営業転職でキャリアアップする方法・おすすめの業界&職種

⏳読み終える目安: 8 分

後輩くん
後輩くん

今の会社で成長できるか不安になってしまって。営業職でも転職はキャリアップにつながるでしょうか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

そうだね、YesかNoかは君次第だけど不可能ではないかな。

後輩くん
後輩くん

具体的にどういう事に気を付ければいいのでしょうか?営業という職種が漠然としていて…。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

分かった。では、営業としてキャリアップできる方法論とか業種とかを説明しよう。

この記事で分かること

・営業職のキャリアアップとは?

・転職の方法について

・どういった業界が営業転職に向いているか?

・代表的な転職エージェントの特徴について

記事を読んだらとって欲しいアクション

・ご自身の希望に合うエージェントにまず登録

・キャリアアップに必要なものを明確にするためエージェントと面談

キャリアアップの定義と営業職

まずキャリアアップとは何か?と定義した場合、それはやはり直近、もしくは将来においてより上のポジションへ昇格し、さらに高度な仕事を任される流れの事でしょう。

現在在籍している社内の評価はもちろんですが、仮に他社に転職した場合でも同等か今以上に評価されるのかという、自らの価値について把握していなければ、そもそもキャリアアップできるのかどうかの判断も難しいです。

このまま社内で昇進していく道が正しいのか、現状に見切りをつけた方が良いかの判断は、自分自身の主観だけに頼らずに第三者の客観的な評価をしっかりと得た方がいいでしょう。

この定義は全職種に共通します。例えば、財務や人事などは業務内容にスペシャリストとしての特徴があるため、望まれる資格や在籍している企業での実績や経験があれば、転職によるキャリアアップの道筋は見えやすい傾向があります。

履歴書や面接においてアピールするポイントが明確であるという意味では営業職よりも有利かもしれません。

もちろん、営業としてでも働く上で有利になる資格は持っていた方が評価されるのは同じ事です。都市開発を手掛ける建築ブローカー企業の営業担当に一級建築士の資格があれば、企画から顧客との打ち合わせ、現場管理までを一手に任せられる人材として評価されるでしょうし、マネージメントのポジションへのキャリアップも期待できます。

そうした人材が資格に加えて実績も積み上げれば、他社への転職という形でのキャリアップも現実味を増します。

半面、特に資格がなくても仕事をする上で大きな支障がない事も営業職の特色です。厳格に資格を問われないのも営業職ならではでしょう。その場合は、実際の販売実績や開拓した顧客数などのしっかりとアピールできる数字を持っていれば強いでしょう。

加えて、これまでどのように顧客と関わってきたか、営業に向いている自分の人間性のアピールなどが評価のポイントになるでしょう。

Sponsored Search

営業転職の方法

これから先のキャリアを作るために転職活動を成功させたいのであれば、どのような業界でどのような営業になっていたいかというビジョンがなければはじまりません。

それが今の現状の延長線上にあるキャリア予測と比較してキャリアアップになっていなければ、ただリスクを犯しただけになってしまいます。

ある転職支援エージェントの分析では、営業未経験者であればなおさらのこと、法人向け無形商材の営業職を勧めるそうです。

以下順番に、法人向け有形商材の営業職、個人向け無形商材の営業職、個人向け有形商材の営業職と続き、最後に店舗接客営業職です。

無形商材とは人材やIT、メディア、金融、コンサルなどで、顧客先が企業や団体などの法人向けか個人向けかの違いで、転職市場での評価に差が出るそうです。

もしかしたら、この先再び転職する可能性もあるわけですし、自分の市場価値を高めていくためにも、まずは法人向け無形商材の営業職を目指そうという指針を持つ事も可能です。

目指すべき方向性が決まれば、次はどういうタイプの企業に転職したいかを明確にしなくてはなりません。

重厚長大企業や銀行、官僚などのはじめから中途採用に積極的ではない企業は除き、それでも大手企業や一流企業と呼ばれる大企業を目指すのか、ベンチャー企業のようなこれから成長していく企業で、その成長とともに自分もキャリアアップするのか、これまでの実績や資格などと照らし合わせて判断しなくてはなりません。

特にベンチャー企業などは内実があまり世間には公表されないので、内部事情にも精通した転職エージェントの力を得ないと、その高いハードルは越せないかもしれません。

いずれにしても転職の専門家の意見は必須ですので、信頼できるコネクションのつてを頼って直接転職する場合を除いては、自分にマッチした転職エージェントを選んで転職活動のサポートを依頼する必要があるでしょう。

Sponsored Search

営業転職で選ぶべき業界と避けるべき業界

次に、転職エージェントと一緒に転職活動を始めるにあたり、どのような業界に転職するかも重要な選択です。

前項の転職エージェントのアドバイスに従えば、カテゴリー分けした場合の法人向け無形商材の営業職にしぼった方が将来につながる意味においてよさそうです。

他の転職エージェントのお勧めを参照しても一様に同じ意見なので、自分のキャリアのためにも無視するわけにはいかないようです。

まず積極的に選ぶべき業界の代表は商社でしょう。

もしあなたが語学に堪能で、在籍中の企業内で優れた実績を有している場合には、営業部門が世界中で活躍している商社という選択肢はベストかもしれません。

ただし、給与面でもトップクラスである事からも、入社できる可能性は高くありません。

例えば現職でどこかの地域に特化しているような場合、その地域専門性を見込まれて転職が可能なケースなどはあるかもしれません。何かの外語語に堪能であれば、外資系商社も可能性はあります。

いずれにしても狭き門である事は間違いありませんが、挑戦してみる価値はあるでしょう。

次に、人材紹介業界です。転職エージェントなど企業間で人材の斡旋を行う業種ですが、扱う商材が人なので常にコミュニケーション力を求められます。

人と関わる事が好きな人が多い営業職にあっても、人材そのものを扱うため、特に人間に対する関心や興味のある人のキャリアアップに向いていると思われます。

企業の人材採用需要は毎年ありますので、安定した転職先でもあります。そして、ビジネスコンサルタント業界も勧められています。もしあなたが特定業界に対する営業のスペシャリストであれば、その熟知した業界知識を買われて、顧客への提案営業を行うコンサルティングとして転職できるかもしれません。

ここでも語学に堪能であれば外資系コンサルティングも候補になるでしょう。最後に、もしあなたがクリエイティブな業界に対する実績があれば、広告やテレビ局、出版などのメディア業界への営業転職もあります。

日本では広告代理店の影響力が大きく、人気があるので狭き門かもしれませんが、その周辺の企業であれば可能性もあるでしょう。

一方、転職を避けるべき業界は、たとえ法人向け営業であっても存在します。常に大量に採用枠を設けているような業界は、それだけ人の出入りが激しい何かしらの理由が存在すると考えられます。

転職エージェントが例を挙げる業界は、例えばMRと呼ばれる製薬業界の営業、生命保険業界、一部の不動産業界、営業代行業界などです。

もちろん一概に言える事ではありませんが、高いノルマを課されたり、プッシュ型の営業スタイルであったり、高い成果を求められる業界は離職率も高くなるのかもしれません。

Sponsored Search

主な転職エージェント8選+1と各特長について

営業転職のキャリアアップを考えている人が相談できる、主な転職エージェントとそれぞれの特徴を説明します。

リクルートエージェント

営業転職のキャリアアップを考えている人が相談できる、主な転職エージェントとそれぞれの特徴を説明します。

リクルートエージェント
業界内で最大の求人数を誇る転職エージェントです。転職成功実積率でトップです。全国のさまざまな都市に拠点があり、首都圏以外でも対面でのカウンセリングなどを受ける事が可能です。

Career carver(キャリアカーバー)

リクルートキャリアが運営する、高年収のアッパーポジションに特化した転職エージェントです。履歴書さえ登録しておけば、リクルートキャリアと提携するヘッドハンター達から連絡が来るのを受け身で待つスタイルが基本なので、すぐに転職できるというスケジュールにはなりにくい面があります。自分で気に入ったヘッドハンターがいれば、自分から指名する事も可能です。

doda(デューダ)

パーソナルキャリアが運営する、求人数が業界第二位の転職エージェントです。20代、30代に特にお勧めです。一般に公開されていない求人も多くあるので、とにかくそうした情報にもアクセスできるように登録した方がいいかもしれません。国内に拠点が数カ所あるため、対面でのカウンセリングなどが首都圏以外でも受けられます。

ハタラクティブ

レバレジーズが運営する転職エージェントで、最も際立った特徴は学歴や職歴に自信がない人向けに転職活動をサポートしている事です。正社員経験がなくとも、人柄の良さや潜在能力に採用基準を重く置いている中小企業の求人が多く、社風や実際の仕事内容などを丁寧に伝えてくれるため、応募者は安心して面接に臨めます。同様に、社会人経験がない人向けのJAIC(ジェイック)というエージェントもあります。

パソナキャリア

人材派遣の大手企業パソナが運営している転職エージェントです。独自の人材派遣ネットワークを生かした幅広い紹介が特徴です。

アクシスコンサルティング株式会社

主な利用者は、20代~30代の優秀層で、外資系企業・IT業界のハイクラス転職に特化したエージェントです。 業界の実績が多いことからBIG4やアクセンチュアの独自求人も多数保有しています。

JACリクルートメント

業界別・職種別のスペシャリストによる求人紹介 転職はJAC Recruitment

JACリクルートメントは管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントです,

しっかり年収アップをしていきたいの考えるのであればこの会社に登録しましょう。

DYM就職

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが無料個別相談で希望にマッチした求人を紹介しています。

BIZREACH(ビズリーチ)

最後に、厳密には転職エージェントではなく、複数の転職エージェントやヘッドハンターを束ねるサービスをおこなっているビズリーチです。

特徴としては、それぞれのヘッドハンターが独自に抱える企業とのネットワークなどを活用できる点にあります。

つまり、エージェントやヘッドハンターを通して、企業側から面接の誘いが来る事もありえます。


IT系営業なら取得しておきたいおすすめ資格

・NCAA:ネットワークエンジニア資格 

CCNA合格率95%ネットビジョンアカデミー(NVA)


・ITパスポート:ITに関する基礎的な知識が習得できる国家資格

様々な資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】


・Webマーケティング:資格では無いですが話のネタに使えます 

Webマーケティングコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA