方にしましょう。

もしも専門用語を使うなら、その用語について分かりやすく説明することもまた、親切です。

ポイント5:タイポはしっかりチェックしたい


ブログ記事を書いている人の中には、書き上げたことに満足し、しっかり読み返さずにWeb上に公開してしまう人がいます。

読み返すと時間がかかりますし、書いた内容は頭の中に入っているのだから読み返す必要がない、というのが主な理由ではないでしょうか。

しかし、実際に読み返してみると、多くの場合にはタイポが見つかることは多いものです。

漢字の間違いや不自然な文法などは、できるだけ公開前にしっかりチェックして、修正しましょう。

その方が、ユーザーにとっては読みやすいブログ記事に仕上がります

また、ブログ記事を読み返すことで、一つの文章がやたら長くなってしまったり、主語と述語が合っていない場合には、速やかに修正できます。

Sponsored Search

まとめ-スムーズにブログ記事を書く作成テンプレート-

ブログ 記事 作成 テンプレート

ブログ記事を効率的かつ完成度の高い仕上がりにするためには、テンプレートを使うのがおすすめです。

テンプレートの種類によっては、小見出しの階層がH2だけでなくH3やH4まで提供されているものもありますが、必ずしもすべて使わなければいけないわけではありません。

ブログ記事なら、H2とH3をコンテンツに応じて使い分ければよいでしょう。

分かりやすいブログ記事を書くには、ユーザー目線の内容にまとめましょう。

また、読んだ人が役立つと感じる情報を凝縮させることで、またリピート訪問したいと思ってもらえます。

初心者 ブログ 始め方 解説【初心者】ブログの始め方を解説【確実に進める】 ブログ 書き方 基本 初心者【初心者向け】ブログの書き方の基本10選【悩まない】
オススメのレンタルサーバー

エックスサーバービジネス:高速・多機能・高安定性

ConoHa WING:国内最速の高性能レンタルサーバーサービス

mixhostのVPS:誰でも使えるシンプルで高速なVPS

オススメの有料WordPressテーマ

【賢威】

SEO業界で圧倒的な実績を持つ京都のWebプランニングチーム「ウェブライダー」が、 そのノウハウを余すことなく詰め込んだSEOテンプレートパック

WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

アフィリエイトに特化したWordPressテンプレート「AFFINGER」の最新版テーマ

THE・THOR(ザ・トール)

集客・収益に徹底的にこだわった結果へ導く次世代テーマ

「Diver」

集客力と収益化の仕組みを考え込まれた洗練されたデザイン

SANGO

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマで、Googleのマテリアルデザインを大部分で採用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA