【上手な使い方】ポイントエクスチェンジ(Point exchange)とは?評判や使い方などまとめてみた

Pointexchange ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

⏳読み終える目安: 12 分

後輩くん
後輩くん

ポイントがたまっているけれども現金などに変える方法がわからない…

はちおうじパパ
はちおうじパパ

それならポイントエクスチェンジ(Point exchange)を使ってみたら?

ポイントは貯められたけれども、使い方がわからないという人におすすめなのがポイントエクスチェンジ(Point exchange)です。

ポイントサイトの中でもげん玉というサイトが人気です。

このげん玉で貯めたポイントを交換できるサイトとして、ポイントエクスチェンジ(Point exchange)は知られています。

しかしそのほかのポイントも交換することができ、便利なサービスとして注目を集めています。

ポイントエクスチェンジに登録する前に、その使い方についてマスターしておきましょう。

この記事でわかること

・ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)というサービスについて

・ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の交換先

・ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)で資産運用できる

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とは?

PeX 使い方 評判

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とはポイントサイトで貯めたポイントをまとめて交換できるサービスで、ポイント合算サイトの一種です。

いろいろなポイントサイトを利用していると、個別ではなかなかポイントが貯まらないということも起こりえます。

しかし、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用すれば、複数のポイントをまとめられるので重宝するでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の特徴として挙げられるのは、げん玉を運営しているサイトと同じところが運営している点です。

げん玉はポイントサイトの一種で、稼げると評判。

月々50〜100万円くらい稼いでいる人もいるほどです。

ちなみにげん玉とポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の運営会社は2014年には東証マザーズに上場を果たしました。それだけ信用力のある会社とも言えるでしょう。

また、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を見てみると、SSLを利用しています。

情報のやり取りをする場合、暗号化されるシステムです。

情報流出する恐れがなく、セキュリティもしっかりしています。

稼いだポイントは1ポイント=1円のレートで交換できます。

交換先ですが現金のほかにも電子マネーや各種ギフト券なども考えられます。

また、ほかのポイント合算サイトの場合、最低交換ポイントが決まっているところが多いです。

しかし、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の場合、1ポイントからでも交換可能です。

細かなポイントを現金化できるので使い勝手がいいです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用するにあたって、年齢制限がありますので注意しましょう。

16歳以上の方を対象にしたサービスです。

ただし、20歳未満の方は利用するにあたって、保護者の同意が必要になりますから、この部分にも注意したほうがいいです。

ほかの項目で詳しく紹介しますが、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)では現金以外にもいろいろな交換先があります。

その中に電子マネーやギフト券も候補にあがります。

しかし、電子マネーやギフト券に交換する際には、電話番号認証が必要になります。

ただし、銀行振込を選択した場合には、電話番号認証はありません。

銀行を登録した時点で本人確認できているので、いちいち認証する必要はないわけです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)はいろいろなところと連携しています。2017年10月からは「トラノコ」と連携サービスを開始しました。

トラノコとは投資アプリのこと。

毎日のショッピングでお釣りなどの小銭が発生すると思いますが、このお釣りを元手にして資産運用できるサービスです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とID連携させておくと、6ポイントから投資に回すことができます。

自分の手持ち資金ではなく、ポイントで資産運用できるわけですね。

投資にあまり興味がなかった人でも手軽に資産運用できるという意味ではおすすめのポイント合算サイトといえるでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とポイントサイトのげん玉は同じ運営会社です。

げん玉はポイントを貯めることはできますが、サイト単体で換金ができません。

このため、ポイントを現金化するためにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用する形です。

もしポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に登録しようと思っているのであれば、同時にげん玉にも登録しておくといいでしょう。

そうすれば、げん玉で稼いだポイントをスムーズにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に移行することもできるはずです。

げん玉からポイントをポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に通すことによって、いろいろなメリットが期待できます。

特に、毎月100円が手に入るのは大きなメリットといえます。

何もアクションしなくても実質月々100円獲得できるのは、ほかのポイント合算サイトではなかなか見られないサービスです。

またげん玉からポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を通すことによって、いろいろな交換先の選択肢が手に入るのもメリットの一つ。

げん玉からダイレクトに換金する方法もあるにはありますが、その選択肢はPEXやドットマネー、ギフト券くらいなもの。

ほかで詳しく見ていきますが、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の場合、現金やギフト券、電子マネーなどさまざまな選択肢が用意されています。

できるだけ多くの換金先を確保しておきたければ、げん玉だけでなくポイントエクスチェンジ(Pointexchange)への登録をすべきでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)はポイントを合算したり、換金したりするのがメインの用途のサイトです。

しかしそのほかにもいろいろなサービスがあります。

例えばスクラッチやゲームなどもあります。これらのゲームに参加することで、ポイントを獲得できるかもしれません。ゲームやスクラッチは毎日利用できます。こちらでコツコツポイントをためて、換金するのも一つの方法です。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)では、換金上限額が設定されているので注意しましょう。

1回あたり10万ポイントが上限です。

10万ポイントは10万円に相当する金額です。

ちなみにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のユーザーの中には月に30万円くらい稼いでいるような人もいます。

この場合、10万円が上限だと使いにくく感じるかもしれません。

しかしサイトの方に問い合わせをすれば、換金制限を解除してもらうことも可能です。

まとまったポイントを還元するのに重宝するでしょう。

Sponsored Search

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の口コミ・評判まとめ

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とはポイントサイトで貯めたポイントをまとめて交換できるサービスで、ポイント合算サイトの一種です。

いろいろなポイントサイトを利用していると、個別ではなかなかポイントが貯まらないということも起こりえます。

しかしポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用すれば、複数のポイントをまとめられるので重宝するでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の特徴として挙げられるのは、げん玉を運営しているサイトと同じところが運営している点です。

げん玉はポイントサイトの一種で、稼げると評判。月々50〜100万円くらい稼いでいる人もいるほどです。

ちなみにげん玉とポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の運営会社は2014年には東証マザーズに上場を果たしました。

それだけ信用力のある会社とも言えるでしょう。

また、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を見てみると、SSLを利用しています。

情報のやり取りをする場合、暗号化されるシステムです。

情報流出する恐れがなく、セキュリティもしっかりしています。

稼いだポイントは1ポイント=1円のレートで交換できます。

交換先ですが現金のほかにも電子マネーや各種ギフト券なども考えられます。

また、ほかのポイント合算サイトの場合、最低交換ポイントが決まっているところが多いです。

しかしポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の場合、1ポイントからでも交換可能です。

細かなポイントを現金化できるので使い勝手がいいです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用するにあたって、年齢制限がありますので注意しましょう。

16歳以上の方を対象にしたサービスです。

ただし20歳未満の方は利用するにあたって、保護者の同意が必要になりますから、この部分にも注意したほうがいいです。

ほかの項目で詳しく紹介しますが、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)では現金以外にもいろいろな交換先があります。

その中に電子マネーやギフト券も候補にあがります。

しかし電子マネーやギフト券に交換する際には、電話番号認証が必要になります。

ただし銀行振込を選択した場合には、電話番号認証はありません。

銀行を登録した時点で本人確認できているので、いちいち認証する必要はないわけです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)はいろいろなところと連携しています。

2017年10月からは「トラノコ」と連携サービスを開始しました。

トラノコとは投資アプリのこと。毎日のショッピングでお釣りなどの小銭が発生すると思いますが、このお釣りを元手にして資産運用できるサービスです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とID連携させておくと、6ポイントから投資に回すことができます。

自分の手持ち資金ではなく、ポイントで資産運用できるわけですね。

投資にあまり興味がなかった人でも手軽に資産運用できるという意味ではおすすめのポイント合算サイトといえるでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)とポイントサイトのげん玉は同じ運営会社です。

げん玉はポイントを貯めることはできますが、サイト単体で換金ができません。

このため、ポイントを現金化するためにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を利用する形です。

もしポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に登録しようと思っているのであれば、同時にげん玉にも登録しておくといいでしょう。

そうすれば、げん玉で稼いだポイントをスムーズにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に移行することもできるはずです。

げん玉からポイントをポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に通すことによって、いろいろなメリットが期待できます。

特に、毎月100円が手に入るのは大きなメリットといえます。

何もアクションしなくても実質月々100円獲得できるのは、ほかのポイント合算サイトではなかなか見られないサービスです。

またげん玉からポイントエクスチェンジ(Pointexchange)を通すことによって、いろいろな交換先の選択肢が手に入るのもメリットの一つ。

げん玉からダイレクトに換金する方法もあるにはありますが、その選択肢はPEXやドットマネー、ギフト券くらいなもの。

ほかで詳しく見ていきますが、ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の場合、現金やギフト券、電子マネーなどさまざまな選択肢が用意されています。

できるだけ多くの換金先を確保しておきたければ、げん玉だけでなくポイントエクスチェンジ(Pointexchange)への登録をすべきでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)はポイントを合算したり、換金したりするのがメインの用途のサイトです。

しかしそのほかにもいろいろなサービスがあります。

例えばスクラッチやゲームなどもあります。これらのゲームに参加することで、ポイントを獲得できるかもしれません。

ゲームやスクラッチは毎日利用できます。こちらでコツコツポイントをためて、換金するのも一つの方法です。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)では、換金上限額が設定されているので注意しましょう。1回あたり10万ポイントが上限です。

10万ポイントは10万円に相当する金額です。

ちなみにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のユーザーの中には月に30万円くらい稼いでいるような人もいます。

この場合、10万円が上限だと使いにくく感じるかもしれません。

しかし、サイトの方に問い合わせをすれば、換金制限を解除してもらうことも可能です。

まとまったポイントを還元するのに重宝するでしょう。

Sponsored Search

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の手数料について

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に限らず、このようなポイント合算サイトを利用する際、換金する際にかかる手数料には注意したほうがいいです。

手数料は何と交換するかによって変わってきます。

しかしだいたい100〜200円程度手数料が発生すると思ったほうがいいでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)でお得に交換するためには、手数料無料チケットを活用することです。

手数料無料チケットは毎月1回発行されます。このチケットを使って換金すれば、文字通り手数料無料です。

ただし、この手数料無料チケットはいくら貯めたところで無料で換金できるのは、1度だけです。

ですから毎月1回換金すれば、無駄なコストをかけることなく換金できます。

Sponsored Search

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のポイント交換先

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に限らず、このようなポイント合算サイトを利用する際、換金する際にかかる手数料には注意したほうがいいです。

手数料は何と交換するかによって変わってきます。

しかし、だいたい100〜200円程度手数料が発生すると思ったほうがいいでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)でお得に交換するためには、手数料無料チケットを活用することです。

手数料無料チケットは毎月1回発行されます。このチケットを使って換金すれば、文字通り手数料無料です。

ただしこの手数料無料チケットはいくら貯めたところで無料で換金できるのは、1度だけです。

ですから毎月1回換金すれば、無駄なコストをかけることなく換金できます。

Sponsored Search

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)からマイルに交換できる

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)に限らず、このようなポイント合算サイトを利用する際、換金する際にかかる手数料には注意したほうがいいです。

手数料は何と交換するかによって変わってきます。

しかしだいたい100〜200円程度手数料が発生すると思ったほうがいいでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)でお得に交換するためには、手数料無料チケットを活用することです。

手数料無料チケットは毎月1回発行されます。

このチケットを使って換金すれば、文字通り手数料無料です。

ただしこの手数料無料チケットはいくら貯めたところで無料で換金できるのは、1度だけです。

ですから毎月1回換金すれば、無駄なコストをかけることなく換金できます。

Sponsored Search

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)でTポイントに変える場合

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

TポイントはTSUTAYAを中心として付与・利用できるポイントプログラムです。

Tポイントを普段貯めている人もいるでしょう。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)で貯めたポイントは、Tポイントに移行できます。

最低交換ポイントは100ポイントで、一度に交換できる上限は1万ポイントです。

手数料として交換したポイントの5%分が発生します。交換申請しても、すぐにTポイントには反映されません。

申請した翌月の中旬に反映されるのが一般的です。

Sponsored Search

まとめ:ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のメリット・デメリット

ポイントエクスチェンジ pointexchange 使い方 評判

最後にポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のメリットとデメリットについてみていきますので、自分にとってプラスかマイナスか検討する際の材料に使ってみてください。

まずメリットとして大きいのは、銀行口座を持っていなくても現金化できる点。多くのポイント合算サイトでは、口座入金という形で現金化をします。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)の場合、セブン銀行ATMで現金化できます。

お近くのセブンイレブンのATMで現金引き出しできるので、口座を持っていない人でも利用可能です。

またいろいろなポイントサイトで貯めたポイントを一本化できるのもメリットの一つです。

げん玉と同じ会社が運営しているサイトですが、ほかのポイントサイトや動画配信サービスで獲得したポイントを合算が可能。

一つにまとめることで効率的にポイントを貯められますし、余計な交換手数料も発生しないのもおすすめポイントの一つです。

ポイントエクスチェンジ(Pointexchange)のポイントを交換する場合、手数料がかかります。

しかし月1で発行される手数料無料チケットを利用すれば、余計なコストがかかりません。

しかし手数料無料チケットにはデメリットもあります。

それはチケットの利用できない交換先のある点です。

LINEポイントやTポイント、ベルメゾン・チケットなどでは手数料無料チケットが利用できないので、この部分は注意が必要です。

またポイントエクスチェンジ(Pointexchange)で獲得したポイントには有効期限がある点も注意しましょう。

180日経過すると失効してしまうのは、人によってはデメリットに感じるかもしれません。

この180日というのは前回ポイント交換した日からになりますのでこちらも理解しておきましょう。

このようにポイントエクスチェンジ(Pointexchange)にはメリットとデメリット両面があります。

しかしメリットとデメリットのあるのはほかのポイント合算サイトも同様です。

自分にとって使い勝手がいいかどうか慎重に判断したうえで、入会するかどうか判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA