何かありませんか?-営業マン失格の質問-

営業 失格

⏳読み終える目安: 1 分

営業マン失格の質問とは?

営業 失格

成果を出せない営業マンが良く使う言葉、質問があります。

それは、お客様に向かって

「何か必要なものはありませんか?」

「何かお困りのことはありませんか?」

という言葉です。

一見すると、お客様とのコミュニケーションを開くための親切な質問に聞こえるかもしれません。

しかし、これは端的に言うと営業マン失格との烙印を押されてしまうワードです。

自分で考えて提案するのが営業の仕事

営業 失格

なぜ失格かというと、相手に欲しいもの、必要なものを聞くというのは、お客様のことを考えず理解していない証拠だからです。

それでは、お客様の心は動きませんし、相手が欲しいと思っているものがあれば、お客様自身で動いてすでに手に入れているはずです。

営業マンは、相手が言う前にその必要性を察知できるよう、事前にしっかりとお客様のことを分析している必要があります。

その上で、どんな悩みを抱えているか、そのためにどんな解決策があるのかを考えます。

聞くばかりの営業マンが失格だというのは、お客様のことを真剣に考えていないからです。

常に、お客様のために役立つにはどうしたらいいか、お客様は何を求めているかを知り、その結果を提案していくべきなのです。

想像力と提案力、これが営業マンにとっては欠かせない資質とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA