2020年光回線おすすめ5社!5つの比較ポイントで選ぶおすすめインターネット回線

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

⏳読み終える目安: 33 分

後輩くん
後輩くん

在宅ワークをすることが多くなって、今の家のインターネット回線だと仕事がやりにくいです。そこで、速度が速いという光回線に変えたいなと思っています。

ゆっくりパパ
ゆっくりパパ

それは良いアイディアですね。自宅で作るネット環境としては、やはり光回線が一番快適ですので、仕事もしやすくなるはずですよ。

後輩くん
後輩くん

そうですよね。でも、一つ問題があります。たくさんの会社があって、どこにしたらいいのか分からないのです。

ゆっくりパパ
ゆっくりパパ

なるほど、確かに光回線のサービスを提供している会社は多く、それぞれの違いを知るのも一苦労ですね。いろいろな選び方のポイントがありますが、よりお得になるプランを比較してみるのがおすすめです。

後輩くん
後輩くん

そうですよね、光回線は全体的に高いイメージがあるので、お得なものを選べたらうれしいです。

ゆっくりパパ
ゆっくりパパ

現在利用しているスマホと絡めたキャンペーンなどもありますので、基本的なプラン料金だけでなく,キャンペーンなどもリサーチすることが大事ですよ。

後輩くん
後輩くん

分かりました。さっそく勉強してみたいと思います。

自宅で仕事をする人も多くなり、より快適なインターネット環境を求める人が増えています。

その点で光回線は通信スピードが速いですし安定しているというメリットがあります。

また、ニーズが高まってきたということもあり、多くの会社がサービスに参入しています。

その分、お得なキャンペーンを開催したり、他社との差別化を図るための特徴あるサービスを開発したりしています。

一方で、いくつもの選択肢があるので、選ぶのに苦労することもあります。

そこで、光回線を選ぶためのポイントを知り、より良いサービスの恩恵に預かれるようにしたいものです。

この記事で分かること

・光回線インターネットの特徴とメリット・デメリット

・ユーザー特性ごとのおすすめ光回線

・光回線申し込みで適用されるお得なキャンペーン

・光回線業者を選ぶ際のポイント

・光回線を導入する際に知っておきたいこと

目次

光回線とは?

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

光回線とは、光ファイバー網を用いたインターネット回線を指します。

専用のケーブルを用いて回線を自宅やオフィスまで敷くことになります。

電話回線とは全く別のタイプのケーブルですので、固定電話があってもなくても関係がありません。

新規申し込みをすると、業者が設置場所まで来て、ケーブルの敷設工事をすることになります。

建物の中にもターミナルと呼ばれる端末を設置する必要がありますので、室内外での工事となります。

とはいえ、複雑な工事ではなく短時間で終了します。

光回線にするメリットは、やはり高速のインターネットを利用できるということです。

会社によって最大速度は違いますが、100Mbpsから2Gbps程度のスピードが出ます。

しかも、ADSLのように基地局からの距離や環境によって、速度がかなり落ちてしまうということがありません。

より安定したネット環境を持てるのがメリットなのです。

こうした特性を持つ光回線ですが、大きく分けると二つの種類に分かれます。一つは「光コラボレーション」というものです。

これは、NTTドコモ系列のフレッツ光という回線をレンタルしてサービスを提供するタイプです。

すでに全国に設備設置がなされていますので、より広いエリアで申し込めるというメリットがあります。

また、環境構築や保守の実績が高いため、安定した環境を持てるのも利点となります。

一方で、回線レンタルという形を採っていますので料金がある程度固定され、それほど料金に柔軟性を持たせることができないという点があります。

そのため、月額料金そのものについては大きな金額差はなく、各社割引やキャッシュバックなどのキャンペーンでお得さを打ち出しています。

もう一つのタイプは独自回線型です。自社で設備構築を行っていて、回線をレンタルすることなく、もしくは一部のみのレンタルでサービスを提供することができています。

そのため、料金に幅を持たせることができるのがメリットとなり、よりお得な料金体系を見つけやすいです。

また、キャンペーンや割引特典なども各社で魅力的な内容を打ち出しています。

また、他社との回線共有をしていないので、通信スピードが速い傾向にあります。

スペック重視でも使いやすいサービスとなっています。

一方で、回線設備の設置状況によってエリアが限定されるという注意点があります。

それぞれの会社によって申し込みできるエリアが異なりますので、事前に調べておく必要があります。

【2020年】光回線おすすめ5社

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

光回線を提供している会社はいくつもありますが、その中でも特におすすめの6社を紹介します。

サービスの質と料金のバランスが取れていること、会社としての信用度が高く、安心して申込めるところばかりです。

それぞれに異なる特徴があり、ユーザーのネットの使い方や予算、利用している他の通信サービスによって得られるメリットが違ってきます。

自分の状況やニーズを踏まえて、各社の特徴を比較してみましょう。

比較のポイントとしては、月額料金や初期費用を挙げられます。

毎月支払っていくものですので、経済的な負担が大きくならないプランを選ぶ必要があります。

また、工事費は万単位でかかることもありますので、初期費用無料やキャッシュバックなどの特典を設けているかどうかも見たいところです。

さらに、通信速度や便利なオプションサービスがないかどうも、快適な環境作りに関係してきます。

そして、他サービスとのセット割があるかもチェックすることもポイントです。

スマホや自宅の電気やガスなどを提携している会社で利用していると、光回線の割引がなされることもあります。

より良いネット環境を持つために、こうした点を比較してみましょう。

・ドコモ光

・So-net光プラス

・ソフトバンク『おうち割』

・NURO光

・auひかり

ドコモユーザーにおすすめの光回線

ドコモのスマホを使っているのであれば、相性の良いドコモ光がおすすめです。

ドコモのスマホユーザーがセット割を使えるのはドコモ光だけですので、お得な割引料金を適用したいということであれば、ここが第一選択肢となります。

また、通常なら高額になる開通工事費が無料にあるキャンペーンを定期的に実施しています。

初期費用を抑えて少ない負担で始められますし、セット割を使えば毎月の支払いも楽になるというメリットがあります。

さらに、業界の中でも提供しているサービスの範囲が広いため、たくさんのプロバイダが参入しています。

それだけ選択肢が広がりますし、すでに利用しているサービスとの組み合わせによって、プロバイダからの割引を受けられる可能性も生まれます。

よりお得に使える方法を見つけやすくなりますので、メリットが大きくなります。

ドコモ光セット割でスマホ代が最大1,000円割引

ドコモ光を利用するメリットとしては、ドコモのスマホ料金が割引になるという制度があります。最大で毎月1,000円割り引かれますので、大きな割引率です。

また、家族がドコモのスマホを使っていると、さらにお得度が増します。

ファミリー割引を適用することによって、家族分のスマホ料金からも最大で1,000円ずつセット割が適用されます。

たとえば、家族4人でドコモのスマホを使っていれば、光回線分の料金を実質無料に近いくらいにできるのです。

こうしたお得な割引制度を使えるかどうかを確認して、ドコモのスマホを使っているのであれば積極的に検討することができます。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光は20以上のプロバイダの中から選ぶことができます。

その中でもおすすめ度が高いのがGMOとくとくBBです。

その理由としては、たくさんの契約者を抱えていて、利用者からの満足度が高いという点を挙げられます。

実際に満足度調査をすると、実に96パーセントものユーザーが満足しているとの回答を出しています。

サービスや通信の品質などの面で、使い勝手が良いことが分かります。

また、申し込みをするサイトによって違いがありますが、キャッシュバックのキャンペーンがあり、お得に始められるのもメリットとなります。

他のプロバイダでもキャッシュバックを実施しているケースが多いですが、GMOとくとくBBはその金額が高く、よりお得に利用できることになります。

しかも、キャッシュバックを受けられるまでの待機期間が短めで、受け取り方法も分かりやすいです。

そのため、確実にキャッシュバックを受け取ることができて、キャンペーンの恩恵に預かりやすいです。

高性能Wi-FiルーターレンタルはGMOとくとくBB

ルーターの無料レンタルもうれしいサービスです。

月々支払う基本料金とは別に、ルーターのレンタル費用がかかることも多いので、こうしたサービスがあると実質的に月額料金を下げられ、コストダウンを図りたい人にぴったりです。

レンタルされるルーターは複数台のデバイスを接続できるWi-Fiルーターで、スペックが高いのがうれしいところです。

ルーターのレンタル無料をしているプロバイダは多く、半数近くが実施しています。

しかし、他社と比べても、GMOとくとくBBでレンタルしているルーターは性能が高いものとなっていますので、メリットが大きいと言えます。

こうした点を総合的に考えると、複数あるドコモ光のプロバイダの中でも料金、サービスの質に優れています。

よりドコモ光の良さを活用できるプロバイダなので、環境の質にこだわる人にもおすすめです。

通信サービスの質という点では、GMOとくとくBBはv6プラスに標準対応しているのがメリットです。

v6プラスとは、ユーザーが集中して回線が混雑しやすい時間帯や曜日になると、自動的に通信方式を切り替えるというものです。

安定していつでも高速通信ができるというのが利点です。

スピード重視のユーザーにも満足される通信規格として、光回線を使うならぜひとも欲しい機能です。

GMOとくとくBBではv6プラスが標準対応となっていて、追加料金もかかりません。

他のプロバイダだと、プランによって使えなかったり、別途料金がかかったりすることもありますので、このメリットは大きなものとなります。

工事費完全無料

高額な工事費が完全無料になるキャンペーンも実施しています。

新規申し込みの際に適用されるキャンペーンですので、これから光回線をしたいという人にうれしい内容です。

光回線のデメリットとしては初期費用が高額になりがちという点がありますので、こうした特典を出しているプロバイダを選ぶのはお得に利用するためには欠かせません。

ただし、この工事費完全無料キャンペーンは期間が定められていますので、適用されるかどうかを確認してから申し込む必要があります。

継続的に実施されているキャンペーンではありますが、終了してしまう可能性もありますので必ずチェックしましょう。

料金が安い光回線So-net光プラス

光回線は全体的に月額料金が高いので、できるだけ安く使えるところを探すのは自然なことです。

その点で、So-net光プラスは、ドコモ光のサービスを最安値クラスで使えますので、メリットが大きいと言えるでしょう。

So-netはプロバイダ業を始めとして、通信事業では長年の経験がありますし、知名度も高いので、実績や信頼性という面で優れています。

安心してサービスを利用できますし、お得さが際立ちますので、条件が合えばとても良いプロバイダとなります。

光コラボで最安料金

So-net光プラスでは、月額料金の割引特典を行っています。

サービス開始から2年目までずっと割引が続きます。

割引率も高く、2年間のトータルでの支払い額を他社と比較してみると、最安値となります。

戸建て向けプランでも、マンションやアパートなどの集合住宅向けプランでも、業界最安値を付けています。

しかも、この割引キャンペーンは特に利用条件が付けられておらず、新規申込者であれば誰でも適用されるというのもうれしいところです。

少なくても2年間はSo-net光プラスを使い、その後乗り換えを考えるといった使い方もできます。

光コラボレーションの中では最も安く使えますので、エリアの関係で光コラボにしないとならず、お得さを重視するのであれば、おすすめ度が高いです。

全国対応

フレッツ光のサービスを使っているので、全国に対応しているというメリットもあります。

安さが特徴の独自回線にしたいと思っても、エリア外で使えないという人は、フレッツ光系列では最も安いこのSo-net光プラスを利用する価値が十分にあります。

特に、マンション向けのプランで対応しているエリアが広いという特徴もあります。

光回線サービスの中には、個々の住宅で使える戸建てプランはあるものの、マンションプランの対応は限られているものも多いです。

その点、So-net光プラスであれば、マンション向けのプランもかなり広い範囲で使えますので、選択肢が多くなります。

戸建てプランに比べると、マンション向けのものの方が月額料金が安くなりますので、よりお得にネットができるようになります。

auスマートバリューでスマホ代1,000円割引

auのスマホユーザーであれば、auスマートバリューという制度が適用されます。

この制度ではスマホの方の月額料金が1,000円割引になるという特典が付与されます。

毎月の支払い額がぐっと下がりますので、とてもお得度が高いです。

このauスマートバリューを適用するためには、光電話を同時に申し込む必要があります。

新たに電話番号をもらうことができて、固定電話と同じように電話をかけたり受けたりできます。

普通の電話回線を持っていない人や、コスト削減のために電話回線を切って光回線のみにしたいという時に便利です。

この光電話は月額費用がかかりますが、auスマートバリューを適用できることになりますので、お得な使い方となります。

特に光電話の必要性がないという人であっても、auスマホユーザーであれば割引分の方が高くなり、実質的に光電話が無料でさらにスマホ代が割引されるというメリットを受けられます。

充実したサポート

So-net光プラスの利用者は、自動的に「S-SAFE」というサービスが付帯されます。

これは、セキュリティーパッケージでウイルス対策などの機能を持っています。

不正アクセスなどのサイバー攻撃に遭うリスクが高まっていますので、レベルの高いこうしたセキュリティーパッケージが使えるのはありがたいことです。

特に、在宅ワークのために光回線を入れたいと考えているのであれば、セキュリティー面でのサービスのことも考えてプロバイダ選びをすべきです。

このS-SAFEではウイルス対策の他にも、登録してあるデバイスの紛失や盗難の対策もしてくれます。

より安全にネットを使うための総合的な機能がしっかりと入っているのです。

また、最大で7台までインストールできるというのもメリットです。

複数のデバイスを使用していたり、家族で一緒にネットを使いたいと考えていたりする場合におすすめです。

評価が高く、利用者数の多いパッケージですので、安心して使えるのもうれしいところです。

工事実質無料

So-net光プラスを申し込んだ場合、初期費用として工事費が一括請求されることはありません。

代わりに、工事費が月々の利用料金に加算されるという方法で分割されます。

しかし、So-net光プラスでは2年間にわたって月額料金を大幅に割り引くキャンペーンをすべての新規申込者に対して実施しています。

そのため、初期費用無料と公表しているわけではありませんが、この割引制度によって実質的に工事費がタダとなるのです。

そのため、より気軽に光回線を導入できるのがメリットとなっています。

フレッツ光を使いたいものの、初期費用がネックになっているという人におすすめできるプロバイダと言えます。

ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線

スマホをソフトバンクと契約しているのであれば、ソフトバンク光がおすすめです。

というのも、スマホとの利用を同時にすることによって、割引制度が適用されるからです。

この割引は、大手キャリアのソフトバンクユーザーだけでなく、セカンドキャリアのワイモバイルでも適用されるため、対象者が広いのがメリットです。

また、フレッツ光と同じように設備環境が充実していて、エリアや通信の安定性などの点で優れているのが特徴です。

もちろん、信用度も知名度も高いので、安心感を重視する人にもぴったりのサービスと言えます。

『おうち割』でソフトバンクスマホが最大1,000円割引

ソフトバンクもしくはワイモバイルのスマホを使っている人には、「おうち割」という割引制度が適用されます。

スマホの月額料金から最大で1,000円が引かれるというものです。

しかも、これは家族にも適用される制度ですので、同居している家族がソフトバンクかワイモバイルを使っているのであれば、その人数分割り引かれることになるわけです。

家族4人であれば、ほぼ光回線の月額料金がかからなくなることになりますので、そのお得度はかなり高いです。

この「おうち割」が適用される条件として、光セットオプションに加入することが求められます。

このオプションは、専用端末を利用できるユニットサービスとWi-Fiサービス、そして光電話が含まれます。

オプション料金がかかりますが、割引額の方が大きいので、入った方がお得になります。

また、光電話が含まれていますので、電話回線を敷いていない人が電話番号を持てたり、割安の料金で電話がかけられたりするという便利さも生まれます。

全国対応

ソフトバンク光の範囲は広く、実質的に全国対応していると言えます。

戸建てだけでなく、マンションなどの集合住宅向けの割安プランも用意しています。ドコモ光と同じような対応力の高さが特徴となっています。

また、工事費についてのキャンペーンも実施しています。他社からの乗り換えであれば、工事費がかかりません。

月額料金を割引することによって実質的に負担なしとするケースと、キャッシュバックによって工事費分が相殺されるというケースがあります。

選択するプランや建物のタイプによって工事が変わりますが、このキャンペーンが適用されれば初期費用の心配をせずに済むのがメリットです。

他社違約金10万円まで還元

前述の工事費の負担なしというキャンペーンからも分かるように、ソフトバンク光では他社からの乗り換えを積極的にすすめています。

光回線の契約では、ほとんどの会社で最低利用期間を設定しています。いわゆる2年縛りや3年縛りと呼ばれるものです。

そして、その最低利用期間が終了する前に解約をすると、違約金が発生します。

違約金はかなり高額なので、なかなか中途解約や他社への乗り換えがしづらい状況となっています。

そこで、ソフトバンク光では他社からの乗り換えをしたユーザーについては、その違約金を還元するという制度を設けています。

「あんしん乗り換えキャンペーン」というもので、違約金の全額、最大で10万円の還元がなされます。

このキャンペーンを適用するためには、他社のサービスの解約証明書が必要となります。

しかし、ソフトバンク光で特定のオプションサービスを使わないといけないなどの制約がありませんので、より気軽に利用できるのがメリットです。

もしソフトバンク光の方が月額料金が安いなどの理由で乗り換えを考えているのであれば、迷わずこのキャンペーンを活用しましょう。

v6プラスに対応

ソフトバンク光では、より快適なネット環境を提供してくれるv6プラスの通信規格を使えます。

これは、高速通信ができる周波数帯に合わせて自動的に通信方式をスイッチしていくというもので、混雑する時間帯などでも通信スピードが遅くならずに済むのがメリットです。

このv6プラスを利用するためには、光BBユニットという専用の端末をレンタルしないといけません。

しかし、前述の通り、「おうち割」を適用する際に必須となる「光セットオプション」にこのルーターが含まれていますので、お得な割引制度を使うことで、同時により高速な通信サービスが利用できることになります。

こうした理由もあって、ソフトバンクもしくはワイモバイルのユーザーであれば、「光セットオプション」を入れて、割引と高速通信という一石二鳥のメリットを得た方が良いのです。

10Gプランがスタート

多くの人が光回線を使う理由は、やはり他の通信手段と比べて高速なネット環境を持てるということです。

その点で、ソフトバンク光はさらに快適な通信を提供することができます。

今までの10倍ものスピードとなる10Gbpsのプランを始めたのです。

戸建ての住宅のみを対象として提供されていて、月額料金も通常プランよりも高めですが、スピードを重視してプランを選びたい人にはうれしい内容です。

ただし、この10Gプランは大都市の限られたエリアのみで申し込むことができますので、事前に自宅が対象エリアに入っているかを確認してみましょう。

徐々にこの高速プランが使えるエリアが拡大されていきますので、今のところ対象外となっていても、エリア情報を継続してチェックしておくと良いでしょう。

速度が速い光回線NURO光

独自回線を持ち、高速の通信を売りとしているのがNURO光です。

このサービスを提供しているのはソニーネットワークで、積極的にテレビやネットなどで宣伝をしていますので知名度が高いです。

また、回線をレンタルしているわけではないので、設備を自社ユーザーだけで使うことができて、通信スピードが速いというメリットも持っています。

料金面でも他社と比較して安いので、ユーザー満足度が高いのも特徴と言えます。

最大2Gbpsで最速通信

NURO光の大きな特徴の一つは、最大2Gbpsの通信スピードです。

他社では1Gbps台ということが多いので、実際に使ってみるとその快適さを実感できるでしょう。

しかも、この2Gbpsは標準プランでの設定となっていますので、特に追加料金を支払ったり上位プランにしたりしなくても高速通信の恩恵に預かれます。

通信スピードを重視して会社を選びたいという人におすすめでき、仕事などで大容量のファイルをやり取りしたり、テレビ会議システムを使ったりすることが多くても安心です。

高速通信を可能にしているのは、余裕のあるバックボーンと共に、IPv6という高速通信規格に対応していることです。

他社ではこの規格は、追加料金がかかる専用端末をレンタルしたり、オプションを申し込んだりしないといけないことが多いです。

しかし、NURO光ではIPv6対応のルーターがすべてのプランに付いてきますし、オプションなしでこの通信規格を利用できます。

ルーターのスペックも高く、自宅でのWi-Fi環境構築が楽ですし、複数台のデバイスを同時接続しても安定して使えるというメリットがあります。

高額キャッシュバックで実質料金戸建て最安値

NURO光では、申し込むサイトや適用するキャンペーンがいくつかあって、割引特典の選択肢が豊富です。

シンプルな割引を望むのであれば、キャッシュバックがない代わりに、月額料金の割引が多めになされるという料金体系を選ぶことができます。

また、月額料金は通常料金とほぼ変わらないものの、大きなキャッシュバックがなされるというキャンペーンもあります。

どちらのケースでも、2年間の利用期間で計算すると、他社よりも安くなりますのでお得にネットができます。

キャッシュバックの額を他社と比較すると、かなり高額で場合によっては倍近くになることもあります。

このキャッシュバックを入れると、戸建てプランでは業界最安値となります。

NURO光は戸建て住宅向けのプランの他に、「NURO光forマンション」という集合住宅を対象としたプランも用意しています。

このプランを申し込むためには、3階建て以上かつ15戸以上の建物であることと、同じ建物で4人以上の申し込みがあるということが条件となっています。

条件を満たすことができれば、やはり業界最安値クラスのマンション向けプランも利用できるようになります。

このように、お得さが特徴となっている会社ですので、条件をクリアできるようであれば積極的に検討してみましょう。

『おうち割』でソフトバンクスマホが最大1,000円割引

ただでさえお得なNURO光ですが、これをさらに安くする方法があります。

それが、「おうち割」を適用するというものです。ソフトバンクのスマホを使っている人であれば、最大で1,000円がスマホ代から割り引かれます。

NURO光はソフトバンク系列ではありませんが、「おうち割」を適用できるというのは大きなメリットです。

ちなみに、この割引を適用するに当たっては、「NURO光でんわオプション」に加入する必要があります。

オプション料金がかかりますが、普通の固定電話と同じように使える電話サービスを利用できるようになります。

今までの電話番号の引継ぎもできますので、より安い光電話にするメリットは大きいです。

そして、「おうち割」の割引が適用されれば、オプション料金を差し引いてもお得に利用できることになります。

工事費実質無料

工事費については、基本的に月額料金に分割して加算される仕組みを採っています。

そのため、申し込み時に高額の工事費を支払わなくて済むという安心感があります。

さらに、上記のように高額のキャッシュバックによって、実質的に工事費が無料となります。

申し込みをするサイトや使うキャンペーンによっては、キャッシュバックがないこともあります。

しかし、その場合は毎月の基本料金が多めに割り引かれることになるので、やはり実質的に工費が無料となります。

期間全体で、月額料金と初期費用を含めた総支払い額を見ると、業界最安値クラスとなりますので、料金を重視して会社選びをしたい人におすすめできます。

ここでの注意点は、工事費が基本的に月額料金に分割加算されているという点です。

戸建てプランだと30か月にわたって分割支払いをすることになりますので、30か月未満で解約してしまうと、残りの支払い金額をまとめて請求されることになります。

残債が生じないように解約するタイミングを考える必要があります。

開通工事は2回ある

光回線の工事は、フレッツ光などでは1回のみで終了となります。

一度に、光ファイバーを自宅まで引っ張る作業と、室内にターミナルを設置し室内ケーブルを持って来る工事をすることができます。

しかし、NURO光の場合は2回の開通工事が必要となります。

初めは室内での工事を行い、その後時間を置いて屋外工事を行います。

そのため、申し込みから開通まで1か月以上かかることが多いです。

すぐにでも光回線を入れたいという人にとっては、多少不便に感じるところでしょう。

できるだけ早く回線を設置してほしいという場合は、1回で開通工事を済ませるよう依頼できます。

ただし、この場合は追加料金がかかりますので、余計なコストが生じてしまいます。

お得なNURO光のメリットを減らしてしまうことにもなりますので、余裕を持って申し込みを行い、多少の時間待つという方が良いでしょう。

auユーザーにおすすめの光回線

auのスマホを使っている人であれば、auひかりがおすすめです。

同じauによるサービスですので相性が良く、お得な割引制度が使えるからです。

また、通信速度が速いことや安定性のある通信環境を作っているなどの点も評価されています。

auひかりはKDDIが運営していて、独自回線を持っています。

そのため、フレッツ光に頼ることなく設備環境を整えることができています。

たくさんのプロバイダがサービスを提供していますので選択肢が多く、すでに利用している何らかのサービスと併用することで、さらに割引を得られる可能性もあります。

auスマートバリューでスマホ代1,000円割引

auのスマホユーザーであれば、auひかりを申し込むと「auスマートバリュー」が適用されます。

これは、スマホの月額料金が1,000円割引されるという内容で、契約者本人だけでなくその家族にも適用されます。

最大で10回線が割引対象となりますので、家族の中で何人かいればかなりの割引を期待することができます。

4回線以上この割引を利用することができれば、実質的にauひかりの利用料金の負担がなくなります。

au関連のポイントも貯めやすくなりますので、とてもお得で便利です。もし、auスマホを使っているのであれば、第一選択肢としてauひかりを検討してみましょう。

一つの注意点は、この割引制度を使うには、auひかり電話のオプションを申し込む必要があります。

オプション料金がかかりますが、割引される額の方が大きいのでオプションを入れた方がお得になります。

プロバイダはGMOとくとくbbがおすすめ

auひかりではいろいろなプロバイダが使えて、サービスや既存サービスとの組み合わせを考えて選べます。

その中でも、特にGMOとくとくBBがおすすめです。

戸建てプランでは基本料金そのものが、他社よりも安く設定されていますのでお得に利用できるからです。

その上、キャッシュバックもなされますので、お得感が強くコストを気にする人にもぴったりです。

月額料金の割引率が高いですし、その期間も長いので、2年間の総支払額を他のプロバイダと比較してみると、ずっと安くなるのがうれしいところです。

auスマートバリューが適用されるためには、auひかり電話の加入が必須となっていますが、GMOとくとくBBだと24か月間このオプション料金の負担がなくなります。

そのため、auスマートバリューの割引を丸々使えるというメリットが生まれます。

通信速度

auひかりは他の会社と回線を共有することなく、独自回線を使っています。

そのため、ユーザーの集中が起こりにくく、高速通信を期待できるのもメリットと言えます。

さらに、v6プラスという通信規格を標準的に使っているのも、速度の向上に貢献しています。

混雑時間帯など、速度が遅くなることが予測される場合、自動的に他の通信方式に切り替えて、常に安定した速度をもたらしてくれます。

こうしたメリットがありますので、夕方から夜にかけてなど、一般的に速度が低下する時間帯でもストレスなくネットを楽しめます。

工事費実質無料

工事費は毎月の基本料金の中に分割して請求されることになります。

しかし、その工事費分と同じ額が割引されていきますので、実質的に工事費無料と考えることができます。

戸建てプランにおいては、60か月間の利用によって工事費がすべて相殺されます。

ただし、支払い期間が終了する前に解約すると、残債を一括支払いしないといけませんので注意が必要です。

解約を検討しているのであれば、そのタイミングを考えた方が良いでしょう。

マンションタイプによって料金が違う

auひかりはいろいろなプランが設けられているのが特徴です。

それはマンションタイプで明らかに見られます。

V8やG16、ギガなどのプランがあって、それぞれに最大速度や月額料金が異なります。

料金の差はプランによって大きくなってきますので、どのプランを選択できるかをチェックしてみることが肝心です。

住んでいるエリアや建物の構造、申し込み状況などによって申し込めるプランは自動的に決定されています。

まずは、自分の住んでいるマンションではどのタイプが入っているかを確認し、その料金や速度を比較してみましょう。

利用可能エリアは一部地域

auひかりは、全体的に見て料金とサービスの質のバランスが良く、ユーザー満足度も高いおすすめの会社です。

しかし、利用可能エリアは限定的で、使えない地域もあるという点を覚えておきましょう。

大阪などの大都市でも利用できないことがありますので、都市部に住んでいるから大丈夫だと思わず、一度auひかりのホームページでエリアマップを調べてみる必要があります。

徐々に提供エリアを拡大していますが、限定的ですので事前の確認が欠かせません。

また、光回線自体は提供エリアとなっているものの、マンションプランは使えないというケースも見られます。

そのため、集合住宅に住んでいるのであれば、エリア対応しているかに加えて、自分が住んでいるマンションも対応しているかを調べないといけません。

マンションタイプが使えないとしても、戸建てプランを申し込める場合があります。

それにはいくつかの条件があり、基本的には3階建てまでの建物となります。

光ファイバーケーブルの引き込み工事が必要となりますので、賃貸であれば大家さんの許可を事前に得ておくべきです。

マンション住まいだと多少ハードルが高くなることもありますが、auひかりのサービス自体はとても優れていますので、利用可能かどうかをまずは確かめてみましょう。

マンション・一人暮らしにおすすめの光回線

マンションに住んでいる場合、上記のように、建物によっては光回線の申し込みができないことがあります。

また、建物の条件は満たしているものの、複数住人の申し込みが必須で、必要人数に達しないということもあります。

さらに、住居タイプに関わりなく、一人暮らしをしているため、それほど大容量のネット回線がなくても十分ではないかと考える人もいます。

家にいないことも多いので、それほど自宅での高速通信を期待していないという理由もあります。

こうしたケースでは、やはりお得に利用できるかどうかを重視してプラン選びをするのが大事です。

その点では、So-net光プラスの料金が安く、全体で見ても最安値クラスとなっています。

出先でネットをよく利用するということであれば、モバイル回線を検討するというのもありです。

それぞれのケースで使い方やかけられる費用が異なりますので、できるだけ安い料金で自分に合ったサービスを提供している会社を探すようにしましょう。

Sponsored Search

光回線のおすすめキャンペーン窓口

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

光回線サービスを提供している会社やプロバイダは多いので、申し込みをする際には、それぞれの窓口を探して手続きをしないといけません。

また、期間限定でお得なキャンペーンをしていないか、気になっている会社をチェックするためにも窓口でのチェックは欠かせません。

おすすめのサービスやキャンペーンを実施している会社の窓口を紹介します。

ドコモ光のキャンペーン比較

安定した通信環境を提供していること、なによりも全国に対応しているということで、ドコモ光は他社よりも選びやすいのが特徴です。

そのため、申し込みの窓口も様々なものがあり、都合の良い媒体で手続きができます。

具体的には、まずドコモ光の公式ホームページを挙げることができます。

公式サイトということもあり、細かな情報もしっかりと記載されていてリサーチをするのに便利です。

申し込みをする時も、お得なキャッシュバック制度が適用されます。

インターネット上での申し込みということであれば、プロバイダの公式ホームページも窓口となります。

20社以上のプロバイダがあり、それぞれに申し込み用ホームページが設けられています。

プロバイダから申し込むメリットとしては、より高額なキャッシュバックが受けられる、ルーターのレンタルも含めてオプションの割引などの特典があるといった点があります。

ただし、プロバイダによってこうしたキャンペーンの内容は、かなり違うものですので、きちんと情報収集と比較をしてから手続きをしないといけません。

同じインターネット上でも、代理店と呼ばれる会社が作っているホームページでも申し込みが可能です。

運営しているのは代理店ですが、サービス自体はドコモ光と公式のプロバイダです。

こうした代理店で申し込むメリットは、より高いキャッシュバックや乗り換えキャンペーンなどの特典を受けられることです。

プロバイダ公式サイトとそれほどキャッシュバック額などの違いはありませんが、時期によってはかなりお得になることもありますのでチェックしてみると良いでしょう。

オンラインではなく、スタッフに質問をするなどして対面で決定と申し込みをしたいというケースでは、ドコモショップがおすすめです。

丁寧にプランについての説明をしてくれますし、確実に申し込み手続きを進めてくれます。

ただし、待ち時間を含めてオンラインでの手続きよりも時間がかかります。

また、プロバイダ経由よりもキャッシュバックなどの金額が低くなる傾向がありますし、オプションへの加入を勧められることが多いという点もあります。

対面での申し込みという方法では、家電量販店でもドコモ光を扱っていることがあります。

プロバイダが行っているキャンペーン以外に、店舗独自の特典を提供してくれたり、一緒に購入するパソコンなどの商品の割引があったりと、使い方によってはぐっとお得になるケースもあります。

GMOとくとくBBの公式サイトがおすすめ

ドコモ光のプロバイダでは一押しのGMOとくとくBBは、公式サイトでの申し込みが便利でお得です。

ここで申し込みをすると、高額のキャッシュバックを受けられるからです。

また、このプロバイダはキャッシュバックの受取までの期間が短くて、申請方法もシンプルとうメリットもあります。

手続きを一回で済ませられますので手間がかからず、こうした手続きに慣れていない人でも無理なくできます。

スペックの高い高機能の無線ルーターのレンタルも、公式サイトからの申し込みなら費用負担がなくなりますので、より高速なネット環境をお得に持てることになります。

So‐net光プラスのキャンペーン比較

So-net光プラスはトータルでの支払額が低く、業界最安値クラスを誇っています。

そのため、お得さを重視してプランを選びたい人から人気です。

このメリットを十分に生かせるように、申し込みサイトによって異なるキャンペーンを上手に使いたいものです。

So-net光プラスの申し込み窓口は、公式ホームページからと代理店からの2種類に分けることができます。

ネット代理店はそれぞれ異なる内容のキャンペーンを実施していますし、時期によってその内容が変わりますので、申し込みをする際には一度チェックしてみると良いでしょう。

全体として、高めのキャッシュバックをしているのがネット代理店の特徴です。

その額は代理店によって違いますが、公式ホームページよりも高額となることが多いです。

ただし、こうしたキャッシュバックが適用されるためには、オプションサービスに加入しなければならず、場合によっては複数のオプションを同時に契約する必要があります。

無料で解約できるものもあれば、オプション料金の支払いが求められることもありますので、キャッシュバックで元をしっかりと取れるかを考えて申し込むことが大事です。

So-net光プラス公式サイトからの申込みがおすすめ

このように、ネット代理店のホームページからの申し込みは、キャッシュバックが高額であるというメリットがありますが、オプションの加入が必要となるケースが多いです。

また、キャッシュバックの代わりに月額料金の割引はなされないことがほとんどです。

こうしたことを考えると、ネット代理店経由よりも、So-net光プラスの公式ホームページで申し込んだ方が、総合的に見ておすすめです。

キャッシュバック自体は基本的になされませんが、その分毎月の支払いが割引されますので、トータルで計算するとずっとお得と言えます。

さらに、こうした割引が適用されるためには、オプションの加入なども不要でシンプルであるというのもうれしいところです。

サイトから普通に申し込むだけで割引制度を使えるようになりますので、複雑なことを考えずに済みます。

ソフトバンク光のキャンペーン比較

ソフトバンク光の申し込み窓口は複数ありますので、利便性やキャンペーンの内容などを見てどこを使うかを決めましょう。

どの窓口でも、ソフトバンク光のメリットである、工事費についてのキャンペーンや他社からの乗り換えキャンペーンは適用されます。

そのため、手続きのしやすさやキャッシュバックを含むお得な制度の内容によって、どのように申し込むかを決めるのがベストです。

申し込み窓口としては、ソフトバンク光自体の公式ホームページの他に、ソフトバンクショップや家電量販店があります。

商品知識が豊富なスタッフに疑問点を尋ねたり、サービスの詳細をじっくりと聞いたりしたい時には、実店舗での申し込みをすることができます。

こうした窓口の他に、ネット代理店での申し込みが可能です。

代理店と言っても、利用できるサービスは一緒ですし、別に申し込み手数料がかかることはありません。

むしろ、公式ホームページよりもキャッシュバックの額が大きいなどの特典があります。

よりお得に申し込みをしたいのであれば、ネット代理店での手続きがおすすめです。

ゼロプラスからの申込みがおすすめ

ソフトバンク光の申し込みができるネット代理店はいくつもあります。それぞれに、異なる特典の提供をしています。

その際には、まずキャッシュバックの額を比較しましょう。

その上で、キャッシュバックを受け取る際の手続きをチェックすることも大事です。

手続きが複雑だと面倒ですし、もらえるまでの期間が長いともらい忘れが生じてしまうこともあります。

より楽に、そして確実にキャッシュバックをもらうために、キャッシュバックについての手続きを調べることも大事です。

その点で、数あるネット代理店の中でもゼロプラスがよりおすすめです。

その理由の一つ目は、他の代理店と比べてもトップクラスのキャッシュバックを実施していることです。

それだけでなく、受け取りの申請を申し込み時にできるというのが、利用者にとってはうれしい点です。

別に手続きをする必要がなく、とても簡単でもらい忘れがありません。他の代理店だと何か月も待った上に、さらに申請手続きをしないといけないので面倒です。

その上、オプションへの加入なしでこうした特典を得られるというのも、ゼロプラスの良いところです。

オプション料金を支払う必要がないのはもちろん、後々不要になったオプションを解約する手間もかかりません。

全体として、お得な申し込みをとても簡単にできるというのがメリットです。

NURO光のキャンペーン比較

NURO光は、その安さと通信スピードの速さがメリットとなっています。

申し込み窓口は二つあって、NURO光の公式ホームページと、ネット代理店があります。

いろいろなキャンペーンや特典が提供されていますが、一つの制度を利用すると他の割引が効かなくなることもありますので、事前にしっかりと調べて最もお得な窓口を選ぶことが重要です。

公式ホームページでもネット代理店でもキャッシュバックがなされます。

また、月額料金の割引などもなされ、お得な制度を選べば光回線を最安値クラスで利用できることになります。

NURO光の公式サイトからの申込みがおすすめ

NURO光の場合は公式ホームページからの申し込みをした方がお得になります。

キャッシュバックの額が高いので、トータルでの実質金額が安くなります。

しかも、キャッシュバックを選ばない場合でも、1年間の月額料金の割引もあり、とてもお得度が高いです。

キャッシュバックだと忘れてしまいそう、手続きが面倒という人は、月額料金の割引制度を活用してシンプルな申し込みをすると良いでしょう。

どちらの方法を選んでも、ネット代理店よりも総支払い額の点でお得になること多いです。

auひかりのキャンペーン比較

au光は、エリアさえ合えば料金とサービスの質の両方でメリットを得られます。

申し込み窓口は複数用意されていて、公式ホームページやプロバイダのサイトに加えて、ネット代理店もあります。

また、対面での申し込みを希望する場合には、auショップに行って行えますし、家電量販店でも可能となっています。

au光の特徴でもある、工事費の負担なしや他社からの乗り換えで違約金を負担してくれるという特典は、どの窓口からでも有効となりますので安心です。

後は、手続きの簡単さやキャッシュバックを含むキャンペーンの内容で選ぶことができます。

GMOとくとくBBの公式サイトがおすすめ

ネット代理店の中にも、期間限定でお得な申し込み特典を提供しているものもありますが、いつでもお得感が強いのがGMOとくとくBBです。

特典の選択肢があり、好みによって選べるというのも魅力的です。

具体的には、高額のキャッシュバックと金額が低めのキャッシュバックにプラスしてルーターが無料になる特典があります。

また、キャッシュバックをもらわない代わりに、月額料金の割引をしてもらうという選択肢もあります。

総支払い額で見ると、多少の違いはありますが、どれもお得度がたっぷりですので選んで損はありません。手続きの簡単さなどを考えて選ぶと良いでしょう。

光回線の5つの比較ポイント

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

このように、それぞれの会社や申し込み窓口によって違いがあることが分かります。

はっきりとして大きな違いがあれば決めるのは簡単ですが、選ぶのに悩むこともあります。

より良いチョイスをするためにも、比較ポイントを押さえておくと良いでしょう。

・料金

・通信速度

・スマホのセット割

・プロバイダ

・工事費無料特典

1.料金

月額料金やキャッシュバックの額を計算するのは、比較の際の大きなポイントです。

ここで大事なのは、単にキャッシュバックの額が高いとか、月額料金が安いということではなく、一定期間内で支払う総額で比較することです。

たいていは2年縛りとなっていますので、2年間での総支払い額を計算してみると分かりやすいです。

また、同じ会社でも戸建てプランか、マンションタイプかによってもお得度が違いこともありますので、まずは申し込みたいプランをはっきりさせた上で総額を計算しましょう。

2.通信速度

快適なネット環境を求めて光回線にするわけですから、通信速度の比較は重要です。

基本となる速度は1Gbps で、戸建てプランでは多くの会社がこの速度を設定しています。

これより高いか低いかで比べてみると分かりやすいです。

また、v6プラスという通信規格に対応しているかも見ましょう。

この規格が利用できると、より高速で安定した通信ができますので、プラス材料となります。

3.スマホのセット割引

お得さを分ける要素の一つとして、使っているスマホに対応してセット割引がなされるかという点があります。

大手キャリアのスマホであれば、セット割対象となることが多いので、支払い総額を計算する時には、この割引分も考慮に入れるようにしましょう。

ただし、セット割が適用されれば必ず最安になるということではなく、セット割なしの基本料金だけでも安いケースがありますので、きちんと総額を計算することを忘れないようにします。

4.プロバイダ

たいていの会社は、いくつかのプロバイダから選ぶことができます。

キャリア自体の差に比べると小さいとはいえ、サービスの質やスピードの点で多少の違いが出てきます。

ただし、プロバイダの違いによる通信スピードの差などは公表されているわけではありませんので、それほど比較対象として考える必要はありません。

そのため、お得なキャンペーンをしているか、知名度があって信頼できる会社かということを考えて選ぶと良いでしょう。

5.工事費無料特典

光回線は工事費が高額になるケースが多く、初期費用の負担がかかってしまいます。

そのため、ほとんどのケースで工事費を月額料金に分割して請求する方法を採っています。

その上で、キャッシュバックや月額料金の割引によって、工事費の実質的な負担をなくすという特典を設けています。

この特典がどのくらいあるのかを比較することで、月額料金の総支払い額とは別に負担額の差をチェックできます。

Sponsored Search

光回線の契約前によくある疑問

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

光回線を申し込むに当たって、覚えておくと良いいくつかの点があります。

ユーザーからの疑問として多いポイントでもありますので、申し込みの前に覚えておくと良いでしょう。

光回線とモバイル回線の違いってなに?

モバイル回線はポケットWi-Fiなどの形態で、ケーブルを引くことなくインターネット回線を持てる方式です。

自宅だけでなく外出先でも利用できるというメリットがあります。

もう一つの差としては、工事が不要という点で、気軽さではモバイル回線の方が有利です。平均的な利用料金は、光回線とそれほど変わりません。

違うのは最大通信スピードです。

光回線が1Gbps 以上であるのに対して、モバイル回線は800Mbpsに達することはそうありません。

しかも、電波状況に大きく左右されますので、実質速度はさらに落ちます。

光回線の申し込みから利用開始までの流れは?

ホームページや店舗で申し込みをすると、工事の日を予約する手続きに入ります。

通常は一回の工事ですが、NURO光では二回工事が必要となります。

工事が終了するタイミングに合わせて、今まで使っていたADSLなどの回線を解約することになります。

工事が終了するとすぐにネットが開通しますので、パソコンやスマホの設定をすれば利用開始となります。

会社によって開通までの時期は異なり、10日から1か月程度の時間がかかります。

立ち合いが求めることが多いので、工事日に合わせて自宅にいられるようにします。

光回線の転用とは?

フレッツ光から、ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボレーションのサービスに移行することを、転用と呼んでいます。

光ファイバーのケーブル自体は同じものを使いますので、特に工事の必要がありません。

手続きだけで変更することができるのが便利なところです。

NTTの窓口で転用に必要な承諾番号を取得します。

新しい会社でその番号を伝えて申し込みをすると、2週間程度で切り替えがなされます。

光回線の事業者変更とは?

光コラボを利用しているユーザーが、他の光コラボにすることを事業者変更と言います。

たとえば、どこも光からソフトバンク光にするといった具合です。

この場合、ケーブルは同じものを使いますので、工事不要で手続きのみで切り替えできます。

光回線の工事とは?

電柱から家の外までケーブルを持って行く屋外工事と、そのケーブルを室内に通しルーターに接続する室内工事があります。

工事はそれほど複雑ではありませんので、1時間もあれば終了します。

壁に穴を開けるなどの工事が出てくるので、立ち合いが求められます。

今の光回線を解約する方法は?

それぞれの会社で解約専用の窓口を設けています。電話もしくはマイページから解約申請をすることによって行えます。

フレッツ光やau光を利用している場合は、キャリアだけでなく別にプロバイダにも解約申請をしないといけません。

まとめ

光回線 おすすめ 比較ポイント 選ぶ おすすめ インターネット回線

インターネット回線の中でも、光回線は速度が速く安定しているため、快適なネット環境を作れます。

たくさんの会社がありますので、インターネット回線そのものの最大速度やお得度を比較して選ぶことが重要です。

特にキャッシュバックや月額料金の割引、工事費の負担などの制度を設けていますので、総合的にどのくらいの割引になるのかを比較してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA