サラリーマンの保険の選びかた-生命保険編-

⏳読み終える目安: 4 分

こんにちは はちおうじパパです。

みなさんどんな保険に加入してますか?

将来不安だし、年末調整の保険料控除でいろいろもどってくるからいっぱい入っているよ!?

なんて方、いらっしゃるのではないでしょうか?

実は自分もそんな感じでなんとなくいろいろ入ってしまっている一人でした。

しかし、この5.6月にいろいろ保険を整理しましたので、整理するに至った内容をご紹介させて頂きます。

そもそも保険って?どういう人が入るべきなの?

生命保険というものに焦点を当てれば、一家の大黒柱が死亡した時に、遺族が生活できるように準備するべきものです。

逆に、生活できる以上のものに加入する必要は無いということです。

よって、扶養家族がいる/子どもがいる一定期間にだけ役立つのが生命保険となります。

一定期間とは、貯蓄額が少ない(遺族が生活できるだけの貯蓄)+子どもが小さい期間のみ必要最低限入ればOKなのです!

そして結論を申し上げると「掛け捨ての定期保険」のみ契約すればOKです!

※結婚していてお子さんがいる人以外は生命保険は必要ありません!

それでは、必要最低限の金額入るってどうやって計算すればいいの?

という疑問が湧いてきますが保険会社がシミュレーションサイトを設けていますので利用してみてください。

楽天生命のシミュレーション 

https://www.rakuten-life.co.jp/find/simulator/life/

ただ、基本的な考え方は覚えているとすごく役に立ちますので、簡単に解説させて頂きます。

Sponsored Search

必要保障額の試算方法

例えばの例ですが配偶者が100歳までに生きる時のシミュレーションをしてみます。

こちらでは考え方をご紹介させて頂きますが、詳細のシミュレーションは、上記の楽天生命のシミュレーションをご利用ください。

①世帯主死亡時の貯蓄額+②配偶者100歳までの総収入=③

※②:「死亡退職金」「遺族年金」「配偶者の所得」 (死亡保険は含めない)

③-④配偶者の100歳までの総支出=必要保障額

※④「教育費」「生活費」「住宅費」など

こちらをいろいろ計算してみるを分かりますが、下記の図のように一番末っ子が生まれたときが最高額になり歳を取ることに下がっていきます。

楽天生命HPより引用

Sponsored Search

生命保険の種類を理解しよう

結論から申し上げると生命保険は3種類しかありません。

定期保険・学資保険・外貨建保険・変額保険など3つ以上あるじゃないか!

という意見の方もいるのではないでしょうか?

ただ、生命保険の種類を理解するにあたり、定期保険/終身保険/貯蓄保険という3種類で整理してください。※この3種類を組み合わせたタイプもあります。

それぞれ特徴などを整理させて頂きます。

定期保険の整理

メリット

1.掛け捨てで保険料がやすい

2.シンプルな設計で合理的なものが多い

3.貯蓄が出来たら更新を終了

デメリット

1.契約返戻金がない

2.家族が増えた時/更新時に見直しが必要

3.一定以上の年齢になると更新できなくなる(商品による)

終身保険の整理

メリット

1.一生涯保障が続く

2.解約返戻金がある

3.相続税対策になる

デメリット

1.保険料が高額(据え置き型のタイプの場合、特に若年時の保険料が割高)

※保険が必要のない年齢まで保障の対象となり無駄が大きい

2.早期解約すると損する(契約した週間満期までの払込が前提となる)

3.インフレリスクがある

貯蓄保険の理解

メリット

1.保険料が掛け捨てにならない

2.一つの契約で保障と運用を兼ねることができる

3.非常時には契約者貸付や自動振替貸付を受けることができる。

デメリット

1.設計が複雑で中身の理解がしづらい(手数料を複雑に取られている)

2.運用にしては利率が低すぎる(返戻率108%→年率0.5%程度)

3.保険会社の倒産リスク(2020年時点で倒産リスクはかなり低いですが、過去には発生しているケースがあります。)

というかたちでそれぞれのメリット/デメリットをまとめさせて頂きましたが正直、終身保険と貯蓄保険のメリットは苦しいですね 笑

一見耳障りが凄くよいメリットばかり並んでいますが、若い世代の時に払う保険料が高く・良い面を受けれるのは歳とってばかりでは正直なところどうかと思うのが私の意見です。(保険の営業の方は違うご意見があるかと思いますが・・・)

運用にしても、別ページで紹介したつみたてNISAジュニアNISAiDecoなどを目的じ応じて計画的に利用した方が賢い資産形成ができると考えています。

それでは、まとめさせて頂きます。

Sponsored Search

まとめ

特殊なケースを除き、お子さんがいる方は掛け捨て保険が最も合理的です。

掛け捨て定期保険を選定するステップは、下記の3つを比べて見るとよいと思います。

STEP1:勤め先での団体保険の条件を確認 ※公務員の方など意外とお得な方も多いです。

STEP2:ネット系保険と同条件(期間/死亡時の補償額)で価格を比較

STEP3:もっともお手頃なものを比較する。

※貯蓄が必要額貯まってしまえば生命保険は必要ないので、貯蓄ペースと最低必要額を計算して期間を定めてください。

あくまで足しの生命保険選びの中で学んだ知識や選定基準ではありますが、みなさまの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA