【STEP1】楽天経済圏のおすすめアプリと使い方を解説

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

⏳読み終える目安: 18 分

後輩くん
後輩くん

楽天経済圏が話題ですね。

何でもかなりの節約になるそうですし、ポイントの貯まり方も尋常じゃないと聞きました。

それで、自分も楽天を利用してみようかなと興味が湧いてきたんですが、まだ会員にもなっていないので何から手を付ければよいかよくわかりません。

楽天経済圏をお得に使いこなすにはどんな準備が必要なんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

そうだね。いきなり楽天市場で買い物を始めるのはおすすめしない。

楽天スーパーポイントをお得に貯めるには、最初にある程度の準備が必要なんだ。

そこで、具体的にどんな準備をしておけばよいか詳しく解説しよう。

それと、最初にインストールしておきたいアプリもいくつか紹介するね。

この記事で分かること

・楽天スーパーポイントをお得に貯めるために必要な準備

・楽天カードの活用法

・楽天銀行の口座を開設するメリット

・最初にどんなアプリをインストールすればよいか

まずは楽天会員の登録を行う

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

楽天経済圏を活用するには、何はともあれ、まず楽天会員として登録しなければなりません。とはいっても、何も難しいことはないので安心してください。

会員登録自体とても簡単なので、5分もあれば完了するでしょう。

楽天会員になるために、まず、楽天市場の公式サイトにアクセスします。

すると、「楽天会員登録(無料)」というところがあるので、そこをクリックしましょう。

クリックした先のページの指示に従って必要な情報をすべて入力します。

入力が完了したら「同意して次へ」ボタンをクリックし、確認画面が表示されるので、入力内容に間違いがないかをチェックします。

問題がなければページ下の「登録する」をクリックです。

これだけで楽天会員の登録が完了です。問題なく登録できたら入力したメールアドレス宛てにすぐに登録完了の通知が来ますので確認しておきましょう。

なお、楽天では一ユーザーにつき一アカウントしか持てないことに注意してください。

他のサービスにはいくつものアカウントを作成できるものもありますが、楽天では会員規約の第8条(禁止事項)にも明示されているように、一人一つのアカウントしか持てません。

Sponsored Search

準備するめにスタートボーナスチャンスに必ずエントリーをしよう!

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

楽天会員への登録が完了したら、楽天経済圏をめいっぱい活用するために、最初にやるべきことがあります。

それが「スタートボーナスチャンス」へのエントリーです。

スタートボーナスチャンスとは、楽天が指定する特定のサービスを利用すると、条件を満たした場合に1,000ポイントが付与されるサービスです。

エントリーはもちろん無料ですから、使うかどうかわからないサービスがあっても、とりあえずエントリーしておきましょう。

では、スタートボーナスチャンスへのエントリーの仕方ですが、楽天のポイント総合サイトの「楽天PointClub」にアクセスしてください。

ページを開いて下までスクロールすると、「対象サービスを見る」というところが見つかりますので、そこをクリックします。次に、「まずはエントリー」の表示をクリックです。

クリックして「スタートボーナスチャンス発動中」の表示が出たら、エントリーは無事完了しました。

あとは、実際に対象のサービスを利用して条件を満たした場合に、1,000ポイントがもらえます。

なお、スタートボーナスチャンスへのエントリーは自動で引き継がれないため、毎月エントリーが必要になることに注意してください。

対象のサービスをどんなに利用しても、エントリーしていなかった場合は無効です。

そうなってはせっかくの1,000ポイントを無駄にしてしまいますので、忘れず毎月エントリーしましょう。

なお、スタートボーナスチャンスとは別に「サクサクボーナスチャンス」というボーナス企画もあります。

こちらもエントリーだけで楽天スーパーポイントがもらえるという太っ腹の特典です。

1つのサービスを利用するごとに、100ポイントや200ポイントがそれぞれもらえます。

たとえば、「楽天競馬」なら、馬券を500円分以上購入するだけで100ポイントのボーナスです。

雑誌読み放題のサービスである「楽天マガジン」なら、初めてのお試し申し込みで200ポイントがもらえます。

ほかにも、「楽天チェック」、「Rebates」、「楽天Carアプリ」などさまざまなサービスがサクサクボーナスチャンスの対象です。

サクサクボーナスチャンスにエントリーするには、楽天PointClubのページに掲載の対象のサービスのところに「今すぐチェック」とありますので、それをクリックしてください。

「サクサクボーナスチャンス発動中」と表示されれば無事エントリー完了です。

なお、サクサクボーナスチャンスもスタートボーナスチャンスと同様に、毎月エントリーする必要があります。

これからも対象サービスはどんどん追加されていくとのことですから、毎月どんなサービスが対象になっているかチェックしておきましょう。

女性の方にはパンダフルライフコレクションもおすすめ

楽天ポイントの獲得ならスタートボーナスチャンスですが、それとは別に「パンダフルライフコレクション」という企画も楽天にはあります。

これは、エントリーして条件を達成すると楽天パンダグッズがもらえるという内容です。

かわいい楽天パンダの人形がもらえるチャンスですので、ファンの方には見逃せません。

ただし、パンダフルライフコレクションにエントリーすると、スタートボーナスチャンスにはエントリーできないことに注意してください。

どちらか一つを選ばなければならないので、パンダフルライフコレクションは、楽天ポイントよりも楽天パンダの人形が欲しいという方だけにおすすめします。

なお、スタートボーナスチャンスとの併用はできませんが、サクサクボーナスチャンスにはパンダフルライフコレクションを選んだ場合もエントリーできます。

Sponsored Search

楽天カードは必須!年会費無料なのですぐに発行しましょう

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

スタートボーナスチャンスとサクサクボーナスチャンスにエントリーして、楽天ポイントを大量に獲得する準備が整ったら、次にやるべきなのが楽天カードの発行です。

すでにクレジットカードを持っている人も、これから楽天経済圏を活用していきたいのであれば、楽天カードの発行は必須です。

楽天ポイントを効率良く貯めるのであれば、楽天のサービスの決済はすべて楽天カードでやるようにしましょう。

他のクレジットカードを使った時よりも、ポイントの貯まりやすさが圧倒的に違います。

年会費は無料ですし、発行するだけで時期によって5,000〜8,000ものポイントがもらえますので、カードの使い道はすぐには決めかねるという人も、とりあえず作っておきましょう。損はありません。

なお、クレジットカードの審査に不安がある方もいるかもしれませんが、楽天カードならたいていの人が問題なく作成できます。

審査の通りやすさは業界ナンバーワンと言われており、正社員でなくてもアルバイトやパートでも簡単に作成できます。

学生や主婦の方でも作りやすいクレジットカードですので、これまで収入に不安があって「自分にはクレジットカードが作れない」と思って1枚も作ろうとしなかった方も、まずは申し込んでみましょう。

楽天カードに申し込んで審査が滞りなく進めば、およそ1週間程度でカードが手元に届きます。

申し込み内容に不備があると、確認の電話などのために通常より発行までに時間がかかってしまうため、申し込む時は慎重に間違いのないように必要事項を記入してください。

楽天ポイントカードと楽天Edyは付けておく

楽天カードを申し込む際に、カードに楽天ポイントカードと楽天Edyの機能を付けることもできます。

どちらも付けておきましょう。

楽天ポイントカードとは、その名の通りポイントカードの役割を持つ機能で、楽天と提携する店舗で使用することで、買い物した金額に応じて楽天ポイントが貯まります。

楽天Edyとは、楽天の電子マネーサービスです。

楽天カードにEdy機能を付けて「Edyオートチャージ」を設定すれば、電子マネーの残高が設定金額以下になった時に自動的に入金してくれます。

残高不足の心配がありませんし、いちいち店員さんにチャージをお願いする必要もありません。

しかも、オートチャージを設定しておくだけで、通常より楽天ポイントが貯まりやすくなります。

楽天カードを使って買い物すれば、200円ごとに1ポイントの楽天ポイントが貯まりますが、Edyオートチャージを設定しておくと、200円チャージされるたびに楽天ポイントが1ポイントずつ貯まるのです。

というわけで、楽天カードを作るなら、楽天Edyと楽天ポイントカードの機能も必ず付けておきましょう。

ただ、すでに楽天カードを持っていてこれらの機能を付けていない方も安心です。

楽天Edyと楽天ポイントカードはいくつかのスマホアプリにも対応しているため、のちほど紹介するアプリをインストールすることでカバーできます。

楽天カードが到着したら楽天e-NAVIに登録する

申し込み内容に問題がなければ、およそ1週間程度で楽天カードが手元に届きます。楽天カードが到着したら、次にやるべきなのが楽天e-NAVIへの登録です。

楽天e-NAVIとは、楽天カード会員にとって便利なオンラインサービスで、これに登録しておくといつでも自由に利用明細の確認や支払い方法の変更ができます。

それだけでなく、お得なキャンペーンの情報も楽天e-NAVIを通じて知ることができるので、楽天ポイントを効率良く貯めるのにもおすすめです。

楽天e-NAVIへの登録も簡単です。

楽天カード表面に記載のカード番号と、楽天会員のIDとパスワードがあれば、あとは氏名などの基本的な個人情報を入力するだけですぐに登録が完了します。

家族がいる場合は家族カードも発行する

ご家族がいる方は家族カードの発行も検討してみてください。

家族カードとは、その名の通りカードの契約者の家族が利用できるクレジットカードのことです。

楽天カードの主契約者(あなた)の配偶者や18歳以上の子ども(高校生は除く)に持たせることができて、審査なしで作れます。

家族カードで買い物すると、親カード(あなたの楽天カード)にまとめて請求される仕組みですので、夫婦や親子で支払いをまとめたい方に便利です。

また、楽天ポイントも親カードに集約されて貯まります。

また、ポイントは家族間で移動することも可能です。

ただ、家族カードで決済した分はすべて主契約者に請求されるため、何に使ったかもすべてわかってしまいます。

そのため、夫婦同士であってもクレジットカードは別々に持ちたいということもあるでしょう。

それを踏まえたうえで、もし家族カードが欲しいというご家族がいて、楽天ポイントもあなたにあげていいということで話がまとまったのなら、ぜひ家族カードも発行しておくことをおすすめします。

ちなみに、家族カードの申し込みも楽天e-NAVIで簡単にできます。

リボ払いはおすすめしません

楽天カードに限らず、どのクレジットカードでも最近はリボ払いを勧めることに力を入れています。

リボ払いとは、毎月の支払い額をあらかじめ決めておくことで、買い物した金額によらず毎月の支払いを一定にできるという分割払いの一種です。

例を挙げて説明しましょう。

毎月の支払い額を2万円にしておくと、たとえ今月5万円使っても来月支払うのは2万円で済みます。

もちろんこれでは3万円が差額として生まれるため、その分は来月以降に繰り越しです。

そのため、次の月は1万円しか使わなかったとしても、最初に設定した2万円が引き落とされます。

このように、繰り越された分が残っている限りは、さらに翌月へと繰り越されるため、毎月支払う金額が一定になるのです。

このように、リボ払いは使った金額にかかわらず支払う金額を一定にできるということで、カード会社は支払いの負担を軽くするのに便利という点を強くアピールしています。

楽天カードでも「リボ払いにしませんか?」というメールが頻繁に届くようになります。

「それなら使ってみようかな」という気になってしまいそうですが、リボ払いはあまりおすすめしません。可能ならば常に一括払いをおすすめします。

なぜなら、考えなしにリボ払いでカードを使い続けていると、いつまで経っても返済が終わらなくなってしまうからです。

使い方によっては便利なこともあります。

たとえば、毎月の支払い額を5万円に設定しておき、ほとんどの月は5万円以上も使うことはないが、たまに5万円を超えるという程度なら、そのたまの月に大きな負担がかからないので便利と感じるでしょう。

しかし、リボ払いの支払い額を少額に設定して、毎月のようにそれ以上の金額をカードで使っていたら、いつまで経っても返済が終わりません。

それどころか、リボ払いは分割払いですから当然ながら金利がかかります。

つまり、実際に使った元金にプラスして金利分の支払いが発生するため、すでに長い間返済しているように思えて、実際は金利分の支払いだけで元金は全然減っていなかったというような事態にもなり得るのです。

また、リボ払いの支払いが残っていると、銀行や他のクレジットカード会社などでローンを申し込んだ時に、融資を断られる恐れがあります。

リボ払いという名前は付いていますが、いわゆる借金と同じことですから、マイカーローンや住宅ローンが必要な時に利用できないという困った事態も想定できるわけです。

毎月の負担を一定にできて、支払いの管理も楽になるというメリットもリボ払いはありますが、上記のデメリットを上回るほどではないのではないでしょうか。

そういう理由で、ここではリボ払いはおすすめしません。

可能な限り一括払いで、どうしても難しい場合は2回の分割払いで支払いましょう。

楽天カードは、分割払いを選んでも2回までなら手数料無料で利用できます。

Sponsored Search

楽天銀行口座を開設する

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

楽天カードについて詳しくお伝えしてきましたが、楽天カードを作ったら同時にやっておきたいことがあります。

それが、楽天銀行での口座開設です。

もちろん楽天銀行以外の銀行でも楽天カードを紐付けることはできますが、楽天銀行と楽天カードの合わせ技を使うと、他のどこよりもお得に楽天ポイントが貯まります。

楽天カードの請求先を楽天銀行に設定するだけで、楽天ポイントが+1倍で貯まるようになるのです。

ネット銀行をメインバンクとして使うことに対して、まだ不安を感じている方もいるかもしれません。

ネット銀行よりも、都市銀行などの大手銀行の方が安心感があると思っている方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、ネット銀行も保証はしっかりしていますし、金利が0.001%のこの時代に大手銀行だから有利ということはありません。

それに、楽天銀行の場合、2020年6月に国内のネット銀行で口座数が初めて900万口座を超えたほど多くの人に利用されています。

それだけ多くの人が信頼し、そして、メリットを感じているわけですから、楽天銀行をメインバンクとしてもまったく問題はありません。

楽天証券の口座も一緒に開設しましょ

楽天銀行で口座開設したら、ぜひ楽天証券の口座も一緒に開設して連携させておきましょう。

投資に興味がないという方も、楽天証券の口座開設にお金はかかりませんし、楽天銀行の口座と連携するだけで楽天銀行の金利が0.1%にアップしますので、開設しておいて損はないです。

投資をせずにただお金を預けておくだけと考えても、金利は高いほどよいのは明らかでしょう。

定期的に現金がもらえる

楽天銀行ではさまざまなキャンペーンを開催しており、なかにはアンケートに回答したりクリックしたりするだけで現金がもらえるキャンペーンまであります。

アンケートやクリックで貯まった現金は翌月2日に口座に振り込まれる仕組みです。

ただで現金がもらえるわけですから、利用しない手はないでしょう。

楽天カードの引き落とし口座に設定する

先ほども述べましたが、楽天銀行で口座を開設したら、すぐに楽天カードの引き落とし先に設定しましょう。

こうしておくことで、楽天市場で買い物するたびにポイントの還元率が+1倍になります。

引き落とし口座の設定は楽天e-NAVIで簡単にできるので、忘れないうちにすぐに設定しておきましょう。

楽天銀行の最大メリット・ハッピープログラムとは

楽天銀行に口座を開設するのは、もちろん楽天カードとの紐付けで楽天ポイントの還元率をアップすることが一つの理由ですが、実はそれだけではないのです。

楽天銀行には「ハッピープログラム」という優遇プログラムがあるのですが、これが楽天銀行を利用する最大のメリットです。

このプログラムにエントリーするだけで、楽天ポイントの還元率が最大で3倍にまでアップするほか、ATM手数料や振込手数料の月ごとの無料回数まで増えます。

ハッピープログラムは、会員のランクによって5つのステージに分かれており、上位のステージになるほどお得な特典がもらえるという仕組みです。最初にエントリーした時点では「ベーシック」というステージで、それから楽天銀行の利用度に応じて、「アドバンスト」、「プレミアム」、「VIP]、「スーパーVIP」とランクアップしていきます。

「ベーシック」の段階では楽天ポイントの倍率が+1倍になるだけですが、「アドバンスト」になることで、それに加えてATM利用手数料と他行宛ての振込手数料が月1回ずつ無料になります。

それが「プレミアム」になると、楽天ポイントの獲得倍率が2倍になるのに加えて、ATM利用手数料と他行宛ての振込手数料の無料回数も月2回ずつになるのです。

さらに「VIP」では、楽天ポイントの獲得倍率が3倍に、ATM利用手数料の無料回数が月5回、他行宛ての振込手数料の無料回数が月3回になります。

最高ランクの「スーパーVIP」では、楽天ポイントの獲得倍率と他行宛ての振込手数料の無料回数は「VIP」と同じですが、ATMの利用手数料が月7回まで無料になるのです。

このように、会員ステージが上に行くほどお得な特典が増えていくわけですが、ステージを上げるのはそれほど簡単なことではありません。

「アドバンスト」になるには、毎月25日の時点で口座残高が10万円以上あるか、対象商品とサービスの取引件数が前月26日〜毎月25日の間で5件以上あることです。

また、預金残高に限って見ていくと、「プレミアム」で50万円以上、「VIP」で100万円以上、「スーパーVIP」で300万円以上必要ですので、お金に余裕がない限りステージランクのアップは難しいと感じるのではないでしょうか。

ただ、会員ステージを上げるには、預金残高を増やすだけでなく、先ほど「アドバンスト」のところでも触れたように、前月26日〜毎月25日で行った対象商品とサービスの取引件数をクリアする方法もあります。

こちらは、「プレミアム」で10件以上、「VIP」で20件以上、「スーパーVIP」で30件以上です。

手元にそれほど現金がない人でも、がんばって取引回数を増やせば「プレミアム」や「VIP」辺りは目指しやすいのではないでしょうか。

ともかく、エントリーするだけで自動的に「ベーシック」になってポイント獲得倍率が+1倍になるわけですから、楽天銀行に口座を開設したら忘れずにハッピープログラムにエントリーしておきましょう。

Sponsored Search

初心者が揃えるべき必須アプリ

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

楽天会員になり、楽天カードと楽天銀行の手続きも終われば、いよいよ楽天のサービスを使い倒してポイントを荒稼ぎしたいと思うところです。

しかし、その前にスマホに楽天関連のアプリをいくつかインストールしておきましょう。

楽天のサービスを利用するのに便利なアプリですし、アプリのなかにはそれを通じてサービスを利用するだけで、楽天ポイントが通常より高倍率で貯まるものもあります。

ただ、楽天関連のアプリはかなりの種類が存在します。

そのすべてをいきなりインストールしても使いこなせませんから、まずは「最低これだけはインストールしておくべき!」という初心者にも必須のアプリの使い方を覚えておきましょう。

楽天市場

楽天市場で買い物をするのであれば、楽天市場アプリをぜひインストールしておきましょう。

アプリを使わなくても、PCやスマホのブラウザから楽天市場にアクセスして買い物は可能です。

ただ、楽天市場アプリを使って買い物することで、ブラウザを使用する時より楽天ポイントの獲得倍率が+0.5倍になります。

アプリで決済するだけで+0.5倍になるため、商品を選んで買い物かごに入れるまではパソコンを使ってもかまいません。

買いたいものをすべて買い物かごに入れ、最後の注文の確定をアプリで行えば、それだけで楽天ポイントがお得に貯まります。

また、スマホで楽天市場を使うなら、楽天ポイントのことを抜きにしてもアプリの方が便利です。

スマホ表示に最適化されているので、電波状況が悪くてブラウザでは閲覧に時間がかかる場所でも、アプリを通じてなら素早くアクセスできます。

そのほか、5,000ポイント当たるチャンスがある「ラッキーくじ」をプレイできたり、バーコードで商品をスキャンできたりなどの機能があるので、いずれにせよインストールしておくべき必須アプリと言えるでしょう。

楽天PointClub

楽天ポイントの管理に便利なのが楽天PointClubアプリです。

楽天PointClubもブラウザで利用できますが、やはりスマホで操作するにはアプリの方が使い勝手が良いでしょう。

楽天ポイントには通常ポイントとは別に「期間限定ポイント」といって、使用期限が決まっているポイントがあります。

期限を過ぎると無効になってしまうポイントですので、期間限定ポイントの有効期限はちゃんとチェックしておかなければなりません。

楽天PointClubアプリを使えばそれが簡単に確認できるため、いちいちブラウザからアクセスするより便利です。

また、楽天PointClubアプリを起動するだけで1日1ポイントがもらえるほか、ポイントミッションのお得情報をチェックすることで1日1ポイントもらえるようになっています。

さらには、毎週1回、ポイント実績の確認とキャンペーンを3つ以上チェックすることでそれぞれ1ポイントずつもらえます。

つまり、楽天PointClubアプリを使えば、1日2ポイント、それに加えて毎週2ポイントずつ貯めることができるということです。

これだけで毎月数十ポイントが貯まりますから、まさに「塵も積もれば山となる」です。

楽天PointClubアプリにはポイントカードの機能も付いています。

楽天カードのところで「カード発行の際にポイントカード機能を付けるべき」とお伝えしましたが、もし発行時点で付け忘れたとしても、楽天PointClubアプリの機能を使えば大丈夫です。

なお、楽天関連のアプリはいくつもあるため、必要なものは一度にインストールしたいところですが、まずは楽天PointClubアプリからインストールしてください。

なぜなら、楽天PointClubアプリを経由してインストールすることで、楽天ポイントが獲得できるキャンペーン対象になっているアプリもあるからです。

時期によって対象アプリが異なるので、何かアプリをインストールする前に、まず楽天PointClubアプリを起動してみて、ポイント獲得の対象になっているアプリがないかどうかをチェックするようにしましょう。

楽天カード

楽天カードの管理が便利な専用の楽天カードアプリも存在します。

楽天カードを発行したらぜひこのアプリもインストールしておきましょう。

楽天カードアプリがあれば、いつでもカードの利用明細をチェックできますし、支払い方法もアプリを通じて変更できます。

また、楽天PointClubアプリと同様、ポイントカード機能があるため、クレジットカードがなくてもこのアプリがあればポイントを貯めたり使ったりが可能です。

なお、楽天カードアプリを利用するには、楽天e-NAVIに登録してある必要があります。

先述したように、楽天カードが到着して最初に楽天e-NAVIに登録することをおすすめしたのは、こうした理由もあるためです。

楽天ポイントカード

楽天ポイントカードには専用のアプリもあります。

このアプリがあれば、クレジットカードにポイントカード機能を付けていなくても安心です。

ただ、上で紹介したように、楽天PointClubアプリや楽天カードアプリにもポイントカード機能が付いているため、このアプリがなければダメというわけではありません。

とはいえ、このアプリを通じて、お店の検索ができたり、ポイント獲得のチャンスがあるキャンペーンの情報が入手できたりと便利なこともあるので、インストールしておいて損はないでしょう。

楽天ペイ

楽天ペイは楽天のスマホ決済アプリです。PayPayやLINE Payなど他社にもいろんなスマホ決済アプリがありますが、楽天経済圏を活用するならぜひ楽天ペイを積極的に使ってください。

以前は、楽天カードや楽天Edyに比べて楽天ペイは使えるところが少ないのがネックと言われていました。

しかし、今では、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ポプラ、セイコーマートなど大手コンビニにすべて対応していますし、家電量販店や飲食店、ドラッグストアなど他にも多数の店舗で使えるようになっています。

楽天によると今後も使えるお店は順次増やしていくそうですので、「使えるところが見つからない」との心配はもはや無用でしょう。

また、楽天ペイで決済することで、ポイントの二重取りができるといううれしいメリットもあります。

楽天ペイに楽天カードを紐付けておけば、楽天ポイントの還元率が1.5%になります。

ふつうに楽天カードを提示して買い物する場合は1.0%ですので、楽天ペイが使えるお店ではクレジットカードよりもこちらを積極的に利用しましょう。

楽天ROOM

楽天ROOMとはSNSとよく似たサービスで、楽天ポイントを貯めるのに便利な存在です。

楽天市場の商品をこのアプリで紹介し、他のユーザーが自分のページを経由してそれを購入すると、楽天アフィリエイトから楽天ポイントが付与されます。

付与されるポイントは商品のジャンルによって異なるものの、商品金額の2〜8%です。

逆に、自分が他のユーザーが紹介する商品を、そのユーザーのページを経由して購入することでも、通常よりお得にポイントが貯まります。

なお、楽天ROOMにはROOMランクというランクシステムがあり、最下位のEから最上位のSまで6ランクに分かれています。

ROOMランクがB以上では、ROOM経由で商品が売れると、楽天アフィリエイトから付与されるポイントにプラスして、1.0〜3.0%の報酬ポイントがもらえます。

ROOMランクがSなら、ROOM経由でもらえるポイントの合計が5〜11%にもなる仕組みです。楽天ROOMを使うなら、ぜひBランク以上を目指しましょう。

楽天銀行

楽天銀行の専用アプリもあります。

楽天銀行に口座を開設した以上、楽天銀行アプリもぜひインストールしておきましょう。

アプリを通じて残高確認や振込などがいつでもどこでもできるようになります。

また、アプリ内でATM手数料と他行宛て振込手数料の無料回数も確認可能です。

楽天銀行アプリがあれば、パソコンのサイトとほとんど同じことがスマホで簡単にできるようになります。

さらに、自治体によっては、楽天銀行アプリを通じて市税や国民健康保険料などを納めることのできるサービスを展開しているところもあります。

わざわざ銀行やコンビニに行かなくても、払込票があればいつでも税金や保険料を納付できる便利なサービスです。

お住まいの自治体が対応しているか、ぜひ確認しておきましょう。

Sponsored Search

まとめ:楽天のおすすめアプリと使い方

楽天経済圏 おすすめ アプリ 使い方 解説

ここまでしっかり準備して、必要なアプリもインストールしておけば、楽天経済圏を活用して楽天スーパーポイントを効率良く獲得できるようになるでしょう。

もう一度使い方を確認しておくと、楽天会員に登録し、スタートボーナスチャンスとサクサクボーナスチャンスにエントリー、それから楽天カードの発行と楽天銀行の口座開設、カードと銀行口座の紐付けまでは必須です。

アプリについては、ここで挙げた以外にもいろんな種類がありますし、人によってよく使うサービスも違うため、他にもインストールしておきたいアプリも出てくるはずです。

気になるアプリがあればどんどん使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA