家計簿アプリ「マネーフォワードME」の使い方完全ガイド!プレミア版と無料版の違いも解説

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

⏳読み終える目安: 13 分

後輩くん
後輩くん

家計簿アプリはいろいろありますが、なかでもマネーフォワードMEというアプリの機能が豊富で人気だと聞きました。

ただ、あまりたくさん機能があっても、面倒くさがりな自分に使いこなせるか不安です。

銀行口座と連携できるとも聞きましたが、ややこしくないのでしょうか。

はちおうじパパ
はちおうじパパ

その不安ももっともだね。

でも、安心していいよ。

最初にいくつかちゃんと設定しておけば、マネーフォワードMEは家計簿アプリが初めての人でもしっかり使いこなせる。

それに、有料のプレミアム版のほかに無料版もあるから、まずは無料版から始めて使っていけそうか確かめてみよう。

では、マネーフォワードMEの連携のやり方や、ぜひ使いこなしたい便利な機能、それにプレミアム版と無料版の違いなども含め、使い方を詳しく見ていこうか。

この記事でわかること

・マネーフォワードMEの金融機関との連携方法

・おすすめの便利な機能とその使い方

・無料版とプレミアム版でできることの違い

・マネーフォワードMEのメリットとデメリット

マネーフォワードMEとは?

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEとは、個人向けの家計簿アプリです。

毎日の収支の管理だけでなく、資産管理にも向いています。銀行口座などを事前に連携しておけば、お金の出入りがあるたびに自動で家計簿に記録されるという優れものです。

2,600種類以上の金融機関やクレジットカード会社、そのほか、ポイントや電子マネーに対応しており、しかも複数と連携させることができるため、きっとお使いのサービスとも連携して便利に資産を管理できるようになるでしょう。

特に、自動で家計簿に記録してくれる機能は重宝します。

たとえば、あらかじめお使いのクレジットカードを登録しておき、そのカードで買い物すると、購入した品物を自動的にカテゴリー別に分類して支出を記録してくれるという機能です(ただし、日用品と食品などカテゴリーの違うものをコンビニなどで買うと、一つにまとめられてしまいます。こういう時は履歴から手入力で対処しましょう)。

登録・ログイン方法

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEを使うには、まずお使いのスマホにインストールして登録を行う必要があります。

iOSとAndroid、両方に対応しているので安心です。

お使いのOSに応じて、App StoreかGoogle Play Storeからダウンロードしてください。

アプリをインストールできたら、起動してアカウントを作成します。

その際、メールアドレスとパスワードの入力を求められるので、それらを入力してから同意をタップです。

なお、ふだんお使いのメールアドレスだけでなく、ヤフーやGoogleのアカウントをお持ちなら、それでマネーフォワードMEのアカウントを作成することもできます。

アカウントを作成したら、簡単なプロフィールの入力と、いくつかお金についての質問があります。

最後にお使いの金融機関とクレジットカードをチェックすると、後で連携する時に便利です。なお、この画面にない連携先も後から追加できます。

アカウントの登録は以上です。

以降、ログインしたい時は上で登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

ログイン状態は3日間保持されるので、毎日お使いなら起動するたびに入力する手間はありません。

ただし、一定期間ログインしないと、メールアドレスとパスワードの入力が求められるので忘れないように気をつけてください。

Sponsored Search

プレミア版と無料版の違い

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEは無料でも基本的な機能が使えるため、単に家計簿を付けるだけなら無料版のままでもかまいません。

ただ、有料のプレミアム版(iOS版480円、Android版500円(月額、税込))にアップグレードすると、使える機能が大幅に広がります。無料版との違いを確認しておきましょう。

まず、プレミアム版で便利な機能が、「一括更新」の機能です。

クレジットカードを複数持っていると重宝します。

お持ちのクレジットカードをすべて連携させれば、一括で更新されるため、1枚ごとの利用残高も簡単に把握できるようになります。

1か月ごとに収支や資産合計のまとめが見られる「マンスリーレポート」も便利です。

「先月の収支の合計はどのぐらいだったかな?」や「今、全財産はどのぐらいあるんだろう?」などの気になることが、毎月自動で集計されるため簡単にチェック可能です。

マンスリーレポートは作成のタイミングで毎月ホーム画面に通知してくれるので、収支の振り返りを忘れる心配もありません。

家計の可視化に役立ててください。

預金や株など資産別に月ごとの変動を確認できるのが、「資産内訳・推移グラフ」の機能です。

「現金は今合計でいくらあったっけ?」や「資産のうち投資に回しているのはどのぐらいだろう?」といったことが一目で把握できます。

資産と同じく負債の変動もプレミアム版なら簡単にチェックできます。

「負債内訳・推移グラフ」という機能があり、その負債もクレジットカードの残高や住宅ローンなど、項目ごとに分けて表示されるので確認が容易です。

ローンを繰り上げ返済した時には、負債が一気に減ったことがグラフでわかるので、これからもしっかり返済しようというモチベーションの向上にも役立つでしょう。

マネーフォワードMEはポイントカードも連携できます。

連携しているポイントカードの残高や有効期限の管理もプレミアム版では可能です。

有効期限の通知機能があるので、うっかり使い忘れたということを防げます。

プレミアム版には、口座の引き落とし残高が不足した時の通知サービスもあります。家賃や光熱費などクレジットカード決済にしている支出はどこの家庭でもあるでしょう。

もし口座の残高がうっかり不足してしまうと、必要な支払いができなくなってしまいます。

そんなことを防いでくれる機能です。

クレジットカードの残高もプレミアム版なら簡単にチェックできるので、それと併せて活用することでお金の管理がしやすくなるでしょう。

不要な支出を防ぐのにも便利です。

プレミアム版に登録すると、1年以上前の家計簿も確認できるようになります。

前の年と家計がどのように変化したかが一目でわかって便利です。

たとえば光熱費など、季節によって大きな違いがある支出の場合、この機能を使うことで前年がどうだったかがすぐに確認できるので、暖房費が高くなる冬に備えて具体的にいくら節約しようなどと目安がつけやすくなります。

また、資産の内訳も前年と比べてどうかが確認できるようになります。

しかも、預金、投資、年金など種類別の確認が可能です。

口座を目的別に管理できるグループ機能がプレミアム版では利用できます。

複数のグループを作成できるため、たとえば日常使いの口座と引き落とし用の口座というふうに分けて管理したい口座がある時に便利です。

また、投資で、ポイントで、ローンで、というふうに資産やサービスごとのグループも作れます。

PC版のみですが、入出金の履歴がCSVファイルでダウンロードできる機能もプレミアム版にはあります。

PCで家計を管理されている方には便利な機能でしょう。

金融機関の登録・連携方法

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

ここからは、マネーフォワードMEに金融機関を登録したり連携したりするための具体的な方法を確認します。

連携までの流れ

アプリから「口座」の画面を開き、追加ボタンを押します。

追加ボタンは、iOSなら画面右上に、Androidなら右下に表示されるアイコンです。

追加ボタンを押すと、銀行や証券、投信、カードなどとカテゴリーが表示されるので、そのなかからお使いの登録したい金融サービスを選びます。

その先の画面でお使いのサービスのアカウントのIDとパスワードを入力後、「連携する」をタップです。すると、数分程度で連携完了となります。

なお、連携できるのはネットバンキングなどウェブ上のサービスについてだけです。

銀行口座を持っているだけでは不十分ですので、マネーフォワードMEと連携したいなら、あらかじめお使いの銀行にネットバンキングの利用を申し込んでおきましょう。

銀行によってはネットバンキングが利用できるようになるまでに2週間ぐらいかかることもありますので、時間に余裕を見ておいてください。

連携可能な金融機関・サービス

マネーフォワードMEで連携できる金融機関やサービスは非常にたくさんあります。

2020年10月時点で2,639種類です。

銀行、クレジットカード、証券会社のほか、Tポイントやマイレージなどのポイントサービス、楽天Edyやnanacoなどの電子マネー、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなどの通販などとも連携できます。

連携できるサービスには変更があることもあるので、詳しくは必ずマネーフォワードMEの公式サイトで確認してください。

Sponsored Search

支出の入力方法(手入力・レシート)

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEに対応している金融機関やクレジットカードを利用する場合は、自動で支出を記録してくれますが、そうでない場合は手入力が必要です。

その際の入力方法をiOSとAndroidごとに確認しておきましょう。

iOSの場合、ホーム画面の下の「入力」をタップします。

その先の画面で支出の内容と金額を入力し、「保存」をタップするだけで完了です。

また、手入力だけでなく、支出の際にもらったレシートを読み込むことで入力することもできます。

手入力の画面の右上にカメラのマークがあるので、そこをタップしてください。カメラ画面になるので、そこでレシートをスキャンしましょう。

品目一覧までチェックできるので修正する時にも便利です。

Androidの場合もiOSと大きな違いはありません。画面右下の「+」をタップするとアイコンが出てくるので、目的に合わせて選びます。

手入力とレシートの読み込みについては、先ほどiOSで見たのと大きな違いはありません。

Androidだけの機能として「ICカードリーダー」のアイコンがあります。

「ICカードリーダー by マネーフォワード」というアプリとNFC(近距離無線通信)の機能を搭載したスマホが必要ですが、カードをスマホに近づけるだけでお使いのICカードの残高を読み取ってくれるという優れものです。

家計簿の確認方法

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

家計簿のデータはいつでも簡単に詳細まで確認できます。

画面下の左から2番めに「家計簿」とあるので、そこをタップしてみましょう。

支出がカテゴリー別に色分けされた月ごとのグラフが表示されます。

毎月の支出の推移や12か月の平均支出額などが確認できるので、「今月は使いすぎたな」などといったことが一目瞭然です。

Sponsored Search

マネーフォワードの便利機能

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEには他にもたくさんの便利機能があります。

徹底的に使いこなすならぜひ覚えておきましょう。

手持ちの現金を管理できる「財布機能」

今、財布の中に具体的に何円入っているのかが、この「財布機能」を使えば簡単にわかります。

使い方は簡単です。

まず、先ほどの金融機関やサービスを連携するところで表示した画面に行きます。

その画面の上に「財布作成」という表示があるので、そこをタップしてください。

すると、「財布(現金管理)登録」という画面に移ります。

財布の名前を決め、「お手元の金額」というところに現時点の財布の中の金額を入力してから登録ボタンを押しましょう。

すると、財布とここで選んだ口座が連動するので、ATMからお金を引き出すたびに自動的に財布の残高が増えるようになります。

予算を立てるのに重宝する「予算管理」

貯蓄計画に活用できるのが「予算管理」の機能です。

iOSは「その他」から、Androidはスワイプしてメニューから「予算管理」というところを選んでください。

すると、収入とプロフィールの入力画面になります。

手取りの月収や家族構成、住居形態などを入力し、「あなたと似たユーザーの予算」というところをタップすると、目安となる食費や税金等の金額を算出してくれるという機能です。

その目安に合わせて、毎月必ず発生する固定費と、毎月変動する生活費の予算を決めます。

予算と支出のグラフが表示されるので、あとはお金を使うたびに、それを見ながら今月はあとどのぐらい使えるかをチェックしましょう。

他の人と比べて使いすぎかが分かる「家計診断」

他の人と比べて使いすぎていないかどうかがわかるのが「家計診断」という機能です。

あなたと理想の家計の支出合計が表示されるので、あなたが理想の家計より節約できているか使いすぎかを診断してくれます。

理想の家計より支出が少ないと、「この調子で、問題ありません」などと一言アドバイスがもらえるので節約に励みになるでしょう。

なお、無料版にもこの機能はありますが、プレミアム版では支出をカテゴリー別に比較できるようになるので、より細かく診断してもらいたい方におすすめです。

お金の移動を管理できる「振替機能」

お金をATMから下ろした時や、自分の口座間でお金を移動させた時など、収入でも支出でもないけれどお金の移動があることはあります。

ただ、お金をATMから引き出すと、アプリではそれも支出として記録してしまうため、自分の資産内でのやり取りの場合は修正が必要です。

そんな時に役立つ機能がこの「振替機能」で、支出を二重に計上してしまうのを防げます。

ホーム画面から「入出金」を開き、振込履歴のなかから変更したい項目を選びます。

たとえばATMから引き出した支出を振替にしたい時は、それを選び振替先に財布を選んで保存をタップするだけで作業は完了です。

もしくは、振替のタブから金額を手入力するのでも同じことができます。

家族間で共有して使える「グループ機能」

「親と子どもで別々に管理したい」、「生活費と資産を別にしたい」などという時に重宝するのが「グループ機能」です。

iOSの場合、「その他」から「グループ選択なし」を、Androidの場合、右スワイプからメニュー内の「グループ選択なし」を選びます。

すると、グループ作成画面になるので、グループ名を入力、集計期間を設定、あとはグループに含める口座を選ぶだけで完了です。

なお、先ほども述べたように、複数のグループを作れるのはプレミアム版に限ります。

無料版では1グループしか作れないことに注意してください。

セキュリティを強固にする「指紋認証」

マネーフォワードMEには4桁のパスワードによる認証があるため、このままでもセキュリティは固いのですが、より強固なセキュリティを希望する方におすすめなのがTouch ID認証です。

自分の指紋でなければアプリを開けないので、絶対人には見られたくないとういう方は活用してみてください。

PC版とスマホ版との違い

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

スマホで手軽に家計管理ができるマネーフォワードMEですが、作業によってはPC版の方が使いやすい場合もあります。

では、PC版はスマホ版とどんなところが違うかというと、支出や収入、総資産などが一画面で確認できることです。

スマホ版では画面の大きさの制約上、詳細を確認するには項目ごとに表示するしかありませんでした。

PC版は画面の広さを生かして、すべての詳細を一画面に映し出します。PC版の方が、一目見ただけで簡単に家計の推移が把握できるでしょう。

また、PC版ではデータの修正がエクセルのように簡単にできます。

それに、CSVファイルでデータの出入力ができるため、別の家計簿ソフトのデータを取り込むことも可能です。

あと、PC版だけの機能にバランスシートがあります。

資産と負債がそれぞれどれだけあるのか一目でわかるため、これを機にバランスシートの基本的な見方を覚えてみてはいかがでしょうか。

PC版とスマホ版の違いはだいたい以上です。

多少レイアウトに違いはありますが、機能面ではそれほど大きな違いはないので使い方で戸惑うようなことはありません。

ふだんはスマホ版で入力し、一目で全体を見渡したい時や細かい修正が必要な時はパソコン版を使うというふうに使い分けてみるとよいでしょう。

無料版でも金融機関との連携を増やせる方法がある!?

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

プレミアム版と違って、無料版では連携できる金融機関の数に限りがあります。

プレミアム版では無制限に連携できますが、10件が無料版で連携できる上限です。

ところが、ある裏技を使うことで、無料版でも10件以上の金融機関を連携させることができます。

裏技といっても、実は公式サイトで紹介されている表技なのですが、「金融機関・特定サービス向けマネーフォワード」を利用することで、金融機関やサービスごとにマネーフォワードMEとは別個のアカウントを作れるようになるのです。

たとえば、「マネーフォワード for 住信SBIネット銀行」、「マネーフォワード for 静岡銀行」、「マネーフォワード for 東邦銀行」などがあります。

機能面はマネーフォワードMEと同じなのですが、このように特定の金融機関に特化したサービスとなっているため、たとえばその銀行からのお得なお知らせメールが届くようになるなどの違いがあります。

ただ、マネーフォワードMEとはアカウントが別ですので、無料版のマネーフォワードMEを使っていても、それとは別にサービスごとに10件ずつ連携できるようになるわけです。

お使いの金融機関やサービスが対応しているならぜひ利用してみましょう。

詳しくは公式サイトに記載されているので確認してください。

ただし、マネーフォワードMEとは別のアカウントですから、マネーフォワードMEのデータを移行するなどといったことはできません。

まとめ:マネーフォワードのメリット・デメリットを整理

家計簿アプリ マネーフォワードME 使い方 完全ガイド プレミア版 無料版 違い 解説

マネーフォワードMEが自動で家計簿を付けられる便利なアプリだということがおわかりいただけたでしょう。

最後にマネーフォワードMEのメリットとデメリットを整理しておきます。

マネーフォワードMEの最大のメリットは、すべての資産を一元的に管理できることでしょう。

銀行口座やクレジットカードを複数所持していても、すべてこのアプリで管理できるので、自分の資産が今どのような状況にあるかを一目で把握できます。

いちいち登録するのが面倒に感じられるかもしれないのがデメリットといえばデメリットですが、面倒なのは最初だけです。

一度登録すれば、後は放置していても自動で管理してくれます。

収入や支出の詳細もワンクリックで確認できるので、大局的に見れば通帳ごとに管理していた時よりも時間の節約になるでしょう。

マネーフォワードMEで支出を管理するようになると、必要な消費なのか、節約できる無駄遣いなのかが把握できるようになります。

お金を貯めるには、浪費を減らしてそれをなるべく投資に回すことが大切ですが、マネーフォワードMEを使えば自分では気づかなかった思わぬ浪費に気づけるので、節約への効果が高いです。

これもマネーフォワードMEを利用する大きなメリットでしょう。

マネーフォワードMEを利用するもう一つのメリットが、お金に対する余計な不安をなくせることです。

多くの人はお金に不安を抱いていますが、それは自分が何にどのぐらい使っているかがよくわかっていないからです。

それがわからなければ、よほど収入がある人でもない限り、「このままで将来は大丈夫だろうか?」と不安になるのも不思議ではありません。

マネーフォワードMEを活用して自分の支出と収入を正確に把握できるようになれば、先ほども述べたように、浪費を減らし投資に回す金額が増やせるようになるでしょう。

無駄を減らして確実に貯めていることが実感できるようになれば、将来のお金に対する不安もなくなるはずです。

このようにメリットばかりのマネーフォワードMEですが、あえて挙げるならデメリットもあります。

マネーフォワードMEは、最初に口座やカードを連携しておけば、キャッシュレスで支払っている限り、自分では何もしなくても自動で正確にお金の出入りを記録してくれるわけです。

そのため、ときどき意識して振り返るようにしておかないと、家計簿をまったく見なくなってしまう恐れもあります。

そうなっては家計管理になりませんので、定期的にお金の出入りを振り返るよう注意したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA