転職エージェント活用のメリットとデメリット【活用方法と活用ポイントも解説】

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

⏳読み終える目安: 15 分

後輩くん
後輩くん

今の職場でのキャリアも長くなって、どこに行っても活躍できる自信も付きました。どうせならこの経験とスキルを生かして、もっと年収が良い大きな企業に転職したいと思っています。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

その決意は素晴らしいね。やはり、より活躍できる職場を見つけることで、自分のスキルもやりがいも伸びていきますからね。

後輩くん
後輩くん

でも、今まで20代に一回転職したことがあるだけで、転職経験がほぼないので、うまく次の会社に移れるかどうか心配です。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

確かに、仕事場を変えるという大きな決断を下すのは簡単ではないですね。そのためにも、転職をサポートしてくれるサービスを活用するのがおすすめです。

後輩くん
後輩くん

それはなんですか?

はちおうじパパ
はちおうじパパ

転職エージェントというものです。求人情報を見つけられるだけでなく、自分に合った企業のマッチングから入社手続きまで、充実したサポートを与えてくれるのです。

後輩くん
後輩くん

それはすごいですね。自分一人では転職活動をするのが心配だったので、そんなサービスがあると安心です。

転職エージェントは転職をしたことがない人から、キャリアップを目指す経験者まで、すべての転職希望者に手厚い支援を行っています。

このサービスを使うことによって得られるメリットは多いので、転職を考えているのであれば利用する価値が十分にあります。

転職エージェントにはどんな特徴があるのか、どのように使うと効果的なのかを知り、理想的な転職先を見つけられるようにしたいものです。

この記事で分かること

・転職エージェントのメリット

・転職エージェントのデメリット

・どんな人に転職エージェントが向いているか

・効果的な転職エージェントの利用方法

目次

転職エージェントを使うメリットとは?

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

転職に関するサービスはいろいろなものがあり、誰でも気軽に利用できる一般的な転職サイトも多く見られます。

しかし、転職エージェントと呼ばれるタイプのサービスは、さらに深いサポートを提供しているのが特徴です。

様々なメリットがありますので、確認して上手に利用したいものです。

非公開求人の質が高い

転職エージェントの大きな特徴の一つとなっているのが、非公開求人というものです。

一般的な求人サイトでは、求人を出しているすべての企業の情報をすべての人が見られるようになっています。

しかし、転職エージェントでは、利用登録をした人だけが見られる、一般の人には公開されていない非公開求人が多くあるのです。

こうすることで、応募する人が限定されることになり、企業側としてはよりスキルや経験が豊富な人材を集めやすくなります。

それだけに、非公開求人は大企業からの案件であったり、年収や役職などの面で条件が優れていたりするケースが多いのです。

つまり、非公開求人を多く抱えている転職エージェントは、質の高い案件に出会える確率が高くなるメリットがあるのです。

登録することで初めて非公開求人に応募できる

転職エージェントでは、基本的に、利用するに当たって登録をしないといけません。

その登録の際には、求職者の氏名と共にキャリアなどの情報も入力することになります。

その登録した内容によって、様々な非公開求人をチェックできるようになります。

そして、その中で自分の求める条件に適った企業が見つかれば、応募することもできるのです。

ほとんどの非公開求人は一般的な求人サイトで公開されていないので、転職エージェントに登録することによって初めて応募できる企業が出てくるというわけです。

無料ですべてのサービスを利用できる

充実したサービスを受けられ、効率よく転職活動をすることができるのが、転職エージェントの良いところです。

しかも、そのすべてを無料で使えるというのが素晴らしいところです。

登録はもちろん、何件求人情報を見ても、応募や面接、入社が決定しても、費用を請求されることはありません。

というのも、転職エージェントは広告収入の他、求人を出している企業から手数料をもらっているからです。

利用者には一切料金がかからないので、負担なく質の高いサポートを受けられるのです。

専任のエージェントが手厚いサポートを与えてくれる

登録すると、エージェントもしくはアドバイザーと呼ばれる担当者が付いて、条件に合う企業の紹介や面接や書類作成の指導などをしてくれます。

このエージェントは専属の担当者であることが多く、気軽に相談できるのがうれしいところです。

こうしたアドバイザーは転職のプロで、たくさんの希望者を助けてきた経験を持っています。

また、様々な業界の企業の事情に通じていますので、転職先の紹介もより実情に合ったものになります。

自分では無理と思っていても、プロとして的確な判断をして、よりキャリアップできるレベルの高い企業を推薦してくれることもあります。

丁寧に書類選考パスのための方法や面接対策などもしてくれるので、採用のチャンスを高められるというのもうれしいところです。

気になる会社の内部情報を手に入れられることもある

転職してみたいなと思う会社については、単に業務内容や会社の規模だけでなく、さらに詳しい情報が欲しいものです。

社風や職場環境、業務の進め方などは、仕事のやりやすさに直接関係してくるからです。

その点、エージェントは豊富な企業情報と人脈を持っていますので、気になる会社について深い情報を手に入れることができます。

実際に働いている人やOBなどから社内の実情について知ることができるので、仕事場のイメージがしやすいというメリットがあります。

求人情報を見て良いと思って入社したものの、実際に働いてみると期待していた環境とは違った、ということがないように、こうした情報を取り入れることは大事です。

書類作成が簡単になる

転職エージェントを利用し、一度応募すると、同じ履歴書や経歴書をそのまま使うことができます。

そもそも、提出書類は電子的に作成して、メールフォームなどで送信することがほとんどですので、手間がかかりません。

一度作ったらそれを使い続けられますので、次回からとても楽になるのです。

いちいち手書きで履歴書を作ることもなくなり、作業を簡素化できるのもうれしいところです。

スピーディーな転職にも有利

すぐにでも転職したいという要望にも応えてくれます。

即時入社や直近入社などを求めている会社も多いですし、エージェントがすぐに動いて条件に適う企業をピックアップしてくれるからです。

そして、書類選考や面接などの予定もできるだけ早く取り決めてくれて、すべての物事が早く進むように段取りしてくれます。

1か月から数か月程度で急いで転職をしたいという人におすすめできるサービスです。

面接や入社のスケジューリングをしてくれる

専任アドバイザーが細かな調整をしてくれるというのも大きなメリットです。

応募をしたら、企業と話し合って面接の日取りを調整してくれます。

転職を考えている人の多くは現状で仕事をしているわけですから、なかなか時間を取って面接をするのが難しいものです。

スケジュールの合間を縫って、双方に都合の良い時間を決めてくれるので、とても助かります。

また、採用となったら、入社日についての予定も調整してくれます。

現在勤めている会社の引継ぎなどもあり、それぞれの予定を合わせるのが難しいケースもあるので、調整役をしてくれることで、効率的に進めることができます。

面接同行や条件交渉までしてくれることもある

より親身なサポートを与えてくれるのも転職エージェントの良いところです。

たとえば、面接に不安を抱えているのであれば、面接同行もしてくれます。

キャリアアピールなどについても、エージェントが巧みに説明して支えてくれますし、第三者からの客観的なコメントということで信用力もあります。

一緒に来てくれるだけでも安心感がありますので、転職が初めての人にもおすすめです。

また、勤務条件や待遇についての交渉代行をしてくれるところもあります。

自分ではなかなか言い出せないような年収アップなどについても、こちらの条件を明確にして交渉してくれますので、気持ち的に安心です。

また、この分野のプロが行ってくれるので、交渉成功率も高くなります。

Sponsored Search

転職エージェントを使うことでのデメリットとは?

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

このように、たくさんのメリットがある転職エージェントですが、デメリットもいくつか存在します。

使い方次第で解決できるものが多いですが、注意点として覚えておくと、より効果的な使い方をするのに助けとなります。

使えるエリアが限られていることも

転職エージェントは、大企業や条件の良い求人など、全体的に人気が高く、規模が大きな会社を扱っていることが多いです。

そのため、エリアについての偏りがあります。

都市部では注目の案件がたくさんありますが、地方部においてはかなり少なくなります。

そもそも、大都市限定としているサービスサイトも存在します。

その理由としては、転職エージェントでは、専任アドバイザーが詳細に情報収集をしたり、面接サポートなど密接なサポートをしたりするからです。

そもそも企業数が少ない地方部では、こうした役割を果たすエージェントを置くことが難しくなってしまうので、都市部の求人を見つけたいという人に限定されがちというデメリットがあります。

地方部であれば、エリアに限定されない転職サイトを使った方が便利ということになります。

学歴やキャリアで応募先が限定されるケースが多い

サイトによって特性が異なるものの、全体的な傾向として、転職エージェントはハイクラスの求人をメインとしていることが多いです。

そのため、学歴や今までのキャリアによって、応募できる企業の幅がかなり狭くなってしまうこともあります。

年収が高い、役職付き、有名企業などの好条件の案件を多く抱えている分、応募条件も厳しくなってしまうというわけです。

もちろん、高学歴でなくても、エージェントがそれに合う企業をしっかりと探してきてくれますので、気軽に相談してみると良いでしょう。

マッチングがかなり現実的

自分の希望や持っているキャリアなどの情報を基に、おすすめの企業をマッチングしてくれるのが転職エージェントの良いところです。

しかし、客観的に採用の可能性があるかなどを転職サポートのプロが判断してマッチングをしますので、どうしても現実的なチョイスとなってしまう傾向があります。

自分としては、ちょっと無理してでもレベルが高めの企業に応募してみたいと思っても、学歴やキャリアに合ったところのみに絞ってきます。

やはり、確実に採用を決めて欲しいという思いがあるからで、冷静な判断をされてしまうことになります。

自分の現状を知るのには助かりますが、思い切ったチャレンジをするには向いていないこともあります。

自分のペースで転職できなくなることも

転職エージェントは、転職を成功させることが一つの大きな成果となっています。

そのため、できるだけ短期間で確実に入社となるようなサポートを行っています。

そのため、気に入る会社が出てきたら転職しようといった、ゆっくりのんびりした気持ちでいると、プレッシャーに感じてしまうこともあるでしょう。

自分のペースで転職先を探して応募をするというよりも、急かされているような気がしてしまう可能性もあります。

期限が決まっているエージェントもある

サイトによって違いはありますが、登録してから利用継続できる期限が決まっているところもあります。

短いところでは3か月程度、一般的には半年というのが期限となっています。

もちろん、期限が限られておらず、自由に使い続けられるところも多くあります。

期限が決められることで素早い行動が取れるというメリットはありますが、ある程度時間をかけて検討し、後悔のない転職をしたいと考えている人には、焦りを生むことになってしまうかもしれません。

専任のエージェントとの相性が合わない場合

ほとんどのサービスサイトで、エージェントもしくはアドバイザーは専属の担当者となります。

そのため、ヒアリングからマッチング、面接サポートなどの作業は、すべて一人の担当者にしてもらうことになります。

どのスタッフも、経験もノウハウも豊富なプロですが、中には考え方やすすめてくれる企業の違いなどがあって、相性が合わないこともあります。

多くのサービスサイトでは担当者を変更できる制度を設けているので、どうしても変えて欲しいという時には、こうした制度を使うのもありでしょう。

転職条件が狭まってしまうリスク

転職エージェントは、それぞれのサイトで、一定の基準に適った企業からの求人を受け付けています。

特にキャリアや年収、役職などについての条件を設けていて、ハイクラス転職をすすめるところもあります。

サイトによって違いがありますので、自分に合ったところを選ばないと、転職の条件がかなり狭まってしまう可能性があります。

新しい業種にチャレンジしたいと思っても紹介してもらえなかったり、望む通りの年収のものが出てこなかったりするケースもあるのです。

なかなか企業紹介をしてもらえないケースも

そもそも企業のマッチングがうまく行かず、転職先候補となる企業を紹介してもらえないリスクもあります。

自分の提示する希望や培ってきたキャリア・学歴などに合うところがないということで、なかなか適合する企業が出てこないからです。

全体的にどうしても条件の良いところを求人案件として持っていることが多いので、キャリアが低いとそれだけマッチング数が少なくなってしまいます。

そのような場合は、若手向けの求人案件を多く持っているところにするなどして、サービスサイトを変更して試してみると良いでしょう。

自分の好みの企業を紹介してもらえない

エージェントによっては、より採用の可能性が高いところ、求職者のスキルと企業の希望が合致する案件という形で、データを見つつ、マッチングを行っていきます。

すると、本人の希望というよりも、採用の可能性や適性という部分ばかりが重視されてしまうことがあるのです。

今までのキャリアを踏まえて、新たな分野に足を踏み入れてみたいという時には、明確にそのことを伝える必要があります。

そうしないと、登録した条件だけを見た、無難なマッチングとなってしまうというデメリットがあるのです。

Sponsored Search

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

転職活動を有利に進めるために役立つサービスとしては、転職エージェントの他に転職サイトもあります。

似たような仕組みではありますが、提供されるサービスには違いがあります。

それぞれの違いを知ることで、自分によりマッチしたサービスを利用できるようになります。

企業マッチングがあるかどうか

転職エージェントの大きな特徴は、入力した情報に基づいて企業のマッチングをしてくれる、もしくは適切な求人を紹介してくれるということです。

一方で、転職サイトはこうしたマッチングは基本的にありません。

たくさんの求人情報をチェックすることができますが、それぞれを自分でチェックをして、自分で良さそうだと思うところに応募するという形を採ります。

転職エージェントの場合は、情報を登録しさえすれば、それに適した求人が自動的に選ばれて送られてきますし、企業からのスカウトもあります。

受け身でも企業探しができますし、効率が良いというメリットがあります。

専任のアドバイザーが付くか

大きな違いはもう一つ、専任の担当者が付くかということです。

会社によってアドバイザーとかエージェントなどと呼んでいて、細かなサポートを行ってくれます。

かなりの程度任せることができるので、効率よく転職活動を進めるのに役立ちます。

転職サイトの場合はこうした専任アドバイザーはありませんので、基本的にすべて自分で行っていくことになります。

自分のペースで求人チェックをしたいか、サポートが欲しいかなどによって、選び方が変わってきます。

客観的な会社選びができるか

転職サイトの場合は、自分で求人検索も候補先選びもすることになります。

そのため、自分だけの判断となります。

一方で、転職エージェントの場合は、担当者が求人を紹介してくれることが多くなります。

そのため、自分では思ってもみなかったような企業であったり、条件であったりすることも起こります。

スキルがあれば、考えていたよりも高い年収でも雇ってくれる企業があるというケースもあります。

第三者が、しかも転職支援経験が豊富なエージェントが会社選びを助けてくれますので、より客観的かつ市場価値に合った選択ができるのです。

Sponsored Search

転職エージェントがおすすめな人

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

こうしたサービスを提供している転職エージェントを利用することで、より転職が楽になるタイプの人がいます。

どんな人におすすめなのかをチェックしてみましょう。

転職経験が少なくサポートが欲しい

今までに転職をしたことがない、したとしてもかなり昔のことだという人におすすめです。

有利に転職をするためにはある程度のノウハウも必要ですし、精力的に転職活動をするには時間も手間もかかります。

その点、エージェントのサポートが受けられるのであれば、細かな点まで教えてくれますし、面接対策や条件交渉などまでしてくれますので、頼もしい味方を得られるというわけです。

安心して勤められる企業を見つけたい

現実的に見て、求人情報だけを見ても、本当にブラック企業でないか、自分の求める環境を整えている職場か、判断できないことが多いものです。

その点、たくさんの企業を見てきて、実際に勤めている社員やOBとのつながりがあるエージェントであれば、企業の実情を知ることができます。

それだけに、安心して勤められる企業を見つけるために大きな貢献をしてくれるのです。

採用の確率を少しでも上げたい

エージェントは転職先を探してくれるだけでなく、採用まで一貫した支援を与えてくれます。

履歴書などの書類を作る時にはそのポイントを指導してくれますし、面接対策もしっかりしてくれます。

なによりも、実績のある転職エージェントから紹介されているというだけでも、企業側としては安心感があります。

こうしたプラスの要素がありますので、通常よりも採用の確率が高くなるのです。

キャリアップをしたい

多くのサービスサイトは、ハイクラスの求人案件を常時抱えています。

そして、積極的にキャリアアップできるようにマッチングをしています。

自分では今以上の待遇は難しいと思っていても、エージェントが希望に叶うような求人を見つけて来てくれることもあります。

より自分の能力や経験を生かせる職場を見つけたい、将来のことを考えてスキルを磨ける職場を得たいという時に、役立つサービスを得られるのです。

Sponsored Search

年代別の転職エージェントの活用方法

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

転職は、年齢によっても条件や難度が変わってきます。

そのため、年代に合った転職エージェントの上手な使い方を覚える必要があります。

年代別に、どのようにサービスを活用したらいいかをチェックしてみましょう。

20代の場合

若手ゆえに、求人の幅が広く、あらゆる業種にチャレンジできるのが特徴です。

一方で、ビジネスそのものの経験や能力、特定の技能の習熟度が深くないという弱点もあります。

そのため、年収などの条件はさほど高くなくても、将来性がある企業を見つけることに力を入れることが大事です。

特に、新しい業界にチャレンジしてみたいという時は、待遇だけでなくスキルを伸ばせる環境かどうかを重視したいなど、エージェントに伝えて探してもらうようにしましょう。

30代の場合

実務経験もスキルも円熟に向かっている年代ですので、最も求人案件が豊富にあります。

そのため、より自分のスキルとキャリアを高く評価してくれるところを求めることが大事です。

少し高めの希望を担当者に伝えて、可能ならこのくらいの年収や役職、業務責任が欲しいと明らかにしておきましょう。

その上で、無難なレベルの会社と一緒に、少々無理があるかもしれない、条件がかなり高いところも選んでもらいます。

せっかくですので、できる限りのチャレンジをして、より良い転職を実現できるようにしましょう。

40代以上の場合

40代になると、求人案件の数が減ってきます。

一方で、マネージャー級の高い責任を持つ業務の求人に出会える可能性も高くなります。

量より質ということを重視して、譲れない自分なりの条件を明確にした上で、マッチングをしてもらいましょう。

もし、家族の事情や体力的な問題でより負担の少ない企業を探したいというのであれば、福利厚生や職場環境の充実をメインとして探してほしいという要望を伝えることも大事です。

40代になると転職の理由も様々なので、しっかりと動機を伝えた方が探しやすいのです。

Sponsored Search

より効果的に転職エージェントを利用するためのポイント

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

とてもメリットの大きな転職エージェントですが、それも使い方によります。

どのように利用したら効果が大きくなるかを知り、理想的な職場を見つけられるようにしましょう。

転職活動サポートも積極的に活用する

単に求人情報を提供してもらうだけでなく、積極的にマッチングやスカウト、面接サポート、交渉代行などのサービスを活用してみましょう。

もちろん、何もかも任せっきりというのは良くないですが、信頼してサポートを頼むのは理に適っています。

やはり、エージェントは転職支援のエキスパートですから、自分一人でやるよりもずっとスムーズに転職活動を進められます。

複数の転職エージェントに登録する

それぞれの会社で異なる求人案件を持っています。

そのため、一つだけでなく複数の転職エージェントに登録して、同時並行的に、情報収集と転職活動を進めていくのがおすすめです。

より視野の広い企業探しができて、条件に合った転職先を見つけ出すのに役立ちます。

自分のペースをある程度守る

サービスを利用開始すると、すぐにマッチングされた求人の情報が届きます。

また、専任アドバイザーが直接すすめてくれたり、面接のサポートなどを申し出てくれたりします。

もちろん、こうしたサポートに頼って活動を進めることは大事です。

しかし、時にこうしたケアがプレッシャーになってしまって、急いで結論を下してしまう結果になることもあります。

自分のペースはしっかりと守って、冷静に判断できるようにしましょう。

Sponsored Search

まとめ-転職エージェント活用のメリットとデメリット-

転職エージェント 活用 メリット デメリット 方法 ポイント

自分の今まで築いてきたキャリアやスキルを十分に発揮するためには、より良くそれらを評価してくれる企業に行くのが一番です。

そのために、転職エージェントは全面的なサポートを提供してくれます。

それぞれの会社で異なる求人案件の得意ジャンルやサポートの手法を持っています。

上手にサービスを活用するために、事前に転職エージェントについてよく知り、自分に合ったところに登録することが大事です。

より自分を輝かせることのできる職場を見つけるために、十二分にこうしたサービスを使いこなしましょう。

転職のすすめ-仕事について考える- 転職 エージェント 営業 比較営業に強いおすすめの転職エージェント徹底比較15選 営業転職でキャリアアップする方法・おすすめの業界&職種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA