【上手な使い方】PeXとは?評判や使い方などまとめてみた

PeX 使い方 評判

⏳読み終える目安: 11 分

後輩くん
後輩くん

ポイントサイトを利用して効率よくポイントを貯めたいのですが、一つにまとめる方法が見つからなくて困っています。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

ポイントサイトが乱立しているので、まとめる方法を知りたいわけですね。それならPeXはどうでしょうか?

え!そんな便利なサービスがあるんですね。ところでPeXって何ですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

簡単に言えば、ポイントサイトで獲得したポイントを、PeXで共通のポイントに交換するサービスのことです。ここなら各ポイントサイトのポイントを上手くまとめられますよ。

後輩くん
後輩くん

へえ!それは便利ですね。どうやって利用するのですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

利用方法はそれほど難しくありません。

まずはPeXをよく理解しておくことが大切だと思います。

サービス内容を把握すれば、あとは簡単にポイントをまとめることができますよ。

この記事でわかること

・PeXはどのようなサービスか

・PeXのメリットとデメリット

・PeXと他のポイントサイトとの比較

・PeXでのポイント交換方法

PeXとは?

PeX 使い方 評判

インターネット上にはたくさんのポイントサイトがあります。

ポイントサイト経由でネットショッピングやクレジットカードの契約、料金の伴うサービスの利用などをした場合、金額に応じてポイントが付与されます。

使い方は簡単。

ポイントは電子マネーやマイレージ、商品券などに交換できるため、単にネットショッピングをするよりも断然お得です。

ポイントサイトはとても便利でお得なサービスですが、複数のポイントサイトを利用していると、それぞれのポイントが貯まるものの、別個に利用する以外に方法がなく、いまいちお得感に欠けてしまうのが実情です。

PeXはそのような問題を解決してくれる、ポイント交換サービス。

PeXのサービスをよく理解して活用すれば、ポイントを効率よく貯めるだけでなく、消費もできるようになります。

この情報を見るとPeXはとても便利なサービスですが、気になるのがPeXの運営会社の信頼性や利用者数などの情報です。

信用できないサービスサイトだとしたら、やっぱり利用するのはやめよう、と考えてしまうものです。

そうならないために、PeXの運営会社情報や、具体的なサービス内容などの評判を知っておくと良いでしょう。

情報がわかると、PeXを安心して利用することができるはずです。

PeXのサービス概要

PeXは日本最大級を誇るポイント交換サービスです。

PeXを運営している会社は株式会社Voyage Marketingという会社で、親会社の株式会社CARTAホールディングスは東証一部上場企業です。

この時点で会社の信頼性は非常に高いことがわかります。

日本最大級のポイントサイトを宣伝しているだけあって、PeXを利用している会員数はなんと190万人超。

各ポイントサイトのポイントをまとめて、効率よく他の商品やサービスに交換できることから、多くの会員が利用しています。

PeXが信頼できるもう一つの理由は、PeXの運営会社がJIPCに加入していることです。

JIPCとはJapan Internet Point Committee(日本インターネットポイント協議会)のことで、ポイントサイト業界の中でも権威のある協議会です。

ポイント交換を適正かつ円滑に行えるようにサービスを監視し、是正などの勧告を行います。

PeXがJIPCに加入しているということは、権威ある協議会から認められたポイントサイトであるということを証明しているので、評判も良く、安心して利用できます。

ちなみにJIPCには日本の名だたるポイントサイトやサービス団体が加入しています。

ポイントサイトの信頼性を確かめるために、JIPCに加入しているかどうかを判断基準にすると良いかもしれません。

PeXはポイント中継サイト

PeXは、複数のポイントサイトで獲得できたポイントを、同じポイントにまとめることができる、ポイント中継サイトです。

ポイント以外にも現金や電子マネーに交換可能なので、普段よく利用している電子マネーに交換すれば、買い物などで利用することもできます。

注目したいのは、PeXでためたポイントを飛行機会社のマイレージに交換できること。

いわゆる陸マイラー必須のポイントサイトと言われるほど、PeXは利用価値が高く、利用するメリットがたくさんあります。

交換方法は後で解説しますが、使い方はそれほど難しくありません。

一度使い方を覚えてしまえば、いつでも好きなときにポイントを有効活用できます。

人気のポイントサイトの中でも、陸マイラーに人気なのがハピタス。

クレジットカードやショッピング利用で効率よくポイントが貯められますが、かつて人気だったソラチカルートが閉鎖になったため、今はPeXを介してのマイル交換が主流になっています。

PeXを使えば手数料を節約出来る

PeXが良い評判を得ている理由として、ポイントを交換する際の手数料を節約できるという点があります。

例えば銀行口座にポイントを現金化して振り込む場合、ポイントサイトごとに交換手数料が発生します。

複数のポイントサイトを活用している場合、手数料はその都度発生するので、ポイントを無駄にしてしまう事になってしまいます。

手数料はまちまちで安いものは30円程度、高いと200円を超える手数料が取られる場合もあります。

もし200円の手数料を10のポイントサイトで徴収された場合、合計で2000円を手数料で持っていかれてしまう計算になります。

これを回避するために、多くの人が利用しているのが、PeXで各ポイントサイトのポイントをまとめて、一括で現金化する方法です。

これなら余分な手数料を支払わなくて済むので、その分だけお得です。

手数料は交換回数が増えれば増えるほど加算されるので、できるだけ手数料を安く済ませるためにも、PeXを利用することをおすすめします。

Sponsored Search

PeXのメリット・デメリット

PeX 使い方 評判

PeXを利用するメリットとデメリットも気になります。

評判が高いPeXですが、メリットとデメリットの両方を把握しておけば、利用したほうが良いかどうかを判断する際に役立ちます。

PeXメリット

PeXを利用するメリットはいくつかありますが、なかでも利用価値の高いメリットとして、提携しているポイントサイトが多いことです。

提携先が多ければ多いほど、効率よくポイントを貯めてまとめることができるので、とても便利です。

提携しているポイントサイトが業界屈指の多さ

2020年10月現在、提携しているポイントサイトは全部で28サイト。

業界屈指の多さです。

その中でも利用者が多いポイントサイトは次の通りです。

・げん玉 ネットショッピングなどでポイントが貯まるポイントサイト。
・GetMone! アンケートなどでポイントがたまったら現金等に交換できる。
・ポイントタウン ECサイトでの買い物でポイントがたまります。
・ハピタス 買い物やサービスの利用で効率よくポイントが貯められるポイントサイト。
・ワールドプレゼント クレジットカードの利用額に応じてポイントがたまる。
・ちょびリッチ ゲームやアンケートでポイントが貯まります。
・ECナビ アンケートや買い物で高還元のポイントがもらえる。

アンケートモニターサイトのポイントをPeXに交換できる

2つ目のメリットはアンケートモニターサイトのポイントをPeXに交換できることです。

アンケートモニターサイトというのは、アンケートに答えたり、商品のモニターや覆面調査などを実施して、報酬が受け取れるサイトのことです。

コツコツお小遣いをためたいという人に向いているのがアンケートモニターサイト。

PeXは屈指の提携先を誇ります。

具体的なアンケートモニターサイトは次のとおりです。

・マクロミル 東証一部上場のアンケートサイト。アンケートの内容に応じてポイントが付与。
・vlcrw(バルクルー) アンケートモニターサイト。たまったポイントは現金などに交換可能。
・キューモニター アンケートに答えてポイントが貯められる。
・infoQ 商品モニターやアンケートでポイントが貰えるサービス。
・Qzoo 新商品のモニターに応じてポイントが貰える。
・サイバーパネル アンケートに答えてもらえるポイントはPeXに交換可能。
・Fancrew(ファンくる) 覆面調査や商品モニターでポイントが貯まるサービス。
・モラタメ 商品モニターでお得にポイントが貯まるモニターサイト。

もしかしたら上記のアンケートモニターサイトを既に利用しているという方もいるかもしれません。

それぞれのサイトでためたポイントをまとめてPeXで交換できるので、非常にお得です。

PeX自体もポイントを貯めるためもとが可能

3つ目のメリットは、PeX自体もポイントを貯めるためのコンテンツを配信していることです。

サイトにログインすると、「ポイントがたまるコンテンツ」が表示されます。

くじやポイント投資など、ポイントを増やすためのコンテンツが用意されています。

これらのコンテンツをうまく活用することで、毎日コツコツポイントを貯めることが可能です。

例えば、ポイント交換の際の手数料分のポイントを、コンテンツで稼ぐというのもアリでしょう。

PeXで利用できるコンテンツは全部で5つです。

・みんなのニュースウォッチ 気になるニュースを選んで読むとポイントが貯まる
・オリチラ チラシをチェックしてポイントがもらえる
・CMくじ コマーシャルを見てポイントが貰えるサービス
・PeXポイント投資 PeXポイントを利用して運用ができるバーチャル投資
・PeXポイント定期預金 PeXポイントを預けると預入期間に応じてポイントが増える

PeXポイントの交換先が豊富

4つ目の利用メリットはPeXポイントの交換先の豊富さです。

PeXポイントは現金だけでなく、さまざまな電子マネーや商品に交換できるのが魅力です。

複数のポイントサイトで貯めたポイントを自分の好きなサービスに交換できます。

ポイント交換先によっては、特別レートが適用されるものもあります。

これは少ないポイント数でお得に交換できるサービスで、特別レートを活用して、ギフト券などをゲットできるのが魅力です。

具体的な交換先は次のとおりです。

・ショッピングポイントやギフト券
・電子マネーへの交換
・マイレージサービスへの交換
・銀行口座への振り込み
・仮想通貨との交換

PeXデメリット

PeXはメリットが多いので、デメリットはなさそうに見えますが、PeXにもデメリットはあります。

交換手数料が発生する

PeXでたまったポイントを現金に還元する場合、交換手数料が発生してしまうことです。

例えばある程度ポイントが貯まったのでそろそろ現金に交換したい、と思った場合、手数料分のポイントを計算しておらず、希望する金額に換金できなかった、という問題が生じる可能性があります。

この問題を回避するためには、あらかじめ手数料分のポイントも計算して、現金に換金する必要があるので、忘れないようにしてください。

手数料を払わずに済む方法はないのかが気になりますが、PeXでは時々、手数料無料キャンペーンを実施することがあります。

キャンペーンをうまく活用すれば、手数料分のポイントが引かれる心配がないので、こまめにサイトをチェックすると良いでしょう。

もう一つデメリットを挙げるとしたら、ポイント交換レートです。

PeXと提携しているポイントサイトによって、交換レートが少なく設定されていることがあります。

これはそれぞれの交換率をチェックすることでわかりますが、手数料以外に交換レートを低くすることで、ポイントを多く消費させようとします。

交換する際には、それぞれの交換レートをチェックしてからにするほうが良いでしょう。

Sponsored Search

PeX/ドットマネー/ポイントエクスチェンジ/Gポイント/ネットマイル比較

PeX 使い方 評判

PeXの還元率がどれくらい効率が良いのかをチェックするために、他のポイントサイトと比較してみるのは良いことです。

交換できるものや、手数料、レートなどを確認して、PeXにすべきか、他のポイントサービスにすべきかを決めると良いでしょう。

・PeX
提携するポイントサイト数:100超

ポイントを交換できるもの:現金、ショッピングのポイントサービス、電子マネー、Bitcoin、マイレージサービス、商品との交換等

手数料:基本無料だが手数料がかかることも

・ドットマネー
提携するポイントサイト数:60超

ポイントを交換できるもの:現金、ショッピングのポイントサービス、電子マネー、マイレージサービス、PayPal等

手数料:無料

・ポイントエクスチェンジ(現RealPay)
提携するポイントサイト数:20程度

ポイントを交換できるもの:現金、ショッピングのポイントサービス、電子マネー、商品券、PayPal、Bitcoin等

手数料:基本無料だが手数料がかかることも。PeXよりも割高

・Gポイント
提携するポイントサイト数:100以上

ポイントを交換できるもの:現金、ショッピングのポイントサービス、電子マネー、商品券など合計120種類以上

手数料:交換手数料は交換するポイントの10%程度と割高。ポイント還元サービスを利用すれば無料にすることも可能

・ネットマイル
提携するポイントサイト数:60以上

ポイントを交換できるもの:現金、ショッピングのポイントサービス、電子マネー、商品券、マイレージ、仮想通貨、体験型サービス等

手数料:交換商品ごとに異なる。マイレージへの交換は業界でも高還元率。

以上がそれぞれのポイントサイトの特徴です。

PeXは提携先が多く、ポイント交換も現金や電子マネー以外にも多くのサービスへ交換が可能です。

ポイントを効率よくまとめるには、PeXもしくはGポイントが有利です。

もし航空会社のマイレージを貯めたいと考えているのであれば、ネットマイルは必ず会員登録しておきたいサービスです。

PeXとネットマイルの両方を活用することで、より多くのマイレージが手に入ります。

Sponsored Search

PeXの交換方法

PeX 使い方 評判

PeXを現金やショッピングポイントへ交換する場合、交換単位をよく確認してから交換するようにしてください。

交換単位は変わることがあるので、事前に交換単位をチェックしておくことをおすすめします。

現金へ交換する場合、交換する際の手数料がかかります。

交換手続きを行った後、振込先銀行によって振り込みまでの日数が変わってきます。

最速は楽天銀行で、リアルタイムで口座へ現金が振り込まれます。

スピードを求めるのであれば、楽天銀行との契約を考えると良いでしょう。

交換方法はとても簡単です。交換したいサービス先を選択します。

現金への交換の場合は振込先銀行を選択し、交換申し込み画面へ進みます。

この時点で、交換単位と手数料が表示されるので、どれくらいの手数料がかかるのかをチェックしてから進んでください。

次に電話番号による本人確認が行われます。

SMSが送付されるので、送付内容に従って本人確認を行います。本人確認が終了すると、秘密の質問の答えを入力する画面が出現します。

これは入会時に設定したものですので、事前に答えを確認しておくことで、スムーズに手続きが進みます。

その後銀行口座番号等の必要事項を入力し、交換するポイント数を指定します。交換するボタンをクリックすれば、手続き完了です。

ショッピングポイントなども同様の手続きで交換ができます。

Sponsored Search

まとめ-PeXとは?評判や使い方-

PeX

PeXの特徴やメリット、デメリットについてある程度理解することができましたか?

PeXは提携先が多く、複数のポイントをまとめて、効率よくポイント還元がゲットできるサービスです。

もしポイントサイト選びで迷っているなら、PeXを選べばまず間違いありません。

ポイントを効率よく貯めることに加えて、ポイント還元方法も豊富なので、どの還元先を選ぶかをよく考えて決めるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA