マインドマップで仕事を整理する

⏳読み終える目安: 4 分

こんにちは はちおうじパパです。

すでに使われているかたも多いと思いますが、マインドマップってみなさんご存知でしょうか?

私は、提案書の骨子/流れ作成やブログの素案作成などに使用していたりします。

発想を広げつつ整理したい場合などにとても便利などで毎回アイディアの発散&整理に悩めれている方は利用してみることをおすすめします。

※実際に使用している無償ソフトも記載するのでとりあえず試してみるのもありですね!!

マインドマップとはなにか?

マインドマップとは、イギリスの著述家トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した、自らの思考や発想を視覚的に捉えて脳内の情報を整理・解放し、新たな発想を得るための手法のことです。描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開していきます。(一部wikipediaより引用)

このような手法は古くから数多く存在すると言われ、あのレオナルド・ダ・ヴィンチのノートにもこのような手法が 見受けられると言われますが、体系化・ルール化されたものの中では現在最も規模・認知度が高いとされています。

マインドマップは、この放射思考に合わせた画期的な手法として考案され、広がったようです。また、本来は紙とペンで描くものであるが、コンピューター上で書くための専用ソフトもありますので後ほど紹介させて頂きます。

マインドマップのガイドライン wikipediaより引用

Sponsored Search

マインドマップの書き方と12のルール

まずは大きめの紙やノートを一枚用意しましょう。その中心に主題となるテーマを書きます。言葉はもちろん、絵や図を書くのもおすすめです。クオリティにこだわる必要はありません。ただし、浮かんだ色や形状はできるだけ忠実に再現しましょう。

主題を書いたら、そこからブランチ(枝)を伸ばして、ブランチの上に思い浮かんだ言葉や絵を書き込んでいきましょう。基本はこの繰り返しです。ブランチからまた別のブランチへと連想が続いていくことで、マインドマップは徐々に広げていきます。

【マインドマップ12のルール】
 ・無地の紙を使う
 ・用紙は横長で使う
 ・用紙の中心から描く
 ・テーマはイメージで描く
 ・1つの枝に1つのワード
 ・ワードは文章では無く、単語で書く
 ・枝は曲線で
 ・強調する
 ・関連づける
 ・独自のスタイルで
 ・創造的に
 ・楽しむ!

Sponsored Search

意識する基本事項

上記の12ルールを毎回意識していくのは大変ですよね、なのでまずは以下の3つを気をつけて書いて頂ければ大丈夫です。

1.自由に連想する

マインドマップは連想ゲームのように楽しみながら書くものです。中心となる言葉やテーマから最初に連想したものを書き、そこからさらに細分化させていくのが基本です。後ほどおすすめツールでは、書き出した後に順番を変更する機能がついていますので、まずは自由に連想するだけでOKです。

2.色や図・イメージを多用する(言葉だけにとらわれない)

言語情報とイメージ情報の結びつけも重要です。色や図・イメージを自由に使うことで脳の自由な発想を助け、さらに記憶を残しやすくする効果が見込めるためです。

例えば「ポスト」→「赤」→「ポルシェ」…など、とんでもない連想につながるかもしれませんが、それでも構いません。思わぬアイデアにつながる可能性もあるからです。

3.否定しない

マインドマップを作るときは、批判しない・自由にやる・量を出す・便乗するといったもの。「こう思っているけどこれはどうせ実現できないし…」「突飛すぎてダメ」などの否定はやめて、出てきた感情や言葉をどんどんつなげていくことに注力しましょう。中心から一歩外側へ、またそこから外へと放射状につながりができていけば、自分の脳でどんな思考が駆け巡っていたのかを発散できるようになるでしょう。一旦、書き出してから整理すればOKなのです。

メリットとデメリット

改めてメリットとデメリットを整理させて頂きます。

メリット:さまざまなシーンで利用できる(汎用性が高い)

メリット:効率よくアウトプット出来る

メリット:視認性が高くぱっと見で理解しやすい

デメリット:多数の項目を比較するのは向いていない

デメリット:時系列の変化を表現するのは向いていない

デメリット:多くの要素・要因同士の関係性を示すのには向いていない

Sponsored Search

おすすめのツール(私の使っているソフト)

X-mind

Windows、Mac OSはもちろん、Linux版にも対応したオープンソースのマインドマップ作成ツールです。 無料ながら、組織図、タイムライン、魚骨図(フィッシュボーン)などのテンプレートやデザインが豊富に用意されており、初心者にも優しいツールといえます。

また、課金版もあり他の拡張子へのエクスポートやクリップアート(下記のイメージ)の使用、音声メモなどの機能が追加で使えます。

ご興味のある方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Search

まとめ

いろいろ記載させて頂きましたが、まずメモ感覚でつかうことから始めてみてはいかがでしょうか?

勉強・読書ノート・企画書の下書き様々な用途に使えるのですぐにハマるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA