【上手な使い方】ネットマイルとは?評判や手数料などまとめてみた

netmile ネットマイル 使い方 評判

⏳読み終える目安: 14 分

後輩くん
後輩くん

いろいろなところでポイントがたまっていて管理が面倒…

はちおうじパパ
はちおうじパパ

それならネットマイルを利用すればいいよ

この記事でわかること

・ネットマイルとはどのようなサービスか

・ネットマイルとすぐたまの関係性

・ネットマイルから交換先にマイル移行する方法

ネットマイルのサービス情報まとめ

netmile ネットマイル 使い方 評判

ネットマイルから交換先にマイル移行する方法

ネットマイルとは?

ネットマイルはいろいろなポイントサイトで貯めたポイントを集約できるサービスのことです。

そもそもはポイントサイトだったのですが、ほかのポイントプログラムと一定のレートで換算することで一本化できるようになりました。

ネットマイルは2マイル=1円というレートで現金化できます。

現金のほかにも電子マネーや金券に交換も可能です。

交換先は実に200種類以上用意されています。

自分の用途に合わせた交換ができるので、せっかく貯めたポイントを無駄にすることもありません。

ネットマイルそのものでもポイントを貯めることが可能です。

例えば、「トレジャーハンティング」などのゲームが用意されているので、このゲームに参加することでポイントを貯められます。

ゲームは毎日利用できるのでコツコツポイントを貯めることもできるでしょう。

ネットマイルとすぐための関係

ネットマイルそのものでもポイントを貯めることは可能です。

しかし効率的にポイントを貯めたければ、「すぐたま」を活用するのがおすすめです。

すぐたまとはネットマイルの運営しているポイントサイトで、ネットマイルとは姉妹サイトになります。

すぐたまとはショッピングしたりサービス利用したりするとポイントが獲得できるサービス。

すぐたまを経由してショッピングする、アンケートに答える、旅行の予約をする、ゲームをして楽しむとポイント獲得できます。

ただ単にすぐたまの指定するURLをクリックしただけでポイントがもらえるサービスも展開しています。

ネットマイルでもこのようなサービスはありますが、ポイント還元率を見てみると、すぐたまの方が圧倒的に高いです。

利用者の中にはすぐたまで1か月あたり数万円を稼いでいるような人も見られるようです。

さまざまなため肩を用意しているので、ちょっとした空き時間を利用してお小遣い稼ぎをしてみるのはいかがですか?

ですからポイントを貯めるのはすぐたま、貯まったポイントを一元化して換金するのはネットマイルという感じで役割分担するのがおすすめです。

ネットマイル会員であれば、すぐたまに登録するのはたったのワンステップです。

またこれからネットマイルに会員登録するなら、すぐたまにまず登録しましょう。

そうすれば、ネットマイルにも自動的に登録されます。

ネットマイルに友達紹介やキャンペーンはある?

ポイントサイトの中には友達紹介などのキャンペーンを展開しているところも多いです。

しかし、ネットマイルについては友達紹介や入会キャンペーンなどは用意されていません。

ただすぐたまには紹介キャンペーンが用意されています。

1人すぐたまに紹介すると600マイル獲得できます。

ちなみに紹介を受けてその友達が登録すれば、こちらにも600マイルがプレゼントされます。

すぐたまには「ティア」と呼ばれる制度も。

友達を紹介して、その友達が何らかのアクションをしてマイルを獲得したとします。

そのマイルの一定パーセントが皆さんに還元される制度のことです。

どの程度還元されるかについては、案件によって異なります。

このようにキャンペーンをうまく活用すれば、短期間でまとまったマイルを獲得できるかもしれません。

ある程度貯まったところでネットマイルに持ち込んで、現金なり電子マネーなりに交換するのがおすすめの方法です。

ネットマイルのアプリについて

ネットマイルにはスマホアプリはありません。

ネットマイル以外にもいくつかポイントまとめサイトはありますが、こちらにもスマホアプリはないです。

ただ、アプリはないものの、スマホ用のサイトはあります。

つまりブラウザを利用すれば、スマホでもマイルをまとめたり、ポイントなどと交換したりできるのです。

ネットマイルがアプリを用意していないのは、コスト面の問題かもしれません。サイトと比較して開発費用が掛かるといわれています。

また、運営を開始してからもメンテナンスコストが必要です。

コストバランスを考えた場合、アプリは必要ないのではということになったのでしょう。

Sponsored Search

ネットマイルは使うべきかどうか

netmile ネットマイル 使い方 評判

ネットマイルはおすすめのサービスかどうか、これはケースバイケースです。

人によってはぜひとも使うべきという方もいますし、あまりおすすめできない方も。

自分はどちらに該当するか、ネットマイルの登録手続きを始める前に確認しておいたほうがいいでしょう。

ネットマイルを使うべき人

もしすぐたまをすでに利用しているのであれば、ネットマイルに登録しておくべきです。

すぐたまの会員はマイルを獲得すれば、自動的にネットマイルに移行される仕組みになっているからです。

もしほかのポイント合算サイトと紐づけしてしまうと、移行したポイントが反映されるまでに時間がかかります。

また、サイトによっては交換する際に手数料が発生して、無駄なコストがかかりかねません。

ネットマイルであれば、すぐにポイント反映されますし、手数料がかかるような心配もありません。

ラグジュアリーなホテルに自分へのご褒美として泊まりたいと思っているのであれば、ネットマイルに加入しておいて損はありません。

というのもプリンスホテルに獲得したポイントでお得に宿泊できるからです。

またネットマイルは飛行機のマイルプログラムと交換できます。

もし、仕事や旅行で頻繁に飛行機を利用する、しかもANAマイルをためているのであれば、ネットマイルはおすすめです。

すぐたまと関係しているのですが、ドットマネーとの交換ができるようになっています。

ドットマネーからANAマイルへの交換がスピーディでしかも高還元と言われています。

さらにすぐたまではカードの発行でボーナスポイントが獲得できるサービスも。

場合によってはカードを作っただけで、東京と大阪を2往復できるくらいのマイルが獲得できるかもしれません。

マイルを貯めたいと思っているのであれば、すぐたまとネットマイルに登録したほうがいいでしょう。

頻繁にネットショッピングする人もネットマイルの利用はおすすめです。

すぐたま経由でネットショッピングサイトにアクセスすると、それでポイントを獲得できるからです。

しかも、ネットショッピングサイトで独自のポイントプログラムを用意している場合、買い物をすればこちらのポイントも獲得できます。

つまりダブルでポイントがもらえるわけです。

しかも経由先のネットショッピングを見てみると、楽天サイトやYahoo!ショッピングのような大手サイトもあります。

使い勝手のいいサイトといえるでしょう。

ネットマイル以外を使うべき人

ポイントを現金に交換したければ、ネットマイルはあまりおすすめできません。

というのもネットマイルで現金と交換する際には、50〜100円程度の手数料がかかってしまうのでコストが無駄に発生してしまうからです。

ドットマネーの場合、ポイントを現金に交換する際手数料は発生しないのでこちらの方がおすすめです。

ポイント合算サイトを見てみると、ポイント増量キャンペーンを実施しているところも多いです。

増量キャンペーンをうまく利用すれば、効率的にポイントを貯められるでしょう。

ネットマイルではこのような増量キャンペーンは基本的に実施していません。

ほかのサイトのキャンペーン動向次第では、ネットマイル以外に登録したほうがお得になる可能性が出てきます。

ネットマイルの交換について

ネットマイルである程度のマイルを貯めれば、ほかのポイントプログラムなどで交換する方法があります。

では、具体的にどのような交換先があるのでしょうか?

ネットマイルの交換先は多種多様です。初めて交換する際には、どこで交換すればいいのか迷ってしまうかもしれません。

ネットマイルで交換するのにおすすめなところがいくつかあります。

それらを候補にして絞り込んでみるといいでしょう。

ネットマイルの交換先と手数料

ネットマイルで貯めたマイルを好感する選択肢は、実に200種類以上に上ります。

ですからどのような人でも自分にとってベストな交換先がきっと見つかるでしょう。

電子マネーや金券、現金、飛行機のマイレージ、ポイントプログラムなどいろいろとあります。

どこに交換するかによって、交換手数料が発生したり、交換手続きが完了するまでにかかる時間が違ったりします。

交換先をどこにすれば効率的にマイルを交換でき、お得かということを考えて絞り込んでみるといいでしょう。

交換レートも異なりますから、高レートのところを交換先として絞り込むアプローチもおすすめです。

おすすめのお得な交換先

ネットマイルの交換先としておすすめなのが、プリンスポイントです。

プリンスポイントとは、西武プリンスクラブが運営するポイントプログラムのこと。

プリンスポイントは日本全国に展開しているプリンスホテルで利用できるポイントになります。

プリンスポイントはレジャーやショッピングなどでも活用できます。

知カスプリンスポイントを利用するなら、プリンスホテルでの利用が圧倒的にお得です。

プリンスポイント5000ポイント貯めることができれば、宿泊券と交換できます。

この宿泊券を利用すれば、2〜3万円程度の部屋に宿泊可能なので、つまりプリンスポイント1ポイントは4円分くらいの価値があるわけです。

ネットマイル2マイルでプリンスポイント1ポイント獲得できます。

つまりネットマイル1マイルに2円分の価値が出てきます。

もしプリンスホテルに宿泊してみたいと思っているのであれば、貯めたネットマイルはプリンスポイントにどんどん交換したほうがいいでしょう。

近くにイオンがあってよく買い物するなら、WAONポイントへの交換もおすすめ。

ほかのポイントプログラムは最低1000マイルから交換可能です。

しかしWAONの場合200マイルから交換できるので、手軽に交換できます。

しかも交換すると即時ポイント反映されるのもおすすめポイントです。

ほかのところは最大2週間くらいかかるものもあるので、すぐにマイルを活用したいと思っている人向けです。

ネットマイルのマイルを交換するにあたって、けっこう多くの交換先で手数料が発生します。

しかしWAONポイントに移行する際には手数料無料。

余計なコストを負担したくないと思っているのであれば、WAONポイントメインで交換するのがいいでしょう。

特にどの交換先でもかまわないと思っているのであれば、銀行口座に入金するのもありです。

ネットマイルでは三菱UFJやみずほ、ゆうちょ、三井住友、楽天、ジャパンネット、住信SBI銀行に入金できるようになっています。

交換レートはどこでも1000マイル=500円です。

これだけ金融機関の選択肢があれば、どこかに口座開設しているのではありませんか?

銀行に入金する場合、どこでも基本的に手数料が発生します。

手数料は負担したくないと思っているのであれば、ドットマネー経由で換金するといいでしょう。

入金反映されるまで少し時間がかかってしまうかもしれませんが、手数料をとられることはないためです。

Sponsored Search

ネットマイルの口コミと評判

netmile ネットマイル 使い方 評判

ネットマイルを利用するにあたって、実際のユーザーの評判が気になるという人もいるでしょう。

ネットマイルの口コミは、ネットで調べるといろいろと出てくるはずです。

ほかのサービス同様、良い評判もあれば、悪い評判もあります。

両面を見て総合的にネットマイルを利用すべきかどうか、判断しましょう。

ネットマイルの良い口コミと評判

ネットマイルを評価する口コミでしばしば見られるのは、「ポイント先が豊富なので用途別で選べる」というもの。

ネットマイルで貯めたマイルの交換先は実に200種類以上の選択肢があります。

これほど豊富な選択肢があれば、自分の使いやすいところにマイルを交換できるはずです。

また「ポイントサイトの使い勝手が悪かったので助かった」という意見もしばしば見られます。

ネットマイルはほかのポイントサイトからマイルに交換できます。

ポイントサイトの中でポイントを貯めることができても、現金化できないというケースも出てきます。

しかし、ネットマイルと提携していれば、いったんネットマイルにためたポイントを移します。

そうすれば200種類以上の交換先がありますから、自由に現金化できます。

ポイントを貯めたはいいけれども交換先がなくて困っている人にとっては、ネットマイルは重宝する存在なのでしょう。

口コミサイトでも「プリンスポイントに交換できるからおすすめ」という書き込みはしばしば見られます。

プリンスポイントに交換できるサイトはネットマイルくらいなものです。

プリンスポイントを活用したいと思っているのであれば、ネットマイル一択といっても過言ではないでしょう。

良い口コミを見てみると、交換先が豊富なところを好感する意見はしばしば出ています。

ネットマイルのようなポイント合算サイトは、貯めたポイントを有効に活用するために登録している人がほとんど。

多種多様な交換先があれば、それだけ扱いやすいということになります。

またプリンスポイントへの交換をしたければ、ユーザーからの意見を見てもやはりネットマイルはおすすめとなるでしょう。

ネットマイルの悪い口コミと評判

ネットマイルには良い口コミもあれば、悪い口コミもあります。

まずよく見られるのが「手数料がかかってもったいない」というもの。

ネットマイルは交換先が豊富に用意されているものの、手数料のかかってしまう選択肢が少なくありません。

ほかのポイント合算サイトを見てみると、手数料無料で交換できるサイトも少なからず見られます。

このようなほかのサイトと比較すると、どうしてもコスパが悪い印象があります。

もし手数料を負担したくなければ、手数料無料の交換先もありますのでもっぱらこちらに移行するといいでしょう。

また、ネットマイルではトレジャーハンティングをはじめとしてゲームが用意されています。

このゲームに参加することでポイントを稼ぐことも可能。

このゲームをやって手数料分を稼げれば、実質手数料無料で交換できます。

空き時間を利用してゲームで手数料を稼ぐのもありですね。

ネットマイルに関する不満として、「換金までに時間がかかる」という口コミもしばしば見られました。

ネットマイルの場合交換先によってもまちまちですが、だいたい1〜2週間程度かかってしまいます。

ほかの主要なポイント合算サイトを見てみると、反映されるまでにかかる時間は3日〜1週間程度が相場です。

これを見てもネットマイルは少し時間がかかりすぎの印象を受けるでしょう。

「ポイントに有効期限があるので心配」という口コミも時折見られました。

ネットマイルの場合、獲得したマイルはずっとそのまま残り続けるわけではありません。

もし、マイルの獲得が半年なければ、せっかく貯めたマイルも執行してしまいます。

ただしマイルをこまめに獲得すれば、直近の獲得日から半年後に失効します。

ポイントを頻繁に獲得していれば、失効する心配はまずないでしょう。

ただしうっかり使用するのを忘れていると執行する危険性はありますから、少し注意したほうがいいかもしれません。

「面倒そう」という意見も見られます。

ネットマイルを効率的な使い方として、すぐたまとネットマイルを紐づける方法をここでも紹介しました。

すぐたまで稼いだポイントをネットマイルで経由して現金化するなり、ほかのポイントやマイルと交換するなりという仕組みです。

このように言われるとひと手間かかるので、面倒くさそうに思えるかもしれません。

しかしすぐたまからネットマイルに移行する際に面倒な手続きはありません。

この口コミはただの先入観から来ているものと言っていいでしょう。

実情を反映した口コミではありません。

Sponsored Search

ネットマイルの使い方まとめ

netmile ネットマイル 使い方 評判

ネットマイルに興味を持っている人は、では具体的にどうマイルを交換すればいいのかと思うでしょう。

使い方についてネットマイル単体でも登録できますが、お得にマイルを活用するのであればすぐたまとネットマイルを連動する方法がおすすめ。

この場合、すぐたまからネットマイルにいったん貯めたポイントを移行します。

そしてネットマイルから別のポイントプログラムに移行したり、銀行に入金したりという流れになります。

すぐたまからネットマイルにポイント移動方法

すぐたまとネットマイルは姉妹サイトという位置づけです。

その意味ではすぐたまとネットマイルに両方登録して、すぐたまでポイントをためてネットマイルに移行して、そこから好みのところで交換するというのがおすすめの流れです。

すぐたまとネットマイルの両方を活用するのであれば、すぐたまで貯めたポイントをいったんネットマイルに移行するところから始めましょう。

すぐたまからネットマイルにポイント移行する方法ですが、別に細かなことを気にする必要は一切ありません。

というのもすぐたまでポイントを貯めると、自動的にネットマイルに移行する仕組みになっているからです。

つまりみなさんが何か手続きをする必要はありません。

「いったんネットマイルに移行するのが面倒そう」という口コミがネットに時折投稿されていますが、それは食わず嫌いというもの。

一切こちらが作業することはありません。

すぐたまで何らかのアクションをして、ポイントが反映されたとします。

そうしたらすぐにネットマイルのサイトにアクセスしてみましょう。

そうすれば、すぐたまで獲得したマイルが自動的に反映されているはずです。

ちなみにすぐたまとネットマイルは同じIDとパスワードでログインできる仕組みです。

すぐたまに登録すると自動的にネットマイルに登録した扱いになります。

よって2か所でいちいち登録手続きをするような面倒さもありません。

ネットマイルでポイントを交換する方法

すぐたまからネットマイルへの移行は自動的なので、こちらが何かをする必要はありません。

しかしネットマイルから好きな交換先にマイルを移行する際には、こちらで手続きする必要があります。

使い方の流れはあらかじめ理解しておきましょう。

ネットマイルから別のところにマイルを移行する際には、まずホームページにアクセスします。

すると「交換する」タグをクリックしましょう。

いろいろな選択肢が出てきます。ここでは楽天銀行に入金する場合で流れを追っていきましょう。

楽天銀行をクリックします。すると交換申し込みの画面に移行します。

楽天銀行の場合、口座口数と楽天銀行の支店番号と口座番号、口座名義を入力します。

口座名義はフルネームで入力する必要があるので注意しましょう。

すべて入力できたら、下部にある「交換内容の確認へ」というボタンをクリックしましょう。

次に本人確認のページに変わります。登録メールアドレスとパスワード、画像認証を入力します。

画像認証は4桁の数字が出てくるので、半角数字で入力しましょう。

ここまで完了したら、下部の「ご本人確認」というところをクリック。次に特典用パスワードを入力する画面になります。

半角英数の6〜16文字で設定できるので入力します。続いて郵便番号と住所、電話番号を入力する画面に移行します。

すべて入力できれば、「確認する」ボタンをクリックしましょう。

次にこれまで入力した会員情報が表示されるので、今一度間違っている項目はないか確認しましょう。

問題なければ、「交換する」をクリックします。

これで交換手続きは完了です。ちなみに楽天銀行の場合、1,000マイルから交換可能で1,000マイル=500円のレートで換金できます。

50円分の手数料が交換するたびに発生するので、楽天銀行に入金するのなら、マイルをためて一気に換金したほうが無駄なコストもかかりません。

Sponsored Search

まとめ

netmile ネットマイル 使い方 評判

現在では買い物やアンケートに答えるなどいろいろなアクションをすると、ポイントが貯められるようなりました。

しかし、ポイントを貯めたはいいけれども、そのまま放置している人もいるかもしれません。

もし心当たりがあれば、その使い方はもったいないです。

もし現在利用しているポイントサイトで特に交換や移行するプログラムが見当たらなければ、ネットマイルに移行するといいでしょう。

ネットマイルであれば、200種類を超える交換先がラインナップされています。

これだけの選択肢があれば、自分が利用できるポイントプログラムやマイルなどもあるはずです。

ネットマイルによると、今後も交換先をどんどん増やしていく方針だと言います。

ポイントを有効利用したければ、ネットマイルやすぐたまへの登録を速やかに行ったほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA