【STEP2】楽天で効率よくポイント獲得するために確認するべきキャンペーンなど

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

⏳読み終える目安: 18 分

後輩くん
後輩くん

楽天会員に登録して、楽天カードも発行して楽天銀行の口座とも紐付けました。

必要なアプリもインストールできたことですし、いよいよ楽天経済圏を思う存分活用するための準備が整ったと思います。

ただ、楽天ポイントをたくさん貯めるには具体的に何をしていけばよいのかがよくわかりません。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

確かに始めたばかりだと何から手を付ければいいか迷ってしまうだろうね。

楽天にはお得なキャンペーンがたくさんあるけど、たくさんありすぎるのがネックなんだ。

一つのアプリにでも集約されていれば使い勝手も良いだろうけど、そうじゃないのが不便なところだね。

というわけで、楽天ポイントをしっかり貯めるには、キャンペーン情報のチェックが欠かせないし、定期的に巡回して?日起動しておきたいアプリがいくつもある。

ただ、全部チェックしようと思っても、時間ばかりかかって効率が悪いから、ここでは楽天ポイントを貯めるために最低限チェックしておきたいことを解説しよう。

あと、楽天カードで決済するようにしたい費用もチェックしておこうか。

この記事で分かること

・楽天ポイントをゲットするためにチェックしておきたいアプリ

・メールを使って楽天ポイントを貯めるコツ

・楽天カードで支払うのがおすすめの費用項目

・楽天のサービスがおすすめの固定費

アプリで毎日キャンペーン情報の確認とエントリーする

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

楽天会員に登録しておけば、楽天のサービスを利用するたびに楽天ポイントが貯まっていきます。

ただ、ポイントゲットの機会を通常の買い物だけに限定するのはもったいないです。

楽天には、実際に買い物しなくても、エントリーするだけでポイントゲットのチャンスが得られるキャンペーンがいくつもあります。

ですので、効率良く楽天ポイントを貯めたいなら、アプリでのキャンペーン情報のチェックが不可欠です。

ただ、楽天のキャンペーンは種類が豊富です。

キャンペーンが豊富なのはうれしいのですが、多すぎてどこでどんなキャンペーンが展開されているのか把握できないのがデメリットと言えるでしょう。

定期的に更新されるキャンペーンばかりならよいのですが、楽天には突発的に開催されるキャンペーンもあります。

しかも、そういう突発的なキャンペーンの方が、楽天ポイントを大盤振る舞いしていたりするものです。

そんな状況ですので、楽天会員になりたての方の場合、まず何からチェックすればよいのかさえわからなくなってしまいます。

無理して目につく限りの情報をチェックするのも時間と手間がもったいないですので、定期的にこれだけはチェックしておくべきというアプリをまずは押さえておきましょう。

楽天市場アプリ

楽天市場でよく買い物する方なら、楽天市場アプリのチェックは定期的に行いましょう。

アプリ内には多数のキャンペーン情報が掲載されています。

特に、買えば買うほど楽天ポイントがお得に貯まる「お買い物マラソン」や、半額以下になるアイテムもある「楽天スーパーSALE」の情報は、楽天市場アプリでしっかりチェックしておきましょう。

またそれ以外でも、アプリを起動すると、ポイントが何倍にもなるキャンペーンが展開されていることもあります。

いつどんなキャンペーンが開催されるかもわからないので、楽天市場アプリはできれば1日1回は起動しておきたいアプリの一つです。

楽天カードアプリ

楽天カードアプリにも、お得なキャンペーン情報が多数掲載されています。

もちろん楽天カードの利用状況を管理するためのアプリですから、キャンペーン情報だけでなく、楽天カードを使って買い物した時は利用明細をしっかりチェックしておきましょう。

楽天カードアプリを起動すると、画面下に左から順に「ご利用明細」、「家計簿」、「キャンペーン」、「優待店舗」、「その他」とアイコンが並んでいるのが見えるでしょう。

キャンペーン情報を確認するには真ん中の「キャンペーン」をタップしてください。

その時エントリーを受け付けているキャンペーンの一覧がズラッと表示されます。

新しいキャンペーンの横には「NEW!」のマークが付いているので重点的にチェックしておきましょう。

そのほか、楽天Edyのキャンペーンもこちらからチェックできます。

注目は、2020年9月1日から2021年3月31日までが対象期間のマイナポイント事業のキャンペーンです。

マイナポイント事業は各社で展開していますが、楽天ではEdyにチャージすると、チャージの翌月10日にチャージした金額の25%のEdyがもらえます。

5,000円の上限がありますが、もらえるEdyに有効期限はないため、この機会を逃さないようにしましょう。

また、定期的に開催されているキャンペーンでは、Edy機能が付いた楽天カードを初めて利用する人を対象にした1,000ポイントが当たるプレゼントキャンペーンをチェックしておきましょう。

楽天Edyを対象のコンビニでの買い物で初めて利用すると、最大1,000ポイントがもらえるチャンスです。

1,000ポイントもらえるかどうかは運次第ですが、キャンペーンにエントリーして楽天Edy機能付きの楽天カードでコンビニでの買い物に使用するだけで、楽天Edyの利用が初めての方ならもれなく20ポイントがもらえます。

楽天ではさまざまなキャンペーンを次々と展開していますが、楽天カードアプリで最新情報をチェックしておけば、お得なキャンペーンの見逃しを防げます。

ですから、楽天カードアプリはなるべく毎日起動してチェックしておきましょう。

楽天ポイントカードアプリ

楽天ポイントカードアプリは、バーコードを店頭で読み取ってもらうだけで楽天ポイントを使ったり貯めたりできるアプリです。

楽天カードにポイントカード機能を付けることができますし、楽天市場アプリや楽天カードアプリでもポイントカード機能に対応しているので、このアプリ単体の存在感はそれほどありません。

ただ、楽天ポイントカードアプリには「お買いものレビュー」という機能があって、確実に楽天ポイントをゲットできるチャンスがあります。

使い方は、楽天ポイントカードが使える店舗でレビュー対象の商品を購入します。

それから、その商品の感想をアプリを通じて投稿するだけです。

感想を投稿するだけで楽天ポイントが1ポイントもらえますし、しかも同じ商品についての感想でも購入するたびに投稿できるので、いつも決まったものしか買わないという方も要チェックです。

レビュー対象の商品が購入できる店舗には、レディ薬局やツルハドラッグなどのドラッグストア、ロイヤルホストやミスタードーナツなどの飲食店、ポプラなどのコンビニのほか、食品や日用品を販売している店舗を中心に拡大しています。

他のアプリに比べると若干存在感が薄い楽天ポイントカードアプリですが、レビュー機能を使ってしっかり楽天ポイントを稼げるのでチェックを忘れないようにしましょう。

楽天ペイアプリ

楽天ペイは、楽天のスマホ決済アプリです。

楽天経済圏で生活するならこのアプリの存在が不可欠ですが、こちらも楽天ポイントが貯まるキャンペーンのチェックに利用できます。

今なら、マイナポイント用決済サービスとして楽天ペイアプリの利用申し込みがおすすめです。

そもそも楽天ペイは、エントリーしなくても街中での買い物で付与される楽天ポイントがいつでも最大1.5%にアップする便利なアプリですので、楽天ポイントを効率良く貯めるにはなるべく毎日使いましょう。

電車やバスに乗る際にSuicaを利用する方も、楽天ペイでSuicaのチャージができます。

しかも、200円のチャージごとに楽天ポイントが1ポイント貯まるのでおすすめです。

また、楽天ペイアプリだけのお得なキャンペーンとして、「お友達招待キャンペーン」があります。

これは、楽天ペイアプリ内にある招待ページから誰かに楽天ペイアプリを紹介して、その人が楽天ペイに登録すると、招待した人と招待された人の両方に200ポイントをプレゼントするというキャンペーンです。

Twitterでも招待状を送信できるので、実際の友達でなくてもこのキャンペーンは利用できます。

招待可能な人数に10人の上限がありますが、もし10人を招待することができたら、それだけで2,000ポイントにもなるわけです。

積極的に活用したいキャンペーンです。

楽天銀行アプリ

楽天銀行アプリも定期的に起動したいアプリの一つです。

楽天銀行アプリからエントリーできるキャンペーンにもいろいろあります。

エントリー期間が短いキャンペーンが多くて、その都度新しいキャンペーンが登場するので、ここでは具体的な内容は紹介しません。

ただ、新しいキャンペーンがいつ始まるかもわかりませんし、エントリーしないことにはその恩恵にもあずかれませんので、本気で楽天ポイントを貯めたいならしっかりチェックしておくことをおすすめします。

アプリで毎日ポイントを獲得する

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

ここまでお得なキャンペーン情報をチェックするためのアプリについてお伝えしてきましたが、楽天のアプリのなかには起動するだけなど、簡単な方法で楽天ポイントが獲得できるものもいくつかあります。

ただ、アプリによってポイントの獲得方法が違っており、単に起動するだけでよいものもあれば、30秒程度の動画を視聴することが条件のものなどさまざまです。

それでも、毎日わずかな時間で数ポイントを獲得できますので、以下に紹介するアプリはなるべく毎日巡回しましょう。

1日10ポイント程度なら簡単に貯まるので、これを1年続ければそれだけで3,650ポイントです。

楽天ポイントは1ポイント=1円ですから、1日単位で見ればわずか10円程度と思ってしまいますが、年間3,650円ただでもらえると思えば決して無視できないのではないでしょうか。

慣れてくれば数分の作業で完了できるので、通勤電車の中などわずかなスキマ時間を活用するだけでしっかりポイントが貯まっていきます。

では、具体的にどんなアプリをチェックすればよいのでしょうか。

楽天PointClubアプリ

楽天PointClubアプリは?日必ず起動したいアプリの一つです。

起動するだけで1日1ポイントが必ずもらえます。

また、アプリ内に「楽天リワード(ポイントミッション)」というサービスが搭載されているのですが、ここからお得情報を3つチェックすると、1日1ポイントもらえるようになっています。

また、楽天PointClubアプリは楽天ポイントを管理するためのアプリなので、これまで獲得したポイントの実績を確認できるようになっています。

この実績を確認するだけで週に1ポイントゲットです。加えて、毎週3つキャンペーンをチェックすると1ポイントもらえるようになっています。

まとめると、起動して1ポイント、お得情報をチェックして1ポイントと、毎日2ポイント必ず貯まるほか、ポイント実績とキャンペーンのチェックで週に2ポイント貯まる仕組みです。

つまり、楽天PointClubアプリだけで1週間で16ポイント、単純に計算すると1か月で64ポイント貯まるようになっています。

楽天ポイントをもらえるアプリは他にもたくさんありますが、なかにはミニゲームをプレイしたりくじを引いたりなど、特定のミッションをクリアして初めてポイントがもらえるものもけっこう多いです。

なかには1ポイントゲットするのに時間も労力もかかるものもあるので、1ポイント=1円ということを考えると、割りに合わないと感じるものもあるでしょう。

それに比べると、楽天PointClubアプリはとても簡単です。起動していくつかタップするだけなので1分もかかりません。

これほど簡単にポイントが貯まるわけですから、「わずかなポイントのためにちまちま作業したくない」という方もこれだけは必ずチェックしておきましょう。

楽天ウェブ検索

楽天ウェブ検索とは、検索数に応じて楽天ポイントが貯まるというアプリです。

わりと頻繁に仕様が変わるのでちょっと面倒くさいところもありますが、これも毎日確実に楽天ポイントを獲得できるアプリなので、なるべくチェックするようにしてください。

このアプリの特徴は、「100万ポイント山分けキャンペーン」というキャンペーンを毎日開催しているところです。

100万ポイントを山分けとあるように、参加者が検索した数によってもらえるポイントが変わるのですが、1日30口検索することで4ポイントもらえます(2020年10月現在)。

楽天ウェブ検索では独自の単位が採用されており、検索回数のことを「口数」という単位でカウントするようになっています。

つまり、新規に検索するごとに1口増える仕組みです。

なお、口数にカウントされる検索ワードにも条件があり、「あ」など1文字だけで検索しても口数は増えません。

また、検索結果が0の場合もカウントされないので、意味のない文字の羅列を打ち込んでもダメです。

2文字以上で検索結果が1件以上あるワードで検索するのがルールになっています。

獲得できた口数はアプリ内の検索ボックスで確認できるので、この説明だけではよくわからないという方も一度試してみてください。

実際にアプリを使ってみれば、それほど難しくないことがわかります。

楽天ウェブ検索には口数に応じて参加できるキャンペーンがあり、たとえば、1日5口の検索を5日以上続けることで、楽天市場で買い物してもらえる楽天ポイントが2倍になるキャンペーンなどをやっています。

また、口数が多いほど獲得できる楽天ポイントも増えるのですが、検索できるのは上にも書いたように1日30口までです。

それ以上検索しても楽天ポイントは貯まりません。

なお、最初に書いた山分けキャンペーンは、現在は100万ポイントを山分けすることになっていますが、以前は山分けするポイントが125万ポイントだったこともあり、その時は30口の検索で5ポイントが獲得できていました。

キャンペーンの内容はたびたび変わるため、獲得できるポイント数も実際と違っていることがあります。その点は注意してください。

楽天ポイントスクリーン

楽天ポイントスクリーンも毎日チェックしたいアプリの一つです。

このアプリ自体は楽天のキャンペーン情報やおすすめ商品などを紹介するためのアプリなのですが、それらの紹介ページのなかに楽天ポイント獲得対象のページがあるので、そのページをチェックするだけで必ずポイントがもらえるようになっています。

それだけで1日4〜5ポイントは確実に獲得できるので、忘れずにチェックしておきたいアプリです。

ほかにも、大量にポイントが稼げるキャンペーンが不定期で開催されています。

また、対象のサービスに登録したりアプリをインストールすることで高額ポイントを稼ぐこともできるので、気になるサービスやアプリがあった時にはおすすめです。

また、1日1枚貯まるコインを5枚集めて、楽天ポイントが当たるくじに参加できる「ラッキーコイン」というコーナーもあります。

このように楽天ポイントが貯まる仕組みがいっぱいの楽天ポイントスクリーンなのですが、楽天PointClubよりもすべてのポイントを獲得するまでに手間がかかるのが若干のネックです。

対象ページをチェックしてからポイントが加算されるまでに数秒かかりますし、アプリを起動した時に必ずしも1日でゲットできるポイント対象のページがすべて表示されるとは限りません。

1回起動しただけではおそらく3〜4ポイントしかゲットできないので、朝起動したら夜もう一度起動して取りこぼしのないようにチェックする必要があります。

また、5枚コインを貯めてくじが引けるラッキーコインは、あくまでくじなので、必ずしもポイントがゲットできるとは限りません。

くじの内訳は、1等10,000ポイント、2等1,000ポイント、3等1ポイント、はずれの4種類で、当たったとしても3等がほとんどではずれもけっこう多いです。

つまり、5日かけてコインを貯めてもポイントがもらえないこともあります。

1日1コインとは別に広告動画を見ることで+1コインゲットすることもできますが、その動画が30秒ぐらいあり、その間スマホを操作することもできないので、毎日チェックするのが面倒になってしまう人も多いです。

ただ、運が良ければ高額ポイントをゲットできるチャンスですので、スキマ時間を上手に活用してなるべくチェックするようにしましょう。

楽天モバイルユーザーなら楽天メールでもポイントが獲得できる

楽天モバイルのユーザー限定ではありますが、楽天メールのアプリ内にも楽天リワードが搭載されており、毎日ポイントが獲得できるようになっています。

5回お得情報をチェックするだけの簡単なミッションです。

お得情報を全部見る必要はないので、お得情報のバナーをタップしてすぐに「戻る」を5回繰り返すだけでポイントがもらえます。

こちらはとても簡単ですので、楽天モバイルユーザーならぜひチェックしておきましょう。

Sponsored Search

大量のメールでポイントを獲得する

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

以上、アプリでコツコツ楽天ポイントをゲットするための方法をお伝えしましたが、「そんなちまちましたやつじゃなく、もっとガッツリ貯めたい」という方におすすめなのが、これから紹介するメールでポイントを獲得する方法です。

楽天会員になった人がまず驚くのが、毎日届くメールの量です。

この大量のメールがイヤで楽天会員になるのを躊躇する人もいますが、実はこのメールの中に楽天ポイントを大量にゲットする方法が隠されています。

というほど実は大袈裟なものではなく、楽天からのメールのなかにはメール本文のバナーなどをクリックするだけで1ポイントゲットできるメールが混じっているので、それを探してクリックしていくだけです。

楽天からのメールにはいろんな種類があり、加入しているサービスによっても届く種類が異なりますが、ポイント獲得のためにチェックしておきたいのが、「楽天カレンダーお得なニュース」、「楽天カード特典付きニュース」、「楽天カードショッピングニュース」、「メールdeポイント」辺りです。

メールタイトルの中に「1ポイント付」、「1ポイント獲得!」、「クリックしてポイントGET」、「商品クリックで1ポイント」などの文言があるので、それらを目印にメールを選り分けてください。

こうした文言のないメールはすべて削除しても問題ありません。残ったメールは時間がある時などにまとめてチェックするとよいでしょう。

なお、メールで獲得できるポイントは、アプリのように毎日付与されるのではなく、月に何度かまとめて加算されるようになっています。

クリックでメールが獲得できるメールには、「クリック期間」という有効期間が決まっています。

ポイントが付与されるのは、その期間の終了後の翌々月末までが基本です。

なお、メールクリックでもらえる楽天ポイントは期間限定ポイントで、その有効期限は1か月と短いです。

つまり、せっかく貯めても1か月経つと使えなくなってしまうということですから、メールで貯めたポイントは早めに優先的に消化するように気をつけましょう。

楽天ペイアプリを使えば、こちらで何もしなくても優先的に期間限定ポイントから消費してくれるので安心です。

可能な限り日々の支払いを楽天カードに集約する

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

これまで紹介した方法は、毎日コツコツ作業を続けて月に数十ポイントから100ポイントほど貯めるやり方でした。

うまくすれば、それだけでも1年で数百から数千ポイントも貯めることができるのですが、これから紹介するのはさらに大量に楽天ポイントを貯めるための方法です。

楽天ポイントをドカンと貯めるなら、やはり実際に楽天カードを使う方法に勝るものはないでしょう。

楽天カードで決済すると100円ごとに1ポイント貯まるので、日々の支払いをすべて楽天カードに集約してしまえば、1か月でかなりのポイントが見込めます。

では、具体的にどうやればいいのでしょうか。

固定費を楽天カードで支払う

日々の支払いのなかでも大きいのが固定費です。

固定費を楽天カードで決済するようにするだけでも、毎月数百ポイントからご家庭によっては数千ポイントも貯まります。

固定費には家賃を始め、光熱費、水道料金、通信費などがありますが、このうち可能なものはすべて楽天カードで決済しましょう。

もし賃貸物件にお住まいで、家賃をカード決済できるのなら、それだけでかなりのポイントになるのではないでしょうか。

一人暮らしで家賃5万円のワンルームマンションにお住まいだとしても、それだけで500ポイントになります。

それに光熱費と水道料金、ネットやスマホの料金などを含めれば、さらに数百ポイントは確実です。

このように一人暮らしの方でも、固定費を楽天カードに集約するだけで1か月で1,000ポイントは楽にゲットできます。

もし、ご家族でお住まいで家族全員の支払いを1枚の楽天カードに集約できるなら、さらなる大量ポイントの獲得も可能です。

年間を通して見れば数万円の節約は確実ですので、この方法はぜひ検討してみてください。

日々の支払いも楽天カードで支払おう

固定費のほかに、毎日の細々した出費も可能な限り楽天カードで支払うようにしてみましょう。

ほとんどのコンビニでは楽天ペイが使えるので、楽天カードを楽天ペイの支払い先に設定しておけば、かなり効率良くポイントが貯まります。

楽天ペイが使えないスーパーなどでもクレジットカードならほとんどどこでも使えますので、ざくざくポイントを貯めるチャンスです。

こうした毎日の出費は、以前は多くの方が現金で支払っていたのではないでしょうか。

コンビニでの少額の買い物にわざわざクレジットカードを出すのは恥ずかしいという意識もあったはずです。

しかし、キャッシュレス決済が推進されている現在、どんな少額の買い物でもカード決済を選ぶことはおかしくなくなっています。

小銭のやり取りにかかる時間が節約できますし、むしろ感染対策が叫ばれている昨今、現金のやり取りをしないカードでの支払いはお店にとっても歓迎される方法ではないでしょうか。

同じ出費でも現金で支払う場合は、ただお金がなくなるだけです。

楽天カードで支払うようにすればそれだけでポイントが貯まります。

ポイントが貯まるということは、貯まったポイント分だけ節約しているのと同じことです。

ですので、なるべく日々の支払いも楽天カードで支払うようにしてください。

いまだにクレジットカードは使いすぎが不安という方がいるとしても、楽天カードは安心です。

楽天カードの場合、使った翌日に支払い額の速報メールが届き、さらにその2日後に詳しい明細が届きます。

また、楽天カードにはアプリもあり、アプリ内には管理に便利な家計簿機能もありますので、現金で支払うよりむしろ管理しやすいと言えるでしょう。

付帯の楽天Edyを活用すれば楽天カードよりもポイントが貯まる

楽天Edy機能を楽天カードに付帯させれば、ただカードで決済するよりもさらにお得に楽天ポイントを貯めることができます。

また、楽天カードでEdyにオートチャージする設定にしておけば、通常、200円チャージのたびに1ポイントゲットできる仕組みです。

また、楽天Edyではキャンペーンも頻繁に開催されています。

たとえば、楽天カードでEdyにチャージするとチャージ分につき2倍のポイントが付与されたり、Edyを使うごとに使った分とは別にポイントが貯まったりなどのキャンペーンが過去には開催されていましたので、今後の動向も要チェックです。

Sponsored Search

固定費も楽天経済圏に切り替えよう

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

先ほど、固定費もすべて楽天カードで決済するようにすれば、楽天ポイントが効率良く貯まるとお伝えしましたが、可能ならその固定費のサービス自体を楽天のサービスに切り替えてみてはいかがでしょうか。

楽天では、昨今の電力自由化の流れに乗って「楽天でんき」という電力のサービスも提供していますし、携帯の大手キャリアに対抗して楽天モバイルも勢いを見せています。

対応エリアの問題もあってすべての人におすすめできるわけではありませんが、可能ならぜひ固定費も楽天経済圏に切り替えることを検討してみてください。

楽天でんきに切り替えればかなりお得になります

楽天でんきとは、楽天エナジーという楽天グループの電力会社が提供する低圧電力供給のサービスです。

電気料金自体お得になるのですが、エントリーするだけで楽天ポイントが2,000ポイントももらえるのが見逃せません(ただし、3か月以上利用することがポイント付与の条件)。

楽天でんきの電気料金の仕組みですが、まず大きいのが基本料金がないことです。

大手電力会社のように、電気を使っても使わなくても契約しているだけで発生する基本料金がありません。

使った分だけ料金が発生する仕組みです。

ですので、契約容量によっては年間で数千円から1万円以上の節約もできます。

しかも、電気料金が節約になるだけでなく、楽天でんきの場合、電気料金200円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。

そのうえ、楽天カードで電気料金を支払ったら、100円ごとに1ポイントです。

もちろん楽天ポイントでも電気料金を支払うことができます。

さらにうれしいのが、期間限定ポイントでも支払えることです。

このように、楽天会員にとっては、楽天でんきに乗り換えるだけでかなりの節約になるほか、楽天ポイントもざくざく貯まります。

20A以下の契約容量では利用できないのがネックですが、電気をよく使うファミリー層なら確実にお得感を味わえるでしょう。

楽天モバイルに変更すればポイント還元率アップ

可能ならば、携帯電話も楽天モバイルに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

やはり楽天のサービスなので、楽天会員にはうれしい特典が満載です。

楽天モバイルユーザーというだけで、楽天市場で買い物した時のポイント獲得倍率が2倍になりますし、そもそも大手キャリアと比べて圧倒的に安い料金を実現していますので、対応エリアならぜひ検討してみましょう。

また、楽天モバイルは現在、「Rakuten UN-LIMIT」と「Rakuten UN-LIMIT V」を猛プッシュしています。

先着300万人という制限はありますが、通常のプラン料金が今なら1年間無料です。

しかも、新規契約者や他社からの乗り換えユーザーには、事務手数料分のポイントがまるまる還元されたり、それプラスキャンペーン特典として数千ポイントがもらえるチャンスがあります。

また、2020年10月の最新情報によると、Rakuten UN-LIMIT Vと対象のスマホをセットで申し込んだ人には2万円相当ものポイント還元があるというキャンペーンを打ち出しています。

楽天の大盤振る舞いのポイント還元サービスは以前も行われましたが、以前は大盤振る舞い過ぎて総務省の指導を受けたほどです。

今回はしっかり総務省のガイドラインに基づいてキャンペーンを実施するとのことですが、それにしても他社にはマネできない思い切ったポイント還元ではないでしょうか。

このように、大量の楽天ポイントがもらえて、しかもスマホが1年ただで使い放題になるわけですから、大手キャリアにこだわりがない方、格安スマホを検討中の方ならチェックしない手はありません。

なお、楽天によると、楽天モバイルは2021年夏ごろまでに96%の人口カバー率を達成できそうとのことです。

近いうちに国内のほとんどの地域で使えるようになるでしょう。

「いくら安くても、大手と比べて使えるエリアが限られるんじゃ…」と躊躇していた方も、この機会にぜひ検討してみてください。

まとめ:楽天で効率よくポイントを獲得する方法

楽天 効率 ポイント 獲得 キャンペーン

楽天経済圏をしっかり活用して、楽天ポイントを効率良く獲得する方法がおわかりいただけたのではないでしょうか。

チェックしなければいけないアプリが多くて最初はちょっと戸惑いそうですが、毎日やっているとすぐに慣れます。

慣れてしまえばルーティーンのようにこなせるので、アプリやメールのチェックにかかる労力もほとんどなくなるでしょう。

あとは、日々の支払いをなるべく楽天カードに集約させることが、楽天ポイントを効率良く貯めるためのコツです。

コンビニなどでの少額の買い物でも、楽天ペイやカードを使ってしっかりポイントを貯めてください。

また、可能なら、楽天でんきや楽天モバイルなどの固定費も楽天のサービスに切り替えることで、さらなる節約と楽天ポイントの獲得が実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA