トークの内容に悩んでいるうちは半人前-営業最大の敵とは?-

営業 敵 トーク 内容

⏳読み終える目安: 1 分

何を話せばいいか分からないという悩み

営業 敵 トーク 内容

営業に実際に出てお客様の前に立つと、何について話したらいいか分からなくて沈黙してしまうという経験をするのは営業マンなら誰しもあることです。

ちょっと紹介したい商材について説明したら、後はお客様の反応を待つばかりで話が発展していかないということもあります。

そうなると、意味のない言葉しか口から出てきません。

しかし、これはあくまでも営業を始めたての頃だけでしょう。

考えても、何を話したらいいか分からないというのは、まだまだ営業マンとして半人前なのです。

お客様に目を向ける

営業 敵 トーク 内容

営業という仕事は、自分が良いと思うものを売るのではなく、お客様が欲しいと思うものを売るという仕事です。

そのため、自分が何を言ったらいいか分からないということは本来起こらないはずなのです。

常にお客様の身になって考えて、お客様が何について悩んでいて何を欲しているかを考えれば、自然とその商品という解決策の良さを発見できるからです。

お客様に興味を持ち、目を留めるようにしましょう。

Sponsored Search

まとめ:営業の敵は「分かったつもり」

営業 敵 トーク 内容

自分で用意したトークを披露する人は、お客様の気持ちを分かったつもりになっているだけです。

これこそ営業の敵なのです。

この敵を攻略するには、いつもお客様と話し、お客様に確認することです。

この敵を克服できれば、喜ばれる営業ができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA